全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

離婚後も住宅ローンの残った不動産(自宅)に住み続ける場合

Slider

離婚後、どちらかが住み続けるケースのトラブルは、私たちにも多くいただくご相談です。

相談者
相談者
離婚後は、夫が出ていって、私は子供と今の自宅にそのまま住み続けるつもりです。
住宅ローンは養育費代わりに夫が払う約束になってるし…
大丈夫ですよね?

離婚は関係する全員に大きなライフスタイルの変化をあたえるものです。

特にお子様がいらっしゃる場合などは、学校の問題もあるでしょうし、転居を考えるにしても、新たに住宅ローンを組んで購入にせよ賃貸にせよ、専業主婦だった奥様がまとまった収入を得る職業にうまく就けるとも限りません。

そんな様々なご事情から、出来ることならば離婚後も今の自宅に「そのまま住み続ける」というのは選択肢としては重要なところでしょう。

ここでは、離婚後住宅ローンが残ったマンションなどの不動産(自宅)に、夫婦のどちらかが住み続ける場合にどういった問題があるか?どういう解決方法があるのか?をご紹介しています。

正しい理解をして頂き、早期に離婚時の住宅ローンの問題を回避し、新しい生活が少しでも早く迎えられればと思います。

1.離婚後「そのまま住み続ける」は注意が必要

特に多い妻と子が住み続けるケース
特に多い妻と子が住み続けるケース

最終的に強制競売に発展するトラブルも多々あります。

上記図解にあるように『離婚後も住宅ローンを支払いながら住み続ける』『自分はマイホームを出るが、住宅ローンの返済が終わるまで慰謝料代わりに自分の債務分は払っていく』等、子供のことや同居されていた親御さんの関係もあり、離婚後も夫、妻、ご夫婦のどちらかが不動産(自宅)に住みながら住宅ローンの支払いを続けるということをされている方も多数いらっしゃいます。

しかし、社会情勢、金融情勢の変化が激しい昨今、『住宅ローンを支払いながら住み続ける』という方も、『離婚後、自分は自宅を出たが、住宅ローンの支払いが終わるまで自分の債務分は払っていく』という方も、転職で年収が減るなどその後のライフスタイルの変化等により、その後住宅ローンを支払うことが困難になられるというケースが多くなっています。

このように、離婚した後に住宅ローンを支払うことが困難になり、自宅(不動産)をもう売るしか無い状況でも、『相手にもう関わりたくない』『相手に連絡しづらい』といったことなどから問題を後回しにしてしまう方も多く、結果住宅ローンの滞納が続いてしまうのです。その後催告書が来て一括返済を求められたりと、返済の問題が大きくなった時には、“もう任意売却もできず不動産競売しか選択肢がない”といった事態に陥る場合も多々あるのです。

2.住宅ローンの契約内容もしっかりと確認しておく

お住まいの不動産の住宅ローン契約の内容も把握しておかないと、先程お話したように競売しか選択肢が無くなるような大きな問題に発展します。今の住宅ローンの契約内容は、夫婦のどちらの名義なのか?共同名義(共有名義)なのか?連帯債務なのか?などの「債務を誰が負っているのか」を不動産の契約時の書類などを整理し、しっかりと確認しましょう。特に離婚後も住み続けることをご希望の場合は、後々取り返しが付かない状況になってはいけませんので、現在自分が置かれている状況を理解する意味でも、しっかりと不動産の関係書類を確認し、内容を把握しておきましょう。

組み合わせ1   主債務者
   連帯保証人
組み合わせ2   連帯債務者
   連帯債務者

組み合わせ3   主債務者
   なし   

住宅ローンの契約には様々な組み合わせがありますが、ご自身の状況を事前に理解・把握することは重要です。

ポイント

共有名義、連帯債務などは元夫(妻)の協力が必要

離婚の場合のご自宅の住宅ローン問題が「売却」でスムーズに解決できるとなったとしても、いざ売却しようとした時に元夫(妻)の同意が得られないと話は前に進めることが出来ません。

また、既にどちらかがお住まいを出られていて連絡が取りにくい、取りたくない、または会話が出来る状態でない…など色々な状況から困難な事態に陥ることもあるかもしれません。

そんな場合も考えて、出来れば可能な限りご夫婦で離婚の話を話し合う時に、早い段階で住宅ローンの問題を取り決めする、などの工夫が必要となってくるでしょう。

相談員
相談スタッフ
私たちエイミックスが、ご夫婦お二人の間に入って話を進めることも可能です。その様な場合は、ぜひ、お気軽にご相談ください。

関連ワード

連帯債務(れんたいさいむ)

”連帯債務(れんたいさいむ)とは、数人の債務者が、同一の内容の債務について、独立して全責任を負う債務。連帯債務が念頭に置いているのは金銭債務であり、債権者は各債務者に対して債務の全額を請求をすることができる(民法第432条)。”

出典:「連帯債務」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2019年3月30日 (土) 11:30 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/連帯債務

関連ワード

連帯保証人(れんたいほしょうにん)

”連帯保証人(主債務者と連帯して債務を負うとする特約を付した保証人)には、催告の抗弁権と、検索の抗弁権はなく(454条)、事実上債務者と全く同じ義務を負う。 連帯保証人であれば、主債務者とほぼ同等の地位となるため、主債務者がどのような状況であっても、債権者は連帯保証人にいきなり支払いを求めることが可能になる。一般に、貸金での保証人となることは自分が借りたことと同等であるといわれるのはこのためである。”

出典:「保証人」内の保証人の種類『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2019年3月30日 (土) 11:30 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/保証人

3.任意売却後に住み続けられるリースバック

そのまま住み続けられるリースバック
売却後もそのまま住み続けられるリースバック

また、前述のような事態に陥るのを回避するために、オーバーローンとなっているような住宅ローンの残債の問題を解決する「任意売却」を行って、今お住いの不動産(自宅)を個人投資家などの第三者に購入してもらい、その買い主に家賃を支払い賃貸として住み続ける「リースバック」と言われる方法もあります。

任意売却でスッキリと住宅ローンの問題を解決していますので、今後の生活での安心感がある方法と言えるでしょう。また、条件によっては賃貸で住み続けたあと買い戻すという方法を取られるケースもあるのがこの方法です。

関連記事

リースバックについてはこちらをご覧ください。

リースバックと任意売却|返済が厳しくても住み続ける

4.親族などに購入してもらう親子間売買

親子間売買
親子間売買のイメージ

親子間売買(親族間売買)は、先程のリースバックと同様の仕組みになりますが、いまお住いの不動産(ご自宅)をご両親や親族などに購入してもらい、家賃を支払って住み続ける方法です。

親族など親しい間柄の方に購入していただくのは安心なのですが、こちらは債権者が認める場合が少なく、条件など非常に厳しい方法となります。こちらが困難となった場合は、先述のリースバックを進めていくことになります。

私たちエイミックスでは、「リースバック」も含め様々な手法を考えて、ご相談者の状況に最適な方法をご提示させていただきます。ぜひご相談ください。

関連記事

親子間売買について詳しくはこちらをご覧ください。

任意売却で行う親子間売買(親族間売買)とリースバック

相談員
相談スタッフ
離婚時に「相手ともう話したくない」などという場合も、第三者を立てるなどして、冷静にしっかりと問題に対峙する事が解決の近道です。
※エイミックスではお二人の間をとりもち、お話し合いを進めることが可能です。

ご相談はこちらの無料相談窓口から。今すぐ対応します。
(相談無料、秘密厳守)

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

メール相談PC用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用

5.離婚と住宅ローンの解決事例

相談員
相談スタッフ
離婚での住宅ローン問題を解決した事例から、元夫の支払いが滞るなどのトラブルを解決した「住み続ける」に関する事例をご紹介しましょう。

○妻側のご相談 

東京都江戸川区東京都A様(47歳)離婚調停中夫が破産で競売に|債務残るも無理なく分割で養育費も支払われることに」
東京都江戸川区 A様(47歳)

離婚共有名義競売

事例の詳細を見る

千葉県市原市千葉県藤井様(仮名)別れた夫の支払い滞り賃貸にするがそれが足かせで|賃借人の退去も決まり売却で完済!」
千葉県市原市 藤井様(仮名)53歳

離婚共有名義賃貸

事例の詳細を見る

神奈川県横浜市神奈川県鳥越様(仮名)ギャンブル借金の夫から離婚して連帯債務外したい!|賃借人の退去も決まり売却で完済!」
神奈川県横浜市神奈川区 鳥越様(仮名)43歳

離婚共有名義借金ギャンブル

事例の詳細を見る

○夫側のご相談

神奈川県横浜市神奈川県永田様(仮名)養育費代わりの住宅ローン、再婚で生活費圧迫|元妻に粘り強く交渉し自宅売却で完済」
神奈川県横浜市南区 永田様(仮名)48歳

離婚再婚カードローン

事例の詳細を見る

愛知県日進市愛知県梅森様(仮名)離婚後元妻の為に払い続けるが借金膨れ…|元妻が親族間売買、困難あるも成就し両者共に幸せな再出発。」
愛知県日進市 梅森様(仮名)48歳

離婚再婚借金親族間売買

事例の詳細を見る

東京都荒川区東京都志村様(仮名)元嫁が家から出て行かず進まない|全額返済。元奥様からも感謝いただく」
東京都荒川区 志村様(仮名)52歳

離婚競売円満解決

事例の詳細を見る

関連記事

その他離婚に関する解決事例です。

離婚が関係する任意売却の解決事例集

6.相談者様の声

トラブルを解決され、前向きに再出発された方々のお便りをご紹介します。

奈良県服部様
奈良県 服部様

元夫が破産
「住む場所」に対する不安がなくなり、子供達と共に安心して暮らせることが幸せ

2018年8月 奈良県北葛城郡 服部様(仮名)
「あの時、エイミックスさんに相談の電話をして本当に良かったです。」

頂いたお手紙

詳細を見る

大阪市奥本様
大阪府 奥本様

売買以外も
エイミックスに電話して良かった。

2018年11月 大阪府大阪市 奥本様(仮名)
「相談して本当によかったなと思いました」

頂いたお手紙

詳細を見る

関連記事

その他多くのお客様から、元気が出るお便りを頂きました。

その他のお客様の声

7.まとめ

では、今回お話したことの要点をまとめておきましょう。

まとめ

  • 1.離婚後そのまま住み続けるには状況によって注意が必要。
  • 2.住宅ローン契約の内容をしっかりと再確認して把握しましょう。
  • 3.任意売却後にも自宅に住み続ける場合「リースバック」という方法がある。
  • 4.親族などに購入してもらう「親子間売買」という方法もある。

8.離婚と住宅ローンカテゴリーのページ一覧

このページのトップへ戻る