全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

自己破産(じこはさん)

通常は全額返済が必要

自己破産(じこはさん)とは、国の定めた制度で、住宅ローンやカードローンなど様々な債務に苦しむ方の救済方法として作られました。自己破産を行うと原則としてすべての借金を返済する義務がなくなります。膨大な多重債務に苦しんでいる方などには窮地を脱することが出来、人生を再スタートできる方法と言えるでしょう。

ただし、今後10年程度は住宅ローンはもちろん、クレジットカードなどを作ることも出来ないため、現金での生活を強いられます。また、いまお持ちの資産(家、車など)換金できるものはすべて所有できなくなりますし、給与の差し押さえなどが行われることもあり、精神的にも負担は大きくなります。その事を考えても、最後の手段という側面が強い方法と言えるでしょう。

関連記事

住宅ローンの返済が困難な方はこちらもご覧ください。

住宅ローンの返済が困難で自己破産をお考えの方へ。

関連語句

関連記事

参考リンク

Wikipedia

破産とは、一般的には財産をすべて失うことを言う[1]が、自己破産とは、債務者が経済的に破綻することで、既に弁済期にある全ての債務が債権者に対して一般的・継続的に弁済することができない状態にあるとき[2]に、本人などの申立て権者が裁判所に申立て、裁判所が選任する破産管財人に債務者の財産を包括的に管理・換価、また総債権者に公平に分配してもらうことで、経済的破綻状況から離脱することをいう。日本では、破産法により、破産について非懲戒主義(公法上での資格制限を科すなどの建前上の不利益を否定すること)や免責主義(破産者の責任、特に債務について、原則としてその責任を免除すること)を採っている。
日本では、2004年(平成16年)6月2日に全面改正された破産法(平成16年法律第75号)が公布され、翌2005年(平成17年)1月1日に施行された。”

出典:「破産」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2019年10月12日 (土) 15:00 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/破産/