お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 土日や祝日もOK 電話発信ボタン

 

「鬱病に伴う体調不良のため」 神奈川県横浜市鶴見区 戸塚様(仮名)52歳

 

地   域 関東
都 道 府 県 神奈川県横浜市鶴見区
建物種別(戸建・マンション) マンション
原   因 鬱病で仕事退職し収入なし
交渉債権者 住宅金融支援機構
緊 急 度 ★★★☆☆(滞納:6回滞納で期失後)

 

相談内容

20年前に主人と共有名義で購入。
その当時は働いていたので自分もローンを組んだ。
主人とは家庭内離婚状態だが数ヵ月後には正式離婚となる。

主人は2年前から仕事はしておらず、自分は月13万のパートをしていたが、半年前に鬱病と診断されてからは自宅療養中。
既に貯金は底をつきどうにもならない状態。
今後どうすればいいですか。

解決方法

すぐに物件査定をしたところ、1,100万円の残債に対し800万円の査定額でした。
戸塚様・ご主人様と一緒に面談を行い、早急に任売活動をスタートさせて、競売申し立てをされないようにすべきだと説明しました。

売却後の残債務についても心配されていましたが、生活状況をみての判断となるという説明にもご納得いただけました。

結果

債権者(債権回収サービサー)に連絡し、売出価格(1,080万)の指示を受けて販売活動をスタートさせました。
1週間後に同マンションにお住まい(賃貸)の方から購入希望があり、売買契約締結となりました。(成約価格は1,000万円でローン残債120万)

戸塚様からは、「主人との不仲で鬱病にもなってしまいましたが、これを機に前向きに進んでいけそうです」と仰っていました。

 

ケース別解決事例集に戻る