お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 土日や祝日もOK 電話発信ボタン

 

「夫婦と子供5人、住宅ローンが厳しい!」 大阪府大阪市 和泉様(仮名)(44歳)

地   域 関西
都 道 府 県 大阪府大阪市
建物種別(戸建・マンション) 戸建
原   因 収入減
交渉債権者
緊 急 度 ★★★★☆(滞納6ヶ月目)

相談内容

相談者の和泉様は、子供が2人生まれたことをきっかけに新築戸建てを購入。購入当初は奥様も働いており、主人の給料と併せて50万円ほどあったそうです。月々15万円のローンを払っておられましたが、新築購入から子供がさらに3人産まれて、奥様は子育てで働けなくなり、家計全体の収入は減少。ついにはカードローンで住宅ローンを支払うようになり、自転車操業状態に陥る。相談時点で、住宅ローンのほかに、カードローンや消費者金融からの借入が650万円、税金の滞納も60万円ほどある状態でした。今後どのようにしたら良いか相談の為来社されました。

解決方法

面談時、ご主人が住宅ローンを滞納していること聞かされたのは2日前ということもあり、ご主人はかなり動揺されており不安でいっぱいの状態でした。
奥様はご主人に家計が苦しいことを伝えていましたが、聞き入れてくれず。奥様の親族が不足分を借りる生活とカードローンでの生活が常態化していました。現時点での状況をお伺いしたところ、既に住宅ローンの滞納から6ヶ月目に差し掛かった状態であり、このまま放置すれば、競売手続きに移ると債権者から言われておりました。

ご夫婦には現状を把握してもらい、家を手放す段階に来ていることを説明し、任意売却のメリット、デメリットを説明。ご主人は混乱されている状態でしたので、その場での返答は一旦見送りました。後日、ご主人から連絡があり、「任意売却での自宅処分をお願いします。」と依頼を受けました。希望としては、幼稚園の転入手続きの関係で、できれば遅くに引越ししたいというのが、M様の希望でした。

住宅ローンの他に、借入が650万円ほどあり、ご主人の給料だけでは、もはや返済が出来ない状態でした。そこで、売却後の自己破産を提案。弁護士を紹介し、弁護士と方針を確認しながら、売却を進めて行くことになりました。同時に、多額の税金滞納があることから、行政へ本人と同行し税金の納税について協議提案をしました。

結果

M様の物件は住宅地としては人気のあるエリアに存在し、築6年と建物の状態も良かった為、当初は、すぐに買い手が付くと思っていましたが厄介なことに、M様の物件に至る道路の真ん中にゴミの集積所があることが、後日判明しました。
ゴミの収集日には、道路の真ん中に近所の方がゴミを置くことにより、道路幅が極端に狭くなり、通行すら出来ませんでした。それが原因で、なかなか購入希望者は見つかりませんでしたが、販売開始後の約9ヶ月後に、近所の方から、購入検討したいとの電話が有りました。
ご近所にお住まいされていることから、ゴミの集積所のことも熟知しており、購入に支障は無いとのことでした。購入希望者のローンも通り、無事に決済に至りました。

売却代金から税金の納税も出来たことで、今後の負担軽減につながりました。現在では、子育てのために、購入した物件よりも更に良い環境のところの賃貸に引越しされ、「家族7人で幸せに暮らしています。」とのことでした。

ケース別解決事例集に戻る