お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 土日や祝日もOK 電話発信ボタン

住宅ローンが払えないとお悩みの方に任意売却をご提案致します。任意売却は住宅ローンが残ったまま売却できる方法です。
私たちは任意売却14年のパイオニア。あなたの状況に合った解決方法を蓄えてあります。相談が早ければ早いほど解決できますので、お急ぎでご相談下さい。

離婚後に家を出た夫が夫名義の住宅ローンを滞納した場合の妻へのリスク

養育費・慰謝料代わりの住宅ローン
「住宅ローンの支払いを慰謝料の代わりに」といった要望が、離婚時に夫側から出されることがあります。
しかしこの約束は、ローンの滞納などを考えるとリスクの大きい選択肢と言わざるを得ません。

この記事では実際の滞納時における支払い義務の有無を含め、離婚後に家を出た夫が夫名義の住宅ローンを滞納した場合の妻へのリスクについてご紹介します。

離婚で夫が出て行き妻が夫名義の住宅ローンの残った家に住むという結論の危険性

離婚に際して妻側が経済的に不安定な部分も多く、新しい住居を構えることが難しいため、夫婦で住んでいた住宅を(元)夫が離れた上で、名義は夫のままの住宅に妻が住み続けるというケースも多く見受けられます。

ここで問題となるのが、住宅ローンの支払いがまだ残っている場合です。特に名義人である夫のローン支払いに滞納などがあると、妻側が大きな問題を抱えてしまうことになるからです。

「慰謝料代わりの住宅ローン支払い」は、大きなリスクが残る

大きなリスク

中には、慰謝料や養育費の代わりに、妻が住む住宅のローンを払い続ける約束を交わすこともあるようです。しかし、住宅ローンはあくまでも金融機関などからの借り入れのことであり、夫婦間の約束事である慰謝料や養育費とは性質が異なるものです。
慰謝料や養育費が滞ったとしても家を失うことはありませんが、住宅ローンの支払いが滞ると最終的に家を失ってしまうことになるからです。

住宅ローンの名義人が夫であり、妻がその連帯保証人となっている場合のケースではどうなるのでしょうか?

夫が住宅ローンの支払いを滞納すると、支払いの督促は家に住み続けている妻側に届くことになります。このケースでそのまま住み続けるには、本来であれば慰謝料・養育費を受け取る立場にあるはずの妻がローンの返済を行う必要が生じることとなります。

このように連帯保証人という立場は離婚によっても解消することができないため、妻側にはリスクだけが残ってしまいます。

妻が支払い義務の残った物件に住み続けるためのポイント

住み続ける

妻が連帯保証人になっていない場合、離婚後もそこに住んでいる妻は「使用貸借人」(家賃負担のない借主)であり、名義人である夫の状況によって出て行かざるを得ないこともあります。ローンの滞納や、夫側による物件売却のケースが該当します。

連帯保証人としての債務の有無を問わず、妻が住宅に住み続けるためには、妻名義でローンの借り換えを行うなどの措置を講じておくほうが将来にわたって断然安心です。

妻側の経済的な事情などで借り換えが難しい場合は、債務者である夫と金融機関の合意の元で第三者に任意売却を行い、その第三者から改めて借り受けるという方法(リースバック)などによって、離婚後も妻が住宅に住み続けることが可能となる場合があります。

離婚後のお互いの生活に憂いを残さないためにも、自宅やその住宅ローンの清算は二人できちんと行っておくということがここでの最大のポイントとなります。

 

▼当センターでご相談を受けた「離婚」に関する解決事例集です。起こりうる色々なケースをご参考になさって下さい。▼

離婚に関するケース