全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

任意売却するとブラックリストに載ってしまうのでしょうか?

任意売却をするとブラックリストに載ってしまうのでしょうか?

また、ブラックリストに載ると一生借入やクレジットカードが作れないのでしょうか?

私達にも多くの方がこの疑問をお持ちです。

個人信用情報に記録が残る

情報記録

ブラックリストというものは現実には存在しません。しかし、住宅ローンを延滞すると、金融機関が貸し出しの際に照会をかける『個人信用情報』に『事故歴』が記載されることになります。そして金融機関が個人信用情報の照会をかけるのが概ね過去5~10年程度の履歴となりますので、その期間は新たな融資が受けられなかったり、クレジットカードが作れなかったりするということになります。


よく『自己破産すると一生借入できない』と思われている人もいらっしゃいますが、住宅ローンの延滞や任意売却をした事実、自己破産などの区別を個人信用情報では行いません。あくまで『事故歴』として返済がなかった旨の記載となりますので、どれが一番罪が重いとかいう区別もありません。

街を歩いていて事実を知られることはない

雑踏

また、借入を打診するなどのアクションをこちらから起こさない限りは誰にもその事実を知られることはありませんし、街中を歩いていてまわりから分かるということも絶対にありません。おそらく大小含めれば相当数の人が個人信用情報に問題を抱えているとも言われていますので、ブラックリストに載ると思い込んで必要以上に警戒しすぎる必要はありません。


このページのトップへ戻る