メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい ハウマッチ メール相談ボタン LINE面談PC LINE相談スマホ 土日祝も受付 メール相談スマホ 電話発信ボタン

トラックの運転手で収入が良い時に買った家のローンがもうしんどい

タグ /

収入が良かった時期に購入した家の住宅ローンの返済がしんどいという方はけっこう多いのではないでしょうか?

しんどいなりにも住宅ローンが払えていればいいのですが住宅ローンが払えなくなると大変です。

今回は大型トラックの運転手さんで収入が良かった時分に購入した家の住宅ローンが収入ダウンとともに払えなくなってしまったご相談者様のお話です。

監修・このブログを書いた人
細貝相談員
細貝相談員
細貝 和弘(ほそがい かずひろ)
宅地建物取引士
公認不動産コンサルティングマスター
2級フィナンシャルプランニング技能士
賃貸不動産経営管理士
相続診断士

大手不動産仲介会社の法人営業部の責任者として任意売却部門を立ち上げ、銀行や信用保証会社、債権回収会社および破産管財人弁護士のサポート、そして住宅ローンの返済に困窮した方々の300件以上のコンサルティングを行ってきた任意売却の専門家。

≫ 相談員の詳細を見る


収入が良い時に家を買ったのは良かったが

ご相談者様は大型トラックや大型トレーラーの運転手をずっとされていて、収入が良い時は月収で50万円以上はあったとのことでした。多い時は月収で80万円以上ももらえたこともあったそうです。そしてちょうどその時期に結婚されて家を購入したとのことでした。
収入が多かった時に家を見にいったので奮発してまずは土地を購入してからハウスメーカーで家を建てたのでした。総額で5000万円、毎月のローンは17万円でした。

そしてその後お子様が生まれて生活費はどんどん上がっていきましたが収入が最低でも月50万円はあったので、家のローンを払ってもそれなりにいい生活ができていたそうです。

しかしそのままの収入が続けばよかったのですがそうもいかず勤めていた運送会社が不況で倒産してしまったのでした。そして別の運送会社に大型トラックのドライバーとして転職したのですが収入は月収30万円、手取りで22万円くらいに減ってしまったそうです。

転職がきっかけで支払いは一気に苦しく…

するととたんに毎月の住宅ローンの17万円の支払いが一気に苦しくなってしまいました。
手取り22万円のうち17万円が住宅ローンの返済にまわりますので苦しくて当然です。
収入が多かったときにもそれなりの生活をしていたために貯金はほとんどなかったそうです。
しかも住宅ローンの支払いが苦しくなるのがわかっていながら生活のレベルは簡単には落とせなかったそうです。足らない分は消費者金融やカードローンで借り入れをして帳尻を合わしていたのです。

残業をしたり休日に仕事を入れたりして収入があった月には消費者金融などの借金を返していたそうです。しかし残業や休日出勤があまりできなかった月はまた借りるしかないため借りたり返したりを繰り返しながらも借金の額は雪だるま式に増えていってしまいました。

ついにどこからも借り入れは出来なくなり…

そしてとうとう決定的な事件が起こります。
消費者金融やカードローンの借金の総額が600万円に達してしまい、どこからも新たな借り入れができなくなってしまったのです。
ATMでどこの消費者金融のカードを入れても無情にもカードが出てきてしまうのでした。
借金で住宅ローンの埋め合わせをしていた人が行き詰まるのはほぼ100%この形です。

それで毎月17万円の住宅ローンは払えなくなりました。収入は減ることはなかったものの増えることもなく手取り22万円のままでしたので毎月17万円の住宅ローンなど払えるはずもありませんでした。

それで観念して当社にご相談されたといういきさつです。
消費者金融やカードローンで埋め合わせをしている期間もそれらのお金はすべて返済にまわるために生活はジリ貧で奥さんからも離婚を言い渡されてしまい、奥様は子供を連れて実家に帰ってしまったそうです。

できるはずのない毎月17万円の住宅ローンの返済を自分1人しか住まない家のためにこれ以上頑張る必要があるのかと思い始め任意売却にたどりついたとのことでした。

お話しをお聞きしてまったく貯金はないとのことだったので、任意売却の手続き中や売却活動中もできるだけ長くその家に住んで頂くことを私からはご提案しました。
最初は今すぐにこんな家からは引っ越すと言っていたのですが賃貸に引っ越すとそこからまた家賃がかかるためできるだけただで住んでおけるうちはこの家にとどまってもらうようにしたのです。
収入は手取り22万円あるので17万円の住宅ローンの返済をしなくてよくなればだいぶ楽になるとふんだからです。
今までカツカツの切り詰めた生活を頑張ってこられていましたので、少しだけ贅沢はしてもらって住宅ローンの返済分の半分くらいは毎月残すように努力してくださいとお伝えしました。

 

任意売却を行ったことで

 

その結果任意売却で買主が見つかって家を売却するまでに100万円弱を残すことができたのです。そしてそのお金で賃貸アパートを借りて引越しをして任意売却の決済引渡しが終わった後に自己破産の手続きをされたのでした。
自己破産することで任意売却後に残った住宅ローンの残債と600万円以上に膨らんでいた消費者金融やカードローンの全ての返済から解放されたのでした。

家を買った時よりも収入が減って住宅ローンの返済が大変だという方はぜひ経験豊富な当社にご相談ください。
私たちはご相談者様にとって一番良い形での問題解決方法をご相談者様と一緒に一生懸命に考えます。

 

無料相談をご利用下さい

 

フリーダイヤルPC用
メールPC用
案内スマホ用
お問い合わせスマホ用

 

 


フッタデンワバナー

ハウマッチポップアップバナーPC