メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

任意売却とリースバックで返済困難で売却しても自宅に住み続けられる

住宅ローンの返済が厳しくなり、自宅の売却を考えなくてはならない状況になった。

でも、住み慣れた我が家を手放したくない、子供も卒業までは今の学区で通わせたい…

今の家に住み続ける方法を探す親子

でも、いざ売却しようと思ってもオーバーローン状態でどうしたら良いかわからない…出来ればこんな状態で売却も出来て、そのまま住み続けられる方法はないのか?という想いをお持ちの方も多いでしょう。そんな都合のいい方法はないかとお思いの方、実はそんな方法があるのです。

それが
リースバック(セール&リースバック)
という方法なのです。

ただし、そんな夢のような方法には条件があります。

住宅ローンの返済が厳しくてもリースバックで住み続けるには?また、どんな方がこのリースバックに向いているのか?などを詳しくお話してまいりましょう。

任意売却とリースバックを組み合わせる

通常のリースバックでは、通常売却+リースバックとなり、住宅ローンの残債がある状態で、且つ売却価格が残債をした回る(オーバーローン状態)での売却は出来ません。

不動産のリースバック任意売却と併せて行うことで、オーバーローン状態での売却が可能となり、そのまま今の家に住み続けることができるのです。

リースバックは、所有していた自宅を売却した後、購入した新所有者である第三者より当該物件(自宅)に対して賃料(家賃)を支払い、大体3年間くらいの一定の期間を設けて借り受ける契約をする事で、今の自宅を賃貸住宅として住み続けていただきます。リースバック物件を買う買主様はどういう方かというと「大家業を営んでいる方・不動産投資家・不動産会社様」がほとんどです。買主は所有者が買い戻しが出来ると考えた一定期間の賃料(家賃)を得ることが目的なので、賃料(家賃)はご近所の家賃相場、買い戻し費用、売買価格を参考に話し合って客観的に決定します。

 

わかりやすく詳しくご説明させていただきますので、無料相談窓口からお気軽にご相談ください。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

 

リースバックの条件

リースバックするのに向いている方

リースバックは、先述のように今までお住まいの自宅を任意売却で所有者を変更し、購入してくれた人に賃貸のように家賃を払って住み続ける方法です。ですので、賃貸契約と同じように継続して家賃を支払って行かなければなりません。

そもそも住宅ローンの返済が厳しくなった状況でのリースバックの場合、設定される賃料が支払い続けられるのか?住宅ローンの返済時よりも楽なものなのか?がポイントになります。

無理をして払っていかなければならない賃料設定になるようですと、本末転倒です。リースバックという方法は向いていないと言えるでしょう。

任意売却を行う同意が必要

任意売却を行うことになりますので、債権者による抵当権の抹消の同意が得られるかが大きなポイントです。また、共有名義人など不動産の名義人の同意も必要になってきます。

リースバックの期間はどれくらい?

リースバックを行う時に投資家などと賃貸契約を結ぶのですが、その時に予め期間が決められます。
通常は3年程度の契約となり、その後契約が満了すると立ち退くか、契約を更新するかとなります。

リースバックは、賃貸で住み続ける間に資金を用意し、自宅を買い戻すことも出来ます。その場合は、予め投資家などと年数を決めて契約を交わすこととなります。

リースバックの家賃はいくら?

リースバックでの家賃設定は、だいたい売却価格の6~13%が年間の賃料として設定されます。

例えば、

1,500万円での売却が決まった場合、仮に6%と考えると1500×6%を12ヶ月で割り、7万5千円の設定になります。ここで、この家賃設定で支払が続けられるかが重要なポイントとなります。

※賃料設定は物件の地域(都市部なのか)などで変わります。

リースバックの家賃設定

家賃が払えなくなったらどうなる

もし、家賃が継続して払えなくなった場合は、自宅から退去していただくこととなります。それに合わせて当然ながら買い戻すことも出来なくなることになります。

ですので、リースバックを行う際は、今の住宅ローンの返済の厳しさを考え、その賃料で支払を続けていくことができるのか?をしっかりと考える必要があります。

 

リースバックのメリット・デメリット

自宅を売却することとなっても、そのまま愛着ある我が家にそのまま住み続けることが叶う「リースバック」ですが、住み続けられるというメリットと同じように、デメリットももちろん存在します。
任意売却とリースバックをご検討される場合、主なメリット、デメリットをしっかりと確認して、納得した上で進めることが大切です。

リースバックのメリット

  • ●今の家から引っ越す必要がありません。
  • ●物件管理の手間や費用が不要です。
  • ●将来には買い戻せる可能性がある

 

リースバックのデメリット

  • ●家賃(賃料)の支払いが必要になる。
  • ●期限が決められる。
  • ●買い戻せない場合は手放す。

 

メリット、デメリットについての詳細はこちら

住み続けるリースバック 3つのメリット・デメリット

 

任意売却相談の解決事例

当センターでの解決事例です。色々なケースを任意売却とリースバックで解決致しました。皆様それぞれに住み続けたい切実な理由がありました。

※平成15年の設立から17年で解決してきた事例の代表的なものをご紹介しています。(プライバシー保護の為、相談者のお名前、地域は変更させていただいています。)

リースバック事例吉川様 自身も奥様も病気で転居困難な状況をリースバックで解決
大阪府堺市 吉川様(仮名)65歳
残債:1,500万円 
売却価格:1,000万円
賃料:5万円

大阪府吉川様の事例詳細を見る

リースバック事例岡田様 多重債務で滞納、諦めかけたがリースバックで住み続ける希望叶う…
千葉県八街市 岡田様(仮名)48歳
残債:2,600万円 
売却価格:1,900万円
賃料:9万円

千葉県岡田様の事例詳細を見る

この他にも事例があります。あなたの現状と比較してみましょう。

リースバック|任意売却相談成功事例

 

リースバックに関連するコンテンツ

その他、リースバックをお考えいただく際に参考になる弊社コンテンツをご紹介致します。
こちらも参考にして頂くと、よりリースバックが理解できると思います。

任意売却で行う親子間売買(親族間売買)とリースバック

寝たきりの親を看取りたいという希望!任意売却でリースバック成功例

アテにしていたリースバックをどこからも断られたのはなぜ?!

リースバックで住み続けても家賃が払えなくなっては元も子もない

旦那が脳梗塞で倒れた!奥さんが頑張ってリースバックできた!

差押えがついていてリースバックを断られて諦めていませんか?

 

任意売却とリースバックなら全国住宅ローン返済相談センターへ

リースバックを取り扱う業者は大手企業を含め数多くありますが、住宅ローンが払えなくなった、なりそうな状況で住み続けるには、リースバックを任意売却とともに行う必要があります。それは、経験と知識、債権者との関係、その他専門家とのネットワークなどが必要な難度の高い方法となります。

私たち全国住宅ローン返済相談センターを運営するエイミックスは、「任意売却」に特化した活動を続け17年の実績がある任意売却専門業者。多くのお客様からご相談をいただき、解決してきた任意売却の専門相談員があなたの問題に個別にご対応させていただきます。

今、住宅ローンの問題を抱えていらっしゃる方々、ぜひお気軽に私たちにご相談ください。

ご相談は無料ですし、全国に相談室も設けております。もちろんご自宅へも喜んでまいります。

ぜひご相談をお待ちしております。今すぐ対応致します。

全国住宅ローン返済相談センターと任意売却相談員について更に詳しくはこちら

運営会社案内

任意売却相談員・専門家紹介

任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
ふりがな
メールアドレス
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
都道府県
物件種別
ご相談内容をご記入下さい。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

代表書籍

関連コンテンツ一覧