メニューボタン 任意売却専門のエイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

コロナで住宅ローンのボーナス払いが払えない場合の対処法

コロナの影響で夏のボーナスがもしも出なかったら住宅ローンのボーナス払いをどうしようか不安に思われている人もいらっしゃるのではないでしょうか?
新型コロナウイルス感染症拡大防止の緊急事態宣言を受けて自宅待機やリモートワークになっている人も多いと思います。
それによって給料カットまではならないまでも今までならもらえていたはずの残業代や諸手当などが大幅にダウンして結果的に収入が減る見込みの人も増えてきています。
そしてもうすぐ6月~8月くらいに支給される夏のボーナスの時期に入ってきます。
この夏のボーナスに関しても出るのか出ないのか、出たとしても支給額は減るのか減らないのかなど皆さんの不安が尽きない状況になっています。

新型コロナ不況によるボーナス支給への影響

ボーナスは企業の業績によって支払われるものなので緊急事態宣言でほとんどの企業が業績を落としていますので夏のボーナスの支給にも少なからず影響はありそうな状況です。
今までも多くのご相談をお受けしてきた中で住宅ローンの月々の返済も含めて毎月の家計は赤字だけど夏と冬のボーナスで補てんして帳尻がなんとか合っているというご家庭もとても多いのです。
そこで突然のボーナスカットやボーナスの減額となると家計へのインパクトはどうしても大きくなってしまいます。
ボーナスが支給されることでなんとか収支が釣り合っていたものがこの夏に当てにしていたボーナスが入ってこないもしくは減るということになってしまうと他から手当てしなければ本当にお金が足りなくなって家計がまわらなくなってしまいます。
そして今回さらに追い打ちをかけて問題が大きくなりそうなのが住宅ローンの返済でボーナス払いがあるケースです。

住宅ローンのボーナス払い対策はお早めに

住宅ローンのボーナス払いがある人は特に今回のコロナウイルスの影響でもしもボーナスが出なかったときのことを考えて早めの対策を考えておく必要があります。
もし住宅ローンのボーナス払いを滞納してしまうとそのボーナス払いの分の全額を支払うまではその後の毎月の返済分の引き落としがされません。
月々の分は先に払うと言っても払えていないボーナス払いの分をまずは払いきるまでは受け取ってもらえないのです。
なので住宅ローンのボーナス払いを滞納してしまうとその後の月々払い分の滞納回数も連動して増えてしまうというケースが非常に多いです。
ある程度貯金があるという場合で住宅ローンのボーナス払いの金額がそれほど多くない場合であればやりくりすればこの夏の支払い分はなんとか乗り切れるかもしれません。
しかしもし貯金があまりなかったり住宅ローンのボーナス払いの金額が多い場合などはいくら頑張ってもやり繰りにも限界があると思います。

住宅ローンのボーナス払いでご不安があればご相談を

住宅ローンの夏のボーナス払いの引き落とし月を6~8月に設定している人が多いと思いますので、もうそんなに時間は残されてはいませんが、今のうちからできるだけの対策は練っておくべきです。
そして住宅ローンのボーナス払いの支払いが苦しいからといって消費者金融などから借り入れをして埋め合わせようなどとは絶対に考えないようにしてください。
この夏の住宅ローンのボーナス払いがご不安だという方はぜひ住宅ローン問題解決の経験豊富な当社にお早めにご相談ください。
私たちはご相談者様にとって一番よい解決方法をご相談者様と一緒に一生懸命考えます。

任意売却とは?
任意売却専門業者とは?
フリーダイヤルPC用
フリーダイヤルスマホ用
メール相談PC用
メール相談スマホ用
ハウマッチスマホ用

関連コンテンツを見る:

 

最近の記事

昔離婚した時に家を出て元嫁が住んでいるけど任意売却で売却したい

昔離婚した時に住宅ローンを組んでいて住宅ローンは慰謝料や養育費のかわりとしてそのまま住宅ローンを払い続けながら自分は家を出たという方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか? 一番多いのが元奥さんがそのまま住んでいて元主人は家を出て元主人…

寝たきりの親を看取りたいという希望!任意売却でリースバック成功例

住宅ローンや税金をけっこう滞納されていてご相談頂いたご相談者様のご自宅にお伺いしたときのお話です。 奥のお部屋の介護ベッドにはかなりご高齢のお母さまが寝ていらっしゃいました。 ご相談者様からのお話しではもうかれこれ3年くらい寝たきりで年齢も…

 

任意売却相談のブログへ戻る