お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 土日や祝日もOK 電話発信ボタン

住宅ローンが払えないとお悩みの方に任意売却をご提案致します。任意売却は住宅ローンが残ったまま売却できる方法です。
私たちは任意売却14年のパイオニア。あなたの状況に合った解決方法を蓄えてあります。相談が早ければ早いほど解決できますので、お急ぎでご相談下さい。

離婚による住宅ローン問題の解決

離婚と任意売却

⇒相談員・専門家紹介はこちら

NHKや民放報道で多数取材の実績

任意売却で、多くのメディア出演実績

全国住宅ローン返済相談センター(株式会社エイミックス 代表取締役 貝阿彌佳則)は、任意売却や住宅ローンに関する様々なテーマで数多くのメディアからの取材を受けております。

⇒メディア掲載情報はこちら

 

オーバーローンで支払いが困難な場合、任意売却が出来ます。

離婚と住宅ローンの事例紹介

ケース1 ケース2

ケース3 ケース4

ケース5 ケース6

ケース7 ケース8

任意売却の相談員
相談スタッフ
実績豊富な全国住宅ローン返済相談センターなら、様々なケースの問題に対応できます。
お問い合わせ、ご相談は下記までお気軽にご連絡下さい。

 

 

離婚成立後の住宅ローン返済が厳しい場合は、任意売却で解決

離婚によりローン返済等が厳しい場合の漫画
住宅ローン返済に困っている相談者
相談者
離婚に伴い、考えないといけない事がたくさん有るけど、住宅ローンをどうすれば良いのか…
任意売却の相談員
相談スタッフ
ご相談が一番多い、離婚における住宅ローン問題も任意売却で解決できます。

ご夫婦が離婚することに伴い、出てくるのがマイホームの住宅ローンの支払いに関する問題 です。
マイホームの購入時は『夫婦でお互いに支え合い、共にローンを支払っていく』という金銭消費貸借契約をしていても、別れてしまうと二人で共に支払っていくことは当然難しくなります。

『離婚をしよう』と決めたとき、ほとんどの方は『夫婦二人のプラスマイナスの財産を分けて、後腐れなく綺麗にしたい』と思われることでしょう。
マイホームの住宅ローン返済の問題で、なかなか綺麗に離婚することができずお困りになられるケースも多いです。

離婚における、様々な住宅ローン問題

  • 離婚に合わせて住宅を売却するのか?
  • 住宅を売却せず、どちらかが住み続けるのか?
  • 連帯債務者(または連帯保証人)を変更できるのか?
  • 共有名義になっているが、持ち分はどうなるのか?
  • 夫婦それぞの共有名義の変更はできるのか?
  • 住宅ローンの支払者が滞納した場合、自分に支払の義務はあるのか?
離婚と任意売却の関係

不動産を売却し、その売却益から残りの住宅ローンを返済して余ったお金があれば、それを『財産分与』の対象として分けることもできます。『マイホームを売って返済し、残ったお金を離婚する夫婦それぞれで分ける』というシンプルでスマートな方法です。

ただし、これは住宅ローンの残債務が実勢価格(実際に売却できる価格)よりも少なく、マイホームを売却したお金で残債務をすべて完済でき手元にもお金が残る場合の話です。

ところが売却して残債務が残る場合は、離婚による不動産の財産分与をスムーズに進めることが困難になってきます。

『離婚してマイホームを売却しても残債務が残ってしまう』といった場合、いわゆるオーバーローン状態の住宅については、残りの支払い分に追い足すお金があればいいのですが、追い足すお金がない場合、直ぐには売却出来ない状況になってしまいます。

マイホームの住宅ローンが完済できないと、銀行等金融機関の抵当権も抹消ができず残ったままになります。抵当権が残ったままで実勢価格より抵当権の額が多く、その残債務額で不動産の買い手を見つけるのはなかなか難しいことでしょう。

このような場合は、住宅ローンを組んだご夫婦が金融機関と話し合いを行い、返済しきれないローンを残したままで抵当権を解除してもらう等の必要があります。
それが任意売却という方法なのです!

離婚するにあたり、考えなくてはいけない住宅ローン返済

住宅ローン返済に困っている相談者
相談者
任意売却で解決と言われても、家の名義は主人になっているし…
任意売却の相談員
相談スタッフ
ご安心下さい。どのように進めて行けばいいのか、ケースに応じてご説明させて頂きます。
離婚に伴う住宅ローン問題も早めに任意売却で解決
離婚後も払い続ける

『離婚後も住宅ローンを支払いながら住み続ける』、『自分は離婚してマイホームを出るが、住宅ローンが終わるまで自分の債務分は払っていく』等、離婚後もご夫婦のどちらかがマイホームに住みながら支払いを続けるということをされている方も多数おられます。

しかし、社会情勢、金融情勢の変化が激しい昨今、『離婚後も支払いながら住み続ける』という方も、『自分は離婚してマイホームを出たが、支払いが終わるまで自分の債務分は払っていく』という方も、離婚後のライフスタイルの変化等により住宅ローンを支払うことが困難になられるケースが多いです。

このように、離婚後に住宅ローンを支払うことが困難になり、マイホームを売却せざる得ない状況でも、『離婚した相手にもう関わりたくない』、『離婚した相手に連絡しづらい』といったことなどから問題を後回しにされ、滞納が続いてしまい住宅ローン返済の問題が大きくなった時には、“もう任意売却もできず不動産競売しか選択肢がない”といった事態に陥る方もおられます。

離婚によるライフスタイルの変化もトラブルの元に
ライフスタイルの変化

また、『住宅ローンが残っているので、すぐには売れない』、『どうしたらいいのか分からない』ということで、マイホームの共同名義をそのままにして離婚される方も少なくありません。
しかし、離婚後はお互い別々の生活が始まりますので、どうしてもライフスタイルに変化が起こります。

そもそも夫婦で住むために組んだマイホームの住宅ローンです。離婚によるライフスタイルの変化で、これまでのように返済を続けて行くことができなくなってしまうことは、往々にして起こり得るものです。そのため、思わぬ事態により離婚した後も元パートナーに迷惑をかけてしまったり、逆に迷惑をかけられたりという住宅ローンのトラブルが起こってしまいます。

『どうしてもマイホームを売りたくない。離婚後も支払いながら今の家に住み続けたい』という方も、トラブルを回避できるように不動産の名義や連帯保証の状況をしっかりと把握しておきましょう。

離婚と住宅ローンは、避けて通れない大きな問題です

離婚届

現在離婚を考えておられる方や、既に離婚した方で住宅ローンの支払いが厳しくなってきた方は、このような事態を避けるためにも、早急にマイホームの住宅ローン問題を解決していただきたいと考えます。

住宅ローンの残債が実勢価格より下回る状態いわゆるオーバーローン状態の不動産でも、「任意売却」の方法なら解決することが可能です。
お互いの新しい人生のためにも、離婚が原因による住宅ローン返済の問題について、まずは我々エイミックスにご相談ください。

当センターには、離婚による住宅ローン返済問題の任意売却について実績がある女性相談員も在籍しておりますので、お悩みの奥様からのご相談も親身にお聞きいたします。

また、日本全国において離婚問題に強い弁護士等の専門家とも連携いたしております。
様々な状況のご相談に応じますので、フリーダイヤル 0120-889-281へ、どうぞお気軽にご相談ください。

お客様のために

株式会社エイミックス代表 貝阿彌 佳則
任意売却で社会に貢献をさせて頂きたい

社会的弱者になりうる方を、「任意売却」という手法で競売や破産から回避させ、問題を解決すること。 住宅ローン滞納、延滞、競売開始通知が来たらどうしたら良いか?や、離婚時、離婚後の住宅ローン残債に悩む方々(任意売却、住宅ローン延滞相談)また、収益投資用不動産の任意売却や担保処分、法人所有の担保不動産の企業再生コンサルティングを手がけること。
私たち全国住宅ローン返済相談センター(株式会社エイミックス)は、それらにより社会的弱者となられた方やなりうる方々を任意売却で救済することを使命と考えています。

エイミックス相談員

⇒エイミックスについて更に詳しく

万全の相談者支援体制

個人情報保護、相談室設置など相談者様への配慮
相談室

ご相談をお寄せ下さる相談者様の個人情報など、個人情報保護法の遵守は当然として、細心の注意と、何よりも「配慮」を念頭にご相談内容をお取扱することを徹底しております。
また、ご相談は各地に相談室を設けておりますので、お近くの相談室でのご相談をお受けすることが出来ますし、私共の任意売却専門相談員がお宅にお伺いし、お話をおきかせいただくことも可能です。
さらに、大きな勇気や決心を持って、ご相談にお越し下さる相談者様の為に、個室相談室を用意しております。
ゆったりとリラックスしていただける応接型や、遠方の相談者様の為にパソコンを使ったTV相談が出来る個室もご用意しております。

⇒事務所・相談室のご案内

セキュリティも万全です。
当サイトはHTTPS (Hyper Text Transfer Protocol Secure) というネットショップやネットバンキングで利用される高度なセキュリティで暗号化され、保護されています。

※あなたのご覧のサイトが「https://」 で始まっている場合は、そのサイトはセキュリティーで保護されています。

専門知識を持った自社社員による個別対応
認定証 国土交通省認可

当社では研鑽を積んだプロフェッショナルの専門相談員がご相談者様の問題を解決します。
一部の業者で見られるような、専門性のあるところだけを外部業者に委託するようなことはなく、ご相談者様の現状把握から販売活動、債権者との交渉そして任意売却後の生活の再建まで一貫してコンサルティング致します。
例えば、複雑な権利関係の調整(任意売却等は債権者や利害関係人)、不動産にまつわるあらゆる様々な問題(住宅ローン遅延滞納・競売開始決定後の任意売却相談、競売取下げ、担保権者との交渉、相続問題、賃貸契約の立退き問題)、相続(争族)の税金対策や難しい対応には、自社相談員の不動産コンサルティングマスター(国土交通大臣認定)がコンサルティングさせていただきます。
そしてさらに、弁護士などの専門家ネットワークも持っているため、あらゆるすべてをワンストップで解決する事が可能です。

法律・税・企業再生まで、各専門家ネットワーク
専門家ネットワーク

住宅ローンの問題には、不動産の専門知識は当然ですが、法律や税に関する問題も密接に関わってきます。
離婚、相続、債務整理など、安心して任せられる弁護士や司法書士などの専門家ネットワークを構築し、相談からワンストップでサポートできる体制をお作りしております。
また、弊社は「日本司法支援センター 法テラス」への寄付を行っており、「法テラス」を利用した問題への取り組みも可能です。