全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

代位弁済(だいいべんさい)

銀行などから住宅ローンの借入れをする時に、債務者と保証会社は保証委託契約を結んでいます。そして、借入れの返済が不可能な状態となった時、債務者に代わり保証会社が金融機関へ借入額全額を返済します。

これが「代位弁済」と言われるものです。

代位弁済になると保証会社は保証委託契約に基づき、代弁後の金利14%~18%を適用し元金と合わせて「一括返済」を求めてきます。債務者は月々の返済も出来ないので返済が滞ってるのですから、当然ですが一括返済など出来る筈が無いのが当たり前です。そのために保証会社は、担保となっている不動産を「任意」で「売却」して売却代金で返済をという事にします。それに応じない場合は法的手段と言う流れになって行きます。俗に言う、競売【けいばい】です。どのような方法で売却されるかは別として、最終的には担保物権は換価して回収されるわけです。逆に言うと、任意売却をしたい場合は、代位弁済がなされないとできないという事になるのです。

代弁(だいべん)と言われることもあります。

関連語句

関連記事

参考リンク

Wikipedia

代位弁済(だいいべんさい)とは、「弁済による代位」という法律効果を伴う弁済をすることをいう。 誤解されがちであるが、債務者以外の者が債務者に代わって弁済することすべてを指して代位弁済というのではない。第三者弁済には、代位が認められない場合もある。”

出典:「代位弁済」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2019年2月07日 (木) 17:30 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/代位弁済

 

任意売却用語辞典トップへ