お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 どちらかを押して 電話発信ボタン

 

任意売却に費用はいくらくらい掛かるの?

手持ちの現金を出す負担費用はありません!

費用

任意売却でご相談者様に費用を負担して頂くことは一切ございませんのでご安心ください。

多くのご相談者様からご質問頂くのが、お金はかかるの?金額はいくらなの?…というご質問です。そう、任意売却にかかる諸経費はすべて売却代金の中から控除されますので、ご相談者様に費用を持ち出して頂くことは無いのです。

諸経費の詳細

着手金や相談料

全くかかりません。相談料、コンサルティング料、着手金などは一切かかりません。しかもご相談は何度いただいても費用は無料です。また、ご自宅などへのご訪問でかかった交通費などを請求することもございませんのでご安心ください。

お電話でのご相談ももちろん何度でも無料です。

任意売却の費用

不動産仲介手数料

売買代金の中から控除されますのでご相談者様に費用を別途ご負担頂くことはありません。

引越し費用

引越しの運搬(引越し業者に払う金額)を売買代金の中から控除してもらえることがありますが、新しい家を借りる費用などについては、ある程度ご準備頂く必要があります。

司法書士に払う登記費用

抵当権抹消にかかる司法書士費用についても売買代金の中から控除されますので、ご相談者様にご負担頂くことはありません。ただし、権利証を紛失している場合の手続き費用は、売買代金の中から控除してもらうことは出来ません。

滞納した管理費や修繕積立金

マンションの管理費や修繕積立金の滞納分に関しても売買代金の中からほとんどが控除されます。ただし延滞損害金や駐車場代、水道代等は控除されない場合があります。

ご不安なことはなんでもご相談ください!

ご自宅などの不動産を売却した代金から、滞納管理費や引越し費用、抵当権抹消費用など権利関係者に配分される為、相談者があらたに持ち出して負担する費用はかからないのです。

税金の差押え解除料や、残置物撤去費は原則として対象外ですが、費用として認めてもらえるケースもありますのでご安心して、私たちに何度でもご相談ください。

住宅金融支援機構では、任意売却の費用負担基準を定めています。

この住宅金融支援機構の基準が、民間金融機関にも一応の「基準」にもなっているとみてもよいでしょう。

相談スタッフ
当然、依頼して取引が出来なかったとしても、営業等にかかった一切の費用は無料ですのでお気軽にご相談ください。

お問い合わせ、ご相談は下記までお気軽にご連絡下さい。

電話相談スマホ用

メール相談PC用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用

関連リンク

当サイト掲載の「任意売却」関連コンテンツへのリンクです。
任意売却は専門会社へ 任意売却後もそのまま住み続ける「リースバック」
 
競売開始決定通知 競売開始決定通知が来たら任意売却は?
 
マンション管理費を滞納 マンションの管理費を滞納していたら?
 
賃貸 賃貸で貸している家は任意売却できる?
 
滞納で差押え 税金を滞納して差押えをされてしまった
 
任意売却のメリット・デメリット 任意売却のメリット・デメリット
 
住宅ローン以外にも 住宅ローン以外にも借り入れが…
 
任意売却後の残債 売却後のローン残債はどうなるの?
 
住み続ける 売却後も住み続けることは出来るの?
 
他社に依頼しているが 他社に依頼しているが相談していいの?
 
ブラックリスト 任意売却したらブラックリストに載るの?
 
金融機関交渉実績 任意売却成功に不可欠な金融機関交渉実績
 

任意売却とは?住宅ローン支払いが厳しい方の解決方法

このページのトップへ戻る