お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 土日や祝日もOK 電話発信ボタン

任意売却で住宅ローン返済の悩みは解決できる。任意売却を任すなら、任意売却のプロフェッショナル「エイミックス」へ

任意売却をしても家に住み続けることはできるのでしょうか?

親子間売買や親族間売買、リースバックなどの方法を取ることができれば、家に住み続けることも可能になるケースがあります。
しかし、払えなくなったローンの月額返済額よりも賃料が高くなってしまっては、何のために任意売却をしたのか分からなくなってしまいます。任意売却をして住宅ローンの返済を整理したのに、さらに高額の賃料を同じ家に住みながら払い続けていくことは現実的ではありません。

また、親子間売買や親族間売買はローンが付きにくいため時間ばかりかかって、任意売却のできる期間を無駄に消費してしまう可能性もあります。
リースバックが適しているのは、あくまで現在のローンの支払い額よりも低い家賃設定で住み続けられることが必要ですが、なかなかその条件が整うことは少ないのが現実です。その条件が揃えば引越しせずに済むのでリースバックも選択肢に入ることになります。

弊社ではご相談者様の任意売却後の生活の再建を第一に考えておりますので、条件を満たすのであればリースバックも出口の一つとしてご提案させて頂いております。
条件を満たさないのに無理にリースバックをしようとして何もできずに競売になってしまうのは全力で阻止したいのです。

リースバックについてへ

任意売却Q&Aのトップに戻る