全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

日立キャピタル債権回収から通知が届いたら

債権回収

フラット35などの住宅金融支援機構の住宅ローンの支払いを滞納し続け、6ヶ月目になると「日立キャピタル債権回収」のようなところから通知が郵送されてきます。

これは、窓口が住宅金融支援機構から変更され、通知に記載の住宅金融支援機構が業務から委託を受けた債権回収会社(サービサー)に引き継がれたということになります。”債権回収”という名前はインパクトが大で、なにやら怪しく感じられる方も多いと思いますが、この債権回収会社(サービサー)は、法務省が特別に認可した債権回収を代行する会社で、ハードルの高い認可条件をパスした会社ですので、古いドラマに出てくるような「大声で呼びながら扉を叩く」「昼夜関係なく取り立てに来る」などというような取り立て屋のイメージが湧きますが、れっきとした法に則った業務を行う正規機関ですので、どうかご安心ください。

とはいっても、この時点で期限の利益の喪失した状態ですので、今まで通りの分割での返済は続けることは出来ず、もう一括返済しか方法はありません。もし一括返済が出来ないという場合は、「競売にかけますよ」ということですので、これはとても厳しい、深刻な状況といえるでしょう。

【債権回収会社への委託時に届く書類はこんなものです。】

住宅金融支援機構の業務委託書類 エム・ユー・フロンティア債権回収への委託書類

※業務委託先によって若干書式が変わりますが内容は同じです。

競売にかけられる前に

任意売却パンフレット

この債権回収会社に業務委託される段階で、「任意売却パンフレット」という書類がお手元に届けられているはずです。

この書類が届いた段階で、出来るだけ早急に「任意売却」の実施を専門業者にご相談ください。ここで私たちエイミックスなど任意売却専門の業者にご相談いただければ、その時点ですぐに競売を回避すべく、任意売却実施に動くことが出来るでしょう。

住宅ローンの支払いが厳しく、次第にこの状況に陥った方は、もうそのままの状態は続けられませんし、もう後回しに出来ない状況であると知ってください。この時点で債務者(あなた)に返済する意思、その動きが見られない場合、債権者は、債務者(あなた)に「返済の意思がない」「その気持ちがない」という判断をし、「競売」を強制的に執行されることになってしまうのです。

競売というものは、あなたの意思とは無関係に、強制的に進められます。そして、最後には、市場価格より安い価格で売却され、住み慣れた自宅から立ち退きを迫られることになります。競売での売却価格は、自身で設定することも出来無いため、殆どは安価に取引される傾向です。その売却後に残る債務は、その後のあなたの生活を厳しいものにするでしょう。そうなってしまう前に、競売と比べ有利な部分の多い、「任意売却」を行い、売却後の再出発を有意義なものにすることを考えてください。

私たちエイミックス(全国住宅ローン返済相談センター)にご連絡を頂きましたら、その時点から、何をどうすべきかをわかりやすく解説し、即時対応させていただきます。

あなたに残された時間はあと少しです。競売になる前に、回避が出来る間に、ぜひご相談していただけるようお待ちしております。

もちろん、ご相談は無料です。無料相談窓口からお気軽にご連絡ください。

 
   
相談スタッフ
 
私たちエイミックスは、任意売却に特化して15年の専門家。解決事例も豊富ですので、任意売却は安心してお任せ下さい。
 
 
電話相談スマホ用 メール相談PC用 メール相談スマホ用 ハウマッチスマホ用

任意売却カテゴリーのページ一覧

このページのトップへ戻る