全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

督促状と催告書の違いはなんですか?

住宅ローンの返済では、滞納し始めた頃の方と、滞納6ヶ月を過ぎる方へ届けられる書類になります。2つは同じような名称ではありますが、その中身には大きな違いがあります。

滞納しはじめの「督促状」

督促状

滞納を始めて1ヶ月から3ヶ月の方には、銀行など金融機関から「督促状」というものが届きます。督促状というのは、その字のごとく「早く返して下さいよ~!」と言う督促なので、解決方法としては、現在滞納している金額を入金を指示通りにすれば、滞納前の元の状態に戻ります。

滞納を続けている場合、そもそもまとめて返済するのは実際困難かと思いますが、それは別問題として、少なくともここでは、滞納分を払えば元通りの状態になる段階ということです。

但し、次に紹介する「催告書」になりますと、似たような言葉でもその意味が大きく変わってくるので、注意をしてください!


滞納6ヶ月を過ぎる頃の「催告書」

催告書

滞納6ヶ月を過ぎた方にやってくる「催告書」は、”貴方と現在住宅ローンを契約で結んでいますが支払いが滞り督促をしたが支払ってくれないので割賦販売をやめますので一括で支払ってください!”というかなり厳しいことを書いて返済を求めてきます。

当然ですが、毎月の支払いができないから滞納しているのに、とても一括でなんて返済が出来るわけもありませんよね。

これは、債権者側から言うと「あなたとはこれで取引をやめます!」と言う意味合いなのです。

これではじめて期限の利益の喪失がなされ、不良債権となり、抵当権の実行をされる対象の不動産になるのです。つまりは抵当権の実行とは、担保不動産をお金に買えて債権回収をするということです。

最終的にそれは、「競売」か「任意売却」どちらかで不動産の換価処理をさせられると言うことなのです。


催告書はもちろん、督促状が届いたら

そんな事情で、例えばリスケジュールしていて支払いが滞るなどすると「催告書」が届きます!もし、貴方のところに催告書はもちろん、督促状が届きだしたら、遠慮なくすぐにご相談下さい。すこしでも早い対応が解決を早くしますし、有利に運ぶことが出来るのです。

競売は自身の意志とは関係なく、強制的に進められ、多くの残債が残ることでその後の人生の立て直しにも影響します。少しでも早く私たちのような専門家にご相談されることをおすすめ致します。

相談員

相談スタッフ
些細なことでも結構です。無料相談窓口へお気軽にどうぞ。

任意売却無料相談窓口(ご相談は無料です)

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

メール相談PC用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用

任意売却Q&Aのトップに戻る

このページのトップへ戻る