メニューボタン 任意売却専門のエイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

任意売却と競売の違いを比較 どっちで売るのがいいの?

任意売却と競売は売却することは同じでも大きく違います。

任意売却競売も「自宅を売却する方法」であるところは同じです。しかし両者は全く違う方法とも言える違いが多くあります。なにより大きな違いは自分の意志の有無に尽きるでしょうが、売却価格が変わることで残債の有無が違ったり、ご自宅を処分したその後の生活も大きく変えてしまうほどに、その他にも様々なところで大きな違いがあるのです。

競売のデメリットは任意売却で解消出来る。

まず、競売には自分の意志で売却できないことを筆頭に、売り主に不利益なデメリットと言えるところが多くあります。そして、そのデメリット部分の問題の多くは任意売却で解消できます。
わかりやすく表にまとめましたのでご覧ください。

任意売却の場合 その違い 競売の場合
自身の意志で売却できる
※債権者の同意が必要。

自身の意志 強制執行されます。自身の意志は関係ありません。

市場価格に近い価格で売却できる事が多い

売却額 市場価格の60%~70%での価格で取引される
相場価格で売却活動を行うので、売却後の残債を少なくできる。 残債 相場価格よりも安く落札されることが多く、家を売却してからも多くの残債が残る。
手出しの費用はありません。

費用 引越しにかかる経費など。

リースバックをセットで行い住み続けることが出来る。

住み続ける 期日にて強制退去が命じられる。

引越費用を貰える可能性が高い。

引越費用 引越費用をもらえない。

一般的な売却と同じ売却価格なので、経済状況を近所に知られることは無い。 プライバシー チラシやネットでの公開、業者がご近所にヒアリングする等で、経済状況が苦しいことが近所に知られてしまう。

具体的な売却後の違い

また、任意売却と競売ではその後の生活にも大きな違いが出てきます。
では、具体的に例を出してみましょう。
貴方の今の残債が2,000万円として、任意売却をした場合と競売で売却されてしまった場合の比較をしてみましょう。残る残債など、売却後の生活が大きく変わってくるのです。

任意売却の場合競売の場合

任意売却の場合は、話し合いで残債について、大幅に圧縮された金額での返済になったり、債務者に無理のない額での分割返済が認められたり(※平均的に月1万円づつでの返済が認められています)と、もっとも重要とも言える「売却後の生活」にも大きく関わる違いがあるのです。競売で処分されても残債務は支払わないといけないのを知らない人も多数です!

関連コンテンツ

任意売却のメリットについてさらに詳しく

任意売却のメリット

任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
※必須
ふりがな
メールアドレス ※必須
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
※必須
都道府県 ※必須
 ←リストから選んで下さい
ご相談内容をご記入下さい。 ※必須

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用