全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 どちらかを押して 電話発信ボタン

 

住宅ローン返済のお悩み相談事例

住宅ローンを滞納する、厳しくなるのには、その背後に必ず原因が潜んでいるものです。

ここでご紹介するのは、私たちにお寄せいただいたご相談を大きく原因別に分けたものです。

相談員
相談スタッフ
では、住宅ローン滞納・返済が滞る主な原因をみていきましょう。
もし同じようにこのような状態になっていたら早めに相談下さい!

転職・リストラ・病気などで給料減少し住宅ローン滞納

リストラ、転職、病気による給料減少・独立失敗・失業などが原因のケースです。実はこの収入の減少という問題が一番多い相談なのです。比較的年齢層の比較的高い方の相談が増えています。バブルの頃に家を購入し、その後の環境の変化が返済を苦しくしていったのでしょう。

離婚によるオーバーローン状態の住宅ローン相談

こちらもご相談の件数では非常に多い、離婚協議の中での自宅売却相談です。

数々の問題から、いざ売却して精算しようと試みてみるものの…購入した時より価格は大きく落ちていて、残債のほうが売却価格を上回る「オーバーローン状態」という現実に直面します。

売却価格が購入時より数百万円単位で不足になっているという現実です。

カードローンなど借入が多く、住宅ローンが厳しい

遊興費を使うためにカードローンや消費者金融からの借入をしていて、その返済が厳しくなったら、当然ながら住宅ローンまで支払いが厳しくなるケースです。 また、そこから住宅ローンの補填のためにもう一度カードローンや、消費者金融から借金をして住宅ローンを支払ってしまう。まさに自転車操業になってしまうケースもよく相談に来られます。

住宅金融公庫(支援機構)のステップローンが払えない

任意売却の相談に来られる方のなかには、ステップローンの返済で頭を悩ませている方がいらっしゃいます。

このローンの特徴は、最初の支払額が低く抑えられていますが、段階的に支払額が増えるよう設計されており、年齢とともに年収も増えるとの想定のもと、国のお墨付きで導入されました。

現在ではその当時のような情勢ではなく、もはやステップローンに限っては、一定期間を経過するたびに返済額がアップするのですから、博打と考えたほうがいいかもしれません。

賃貸にした持ち家の採算が合わなくなり住宅ローンがつらい

マンション購入後に転勤になるなどで、購入不動産を売却をせずに賃貸に出されている方からの相談も多くあります。

世の中の情勢が厳しくなる中、家賃の値下げなどを余儀なくされ、手持ちの資金から追金をして購入ローンを返済している方が多数おられます。

資金面において体力がある方はそれでもまだ大丈夫なのですが・・・現在の実勢価格と価格乖離がある上に、さらに賃貸人がいるために売却するにもどのようにして進めればいいのかにっちもさっちも行かないと悩まれている方の相談が増えています。

相続に関する住宅ローン支払困難

不動産の所有者が亡くなってしまうケース。購入時点において住宅ローンを組む場合金融機関の団体信用生命保険というものに強制的に入るものなのですが、住宅金融支援機構の場合は任意となっており、実は入っていない方もおられるのです。

住宅金融支援機構の場合は毎年掛け金を支払うような仕組みで、期限が過ぎると失効してしまうようになっています。

債務者が支払いをうっかり忘れて死亡した場合…相続人にとっては当然債務も引き受けなければならない事態になり、任意売却というケースもかなり多くなってきています。

ケース別解決事例集

私たちエイミックスにご相談頂きましたご相談者様の事例です。お話したような経緯で任意売却に至った方々がたくさんいらっしゃいます。ご参考にして頂き、あなたも是非、ご相談にお越しになってください。

任意売却ケース別解決事例集

任意売却とは?住宅ローン支払いが厳しい方の解決方法

このページのトップへ戻る