お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 住宅を自動査定 住宅を自動査定 電話発信ボタン

住宅ローンが払えないとお悩みの方に任意売却をご提案致します。任意売却は住宅ローンが残ったまま売却できる方法です。
私たちは任意売却14年のパイオニア。あなたの状況に合った解決方法を蓄えてあります。相談が早ければ早いほど解決できますので、お急ぎでご相談下さい。

「年金収入だけでは払えない」 神戸市兵庫区 A様(75歳)

エリア 関西
種  別 減収、債務超過
都道府県 神戸市兵庫区
職  業 年金
年  齢 主人75歳 奥様74歳 息子35歳 息子33歳
家族構成 4人
建物種別 分譲マンション
残  債 1714万円
売却価格 1190万円

相談内容

震災により当時住んでいた自宅が倒壊した為、住み替えの為、分譲マンションを購入しました。購入当時は、●●市職員であり、将来の住宅ローンは安定した収入と退職時の退職金と年金で返済する予定でした。退職時には、長男はアルバイト、次男は無職状態であり、家族の生活を支える為に退職金は住宅ローンの繰上げ返済に充てず、生活費に回しておりました。約10年このような生活が改善されず、とうとう退職金も底をつき、消費者金融での借入で住宅ローンを返済するところまでになりました。このような生活は何時までも出来ないと思い、息子がインターネットで検索し任意売却を知り、当協会に相談の連絡がありました。

提案内容と解決方法

相談者に任意売却のメリット、デメリットを説明。面談時点では滞納4回目。相談者夫婦の手元資金は、2ヶ月1回の年金のみ。長男の月収入は5万円、次男は無職。債権者様へ代位弁済時期を確認し、任意売却交渉開始。引越しするにも手元資金が無く、また属性に問題がある為、転居がスムーズに行かないのではないかとの心配もありました。その解決の為に相談者と賃貸マンションのオーナー様宅へ同行し、相談者様の事情を説明し、毎月の家賃の支払いにプラスして諸費用を分割で支払う方法を提案し、了承を得ました。本物件所在の行政は、固定資産税の滞納に関し、強行な手段で回収を行う為、税金に関しては納期ごとの支払いの継続を提案。転居先の物件には収納が少ない為に、販売開始と同時に室内の荷物の処分を提案し、引き取り業者へ換価処分し、少しでも手元に資金が残るように提案と購入者の心象が良くなるような室内清掃を依頼。

現状とその後

面談当初は、高齢で収入減が年金だけの為、自暴自棄になっておられましたが、比較的安い家賃の賃貸マンションに引越して頂き、生活費の見直しを行い無駄を省いた生活をされておられます。無職であった息子様も積極的に面接に行かれていると聞いております。

相談者のご感想

預貯金が無かった為に、自宅売却後の引越先をどうするかで頭を痛めておりましたが、相談員と一緒に近隣のマンションオーナーに事情を説明し、良心的なオーナー様であった為、事情を納得して頂き、入居時に掛かる費用を分割の支払いで入居できたことに感謝しております。今後は限られた年金収入の中から生活を改善させ頑張っていきます。

担当者の一言

相談前は自暴自棄になっておられましたが、私との面談後は、販売の為の荷物の処分も積極的に協力して頂きました。また、一番時間が掛かり気がかりだった、転居先の選定作業でしたが、良心的な賃貸マンションのオーナー様との出会いが、転居をスムーズに出来、相談者様と二人三脚で乗り切れた達成感を感じました。