xログ
メニューボタン 全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

任意売却をしても今の家に住み続けることはできるのでしょうか?

住宅ローンが払えないがリースバックで住み続けられる?
住宅ローンが払えないがリースバックで住み続けられる?

Q.相談者のお悩み

  • 収入が大幅に減ってしまい、もう住宅ローンの返済がこの先続けていけそうにありません。
    住み続けられるというリースバックのことを知ったのですが、滞納をしているような状態でも出来るのでしょうか?
    また、このサイトで説明のある任意売却をしてリースバックというのも可能なのですか?

A.任意売却とリースバックで住み続けることが出来ます。

おっしゃる通り任意売却で住宅ローン問題を解決し、リースバックを行えばそのまま今の家に住み続けることが可能です。

任意売却を行う部分でテクニックが必要になってきますので、私たちのような任意売却専門の会社にご依頼頂いて、リースバックを進めていただくのが良いでしょう。

実際にリースバックの専門会社では、住宅ローンの返済ができないような状態ではお断りをしているところも多くあります。これはやはり任意売却というものが、債権者との交渉など経験値が無いと進めにくく、実際に経験値が無いために、まずどう進めていいかわからないということがあるようです。

また、リースバックの他にも親子間売買(親族間売買)も条件が揃えば可能ですし、ご相談者様の状況をお伺いした上で最適な方法をご提案することが可能です。

ご相談者様の生活再建が第一

しかし、今お話したことと反対になりますが、リースバックは売却後に買い主に賃料を払って住み続ける方法になります。

ご相談者様の状況によっては、払えなくなったローンの月額返済額よりも賃料が高くなってしまうケースもあります。そうなってしまっては、何のために任意売却をしたのか分からなくなってしまいます。

任意売却をして住宅ローンの返済を整理したのに、さらに高額の賃料を同じ家に住みながら払い続けていくことは現実的ではありません。

また、親子間売買や親族間売買はローンが付きにくいため時間ばかりかかって、任意売却のできる期間を無駄に消費してしまう可能性もあります。

リースバックが適しているのは、あくまで現在のローンの支払い額よりも低い家賃設定で住み続けられることが必要ですが、なかなかその条件が整うことは少ないのが現実です。当然、その条件が揃えば引越しせずに済むのでリースバックも選択肢に入ることになります。

私たちエイミックスでは、ご相談者様の任意売却後の生活の再建を第一に考えております。

ですので、住み続けたいというご希望でご相談を頂いた場合も、リースバック以外の方法も出口の一つとしてご提案させて頂くこともあります。

条件を満たさないのに無理にリースバックをしようとして、何もできずに競売になってしまうのは全力で阻止したいのです。

相談員

相談スタッフ
お問い合わせご相談は、実績豊富な全国住宅ローン返済相談センターエイミックスまでお気軽にどうぞ。

電話相談PC用

メール相談PC用

電話相談スマホ用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用

任意売却Q&Aのトップに戻る