全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

住宅債権管理回収機構から通知が届いたら

債権回収

住宅金融支援機構のフラット35などの住宅ローンの返済が厳しくなって滞納を続け、6ヶ月をむかえると「住宅債権管理回収機構」などから通知が届くようになります。

これは、窓口が今までの住宅金融支援機構ではなく、通知に書かれた住宅金融支援機構が業務を委託した債権回収会社(サービサー)になったということになります。債権回収という響きから非常に怖い印象を受けられる方が多いようですが、この債権回収会社(サービサー)は、法務省から特別に認可された債権回収代行業者で、とても厳しい認可条件をクリアした企業になりますので、いわゆるドラマに出てくる取り立て屋のような「扉を大声で呼びながら叩く」「時間に関係なく取り立てに来る」などど言うことはなく、法を遵守した業務を行う機関ですので、ご安心ください。

但し、この時点で期限の利益の喪失を迎えていますので、今までのような分割での返済は出来ず、一括での返済しか道はなく、もし出来ない場合は、「競売にかけます」という通知が来たという事実は深刻なものとなります。

【債権回収会社への委託時はこのような書類が届きます。】

住宅金融支援機構の業務委託書類 住宅債権管理回収機構への委託書類

業務委託先によって若干書式が変わりますが内容は同じです。

競売にかけられる前に

任意売却パンフレット

この段階(債権回収会社に業務委託されるタイミング)でお手元に「任意売却パンフレット」というものが届いているかと思います。

この段階で出来るだけ早く「任意売却」をご検討ください。私たちのような任意売却専門の不動産会社にご相談いただければ、このタイミングからでも迅速に競売を回避すべく、任意売却の実施に向け動きます。

住宅ローンの滞納を続け、段階的にこの状況に至った方は、もうそのままではいけませんし、先延ばし出来ない段階とお考えください。この時点であなたに何かしら返済に向けた動きが見られない場合、債権者側は、あなた(債務者)に「返済する気がない」「やる気がない」という判断をされてしまい、強制的に「競売」を執行されることになってしまうのです。

この競売は、あなたの意志と関係なく強制的に進められます。そして、最終的には住み慣れた自宅から立ち退きを迫られることになります。それに加え、競売での売却価格は自身で設定することの出来ず、安価に取引されることが多く、売却後に残る残債についても、その後の生活を大きく苦しくするでしょう。ぜひ、その前に競売と比較してメリットの多い、「任意売却」を行い、少しでも売却後の生活を楽なものにすることをお考えください。

私たちエイミックスにご相談をいただきましたら、そこから何をどうすべきかをわかりやすく解説し、対応させていただきます。

あなたに残された時間には限りがあります。競売になってしまう前に、避けることが叶う期間に、少しでも早くご相談していただけるようお待ちしております。

ご相談は無料です。無料相談窓口からお気軽にご連絡ください。

 
   
相談スタッフ
 
私たちエイミックスは、任意売却に特化して15年。事例も豊富ですので、任意売却は安心してお任せ下さい。
 
 
電話相談スマホ用 メール相談PC用 メール相談スマホ用 ハウマッチスマホ用

任意売却カテゴリーのページ一覧

このページのトップへ戻る