メニューボタン 任意売却専門のエイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

住宅債権管理回収機構から通知が届いたら

債権回収

住宅金融支援機構のフラット35などの住宅ローンの返済が厳しくなって滞納を続け、6ヶ月をむかえると「住宅債権管理回収機構」などから通知が届くようになります。

これは、窓口が今までの住宅金融支援機構ではなく、通知に書かれた住宅金融支援機構が業務を委託した債権回収会社(サービサー)になったということになります。債権回収という響きから非常に怖い印象を受けられる方が多いようですが、この債権回収会社(サービサー)は、法務省から特別に認可された債権回収代行業者で、とても厳しい認可条件をクリアした企業になりますので、いわゆるドラマに出てくる取り立て屋のような「扉を大声で呼びながら叩く」「時間に関係なく取り立てに来る」などど言うことはなく、法を遵守した業務を行う機関ですので、ご安心ください。

但し、この時点で期限の利益の喪失を迎えていますので、今までのような分割での返済は出来ず、一括での返済しか道はなく、もし出来ない場合は、「競売にかけます」という通知が来たという事実は深刻なものとなります。

【債権回収会社への委託時はこのような書類が届きます。】

住宅金融支援機構の業務委託書類 住宅債権管理回収機構への委託書類

業務委託先によって若干書式が変わりますが内容は同じです。

競売にかけられる前に

任意売却パンフレット

この段階(債権回収会社に業務委託されるタイミング)でお手元に「任意売却パンフレット」というものが届いているかと思います。

この段階で出来るだけ早く「任意売却」をご検討ください。私たちのような任意売却専門の不動産会社にご相談いただければ、このタイミングからでも迅速に競売を回避すべく、任意売却の実施に向け動きます。

住宅ローンの滞納を続け、段階的にこの状況に至った方は、もうそのままではいけませんし、先延ばし出来ない段階とお考えください。この時点で債務者に何かしら返済に向けた動きが見られない場合、債権者側は、あなた(債務者)に「返済する気がない」「やる気がない」という判断をされてしまい、強制的に「競売」を執行されることになってしまうのです。

この競売は、あなたの意志と関係なく強制的に進められます。そして、最終的には住み慣れた自宅から立ち退きを迫られることになります。それに加え、競売での売却価格は自身で設定することの出来ず、安価に取引されることが多く、売却後に残る残債についても、その後の生活を大きく苦しくするでしょう。ぜひ、その前に競売と比較してメリットの多い、「任意売却」を行い、少しでも売却後の生活を楽なものにすることをお考えください。

私たちエイミックスにご相談をいただきましたら、そこから何をどうすべきかをわかりやすく解説し、対応させていただきます。

あなたに残された時間には限りがあります。競売になってしまう前に、避けることが叶う期間に、少しでも早くご相談していただけるようお待ちしております。

ご相談は無料です。無料相談窓口からお気軽にご連絡ください。

相談員細貝
相談員 細貝 和弘(ほそがい)
公認不動産コンサルティングマスター
私たちエイミックスは、任意売却に特化して17年。事例も豊富ですので、任意売却は安心してお任せ下さい。
電話相談スマホ用 メール相談PC用 メール相談スマホ用 ハウマッチスマホ用

住宅ローン返済相談のQ&A(よくある質問)

Q .高齢で年金生活なのですが任意売却を断られることは無いのでしょうか…

A.高齢だからという理由で任意売却が成立しないということは全くありません。ご安心いただければと思います。年金で生活をされている状況でも、その経済状況を踏まえ、任意売却後の生活も考えた「任意売却後の新しい生活」に望めるご提案をさせていただきます。

Q .ご相談は何曜日の何時まで出来るのですか?

A.ご相談は基本的に年中無休で対応しております。

お電話で相談員がマンツーマンでお話を伺うのは朝9時から夜23時まで受け付けています。土日も祝日も休まず受け付けていますので、お時間に余裕のある時にいつでもお電話いただければと思います。また、お忙しい方にはメールでのご相談も受け付けております。24時間受け付けていますので、お仕事の帰りが23時を過ぎるという方でも、メールをお送りいただければ、翌営業時間にご連絡をさせていただきます。

Q .今すぐ対応していただけるのでしょうか?

A.無料相談窓口にお電話ください。相談室に起こし頂くのが難しい場合でも、お住まい地域にすぐ駆けつけられる相談員の空き状況を確認し、最短いつ対応が可能かをお答えさせていただきます。お客様の状況によっては時間との勝負になるケースも多くありますので、わたしたちはすぐ対応が出来るよう体制を整えてご相談をお待ち致しております。

関連コンテンツ

その他役立つ任意売却に関するQ&Aです。

任意売却Q&A よくある質問

任意売却カテゴリーのページ一覧

緑矢印任意売却とは
緑矢印任意売却の流れ
緑矢印任意売却の費用
緑矢印任意売却後、住宅ローンの残債務はどうなるの?
緑矢印任意売却のメリット
緑矢印任意売却のデメリット
緑矢印執行官が来るのですがどうしたら良いでしょう?
緑矢印フラット35で滞納したら
緑矢印任意売却パンフレットが届いたら
緑矢印住宅債権管理回収機構から通知が届いたら
緑矢印エム・ユー・フロンティア債権回収から通知が届いたら
緑矢印日立キャピタル債権回収から通知が届いたら
緑矢印投資物件の滞納も任意売却で解決
緑矢印住宅ローンの残った家を売りたい。任意売却なら売却できる
緑矢印固定資産税など税金滞納で公売されても任意売却
緑矢印任意売却で行う親子間売買とリースバック
緑矢印自己破産後、何年後かに住宅ローンはまた組めるの?
緑矢印住宅金融支援機構の任意売却で売主が費用を負担しなくてよい仕組み
緑矢印サービサー(債権回収会社)とはいったい何者なのか?
緑矢印残った債権をサービサーが買い取るってどういうこと?
緑矢印なぜ大手でなかなか売れなかったのにすぐ売れたのか?
緑矢印任意売却をしたらペットと暮らせなくなるのか?
緑矢印住宅ローンの延滞を続けるとどうなる?
緑矢印住宅ローンの返済が困難で自己破産をお考えの方へ
新型コロナウイルス感染拡大の影響で任意売却のご相談が急増しています。
任意売却専門業者とは?なぜ一般の不動産業者でなく専門会社がいいのか

このページのトップへ戻る