全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

離婚するときの住宅ローン問題と任意売却について

相談者
こんなお悩みはありませんか?
  • 離婚するときに持ち家の住宅ローンはどうしたらいいの?
  • ○売却したくても住宅ローンの残債が多くて…オーバーローン状態で売れない
  • ○離婚後、名義など放置状態で住み続けているけど大丈夫?

ここでは、離婚をする際に考えられる「住宅ローン」に関する様々な問題点や、その解決に最適な方法「任意売却」についてお話したいと思います。

離婚時の問題点!残った住宅ローンはどうする?

離婚時の住宅ローン問題

ご夫婦が離婚を決められたとき、マンションなど所有不動産の「住宅ローン」の残債は、その状況次第で大きな問題となってきます。

結婚をして、マイホームの購入するときは『夫婦でお互いに支え合い、2人で住宅ローンを支払っていく』という金銭消費貸借契約をしていても、離婚してしまうと元夫、元妻の二人で共に住宅ローンを支払っていくことは、当然ながら難しくなります。

『離婚をしよう』とご夫婦で決められたとき、ほとんどの場合は夫も妻も『夫婦二人のプラスマイナスの財産を分けて、後腐れなくスッキリ綺麗にしたい』と思われることでしょう。しかし、ご自宅(持ち家不動産)の住宅ローン返済の問題で、ご夫婦がなかなか綺麗に離婚することができずにお困りになられるというケースも多いのです。

では、具体的にはどういった問題が出てくるのでしょう?

まず、マンションなどの自宅(不動産)を「売る」となった場合でもシンプルな場合と複雑な場合があります。自宅(不動産)を売却し、その売却益から残りの返済をして、余ったお金があれば、それを『※財産分与』の対象として夫、妻それぞれ夫婦で分けることができます。

不動産を売って返済し、残ったお金を夫婦それぞれで分ける

というシンプルでスマートな方法です。

ただし、これは住宅ローンの残債務が実勢価格(実際に売却できる価格)よりも少ない状態(アンダーローン状態)で、マイホームを売却したお金で、住宅ローンの残債務をすべて完済でき、さらに手元にもお金が残る場合の話なのです。

その逆の状態、住宅ローンの残債務が実勢価格を上回る(オーバーローン状態)の場合は状況が変わってくるのです。

ではここで、離婚時に考えられる住宅ローンの問題点を具体的に1つ1つご紹介していきましょう。

相談員
相談スタッフ
それでは、離婚時に考えなくてはならない住宅ローンの問題点を挙げました。まず落ち着いて1つ1つ考えてみましょう。

問題点1離婚に合わせて住宅ローン返済中の売却を考える場合

まず大切なことは現在の状況(不動産の価値と残債のバランス)などを把握することです。

離婚に合わせて住宅ローン返済中の売却を考える場合

問題点2離婚後も住宅ローンの残っている家に住み続ける場合

契約内容などによって後々問題を抱えてしまうことがあるのが、そのまま住み続ける場合です。

離婚後住宅ローンの残った家に住み続ける場合

問題点3離婚時の財産分与はどうなる?

売却の話とも重複しますが、こちらも現在の状況の把握が大切です。

離婚時の財産分与 家の住宅ローンに残債がある場合

問題点4離婚後住宅ローンの名義変更はできるのか?

共同名義(共有名義)なのか?変更は可能なのか?今誰の名義になっているのかなど、正しく理解しておきましょう。

離婚する時に住宅ローンの名義変更手続きをする場合のポイントとは?

問題点5連帯債務者連帯保証人(問題点と解除のポイント)

離婚後連帯保証人になったままで放置したら?解除することは出来るのか?連帯債務者との違いは?

離婚と住宅ローンの連帯保証|問題点と解除のポイント

多くの方が住宅ローンの問題を任意売却で解決しています

ご紹介したように、離婚する時のご自宅の処分問題は複雑です。また、その多くの場合そのネックになってくる要因が、住宅ローンの残債が実勢価格を上回る「オーバーローン状態」であるということでしょう。

売却して財産分与するにしても、そのまま住み続けるにしても、そこが大きな問題に繋がるのです。

いい解決方法は無いのでしょうか?

あります。残債務が売却価格を上回っているオーバーローン状態で有効な解決方法があるのです。

それが「任意売却」(にんいばいきゃく)という方法になります。

任意売却は、簡単に説明すると残債が残った状態で売却することができ、その残債務も圧縮できる可能性があり、また残債の返済も債務者が無理のない支払い金額で分割返済する交渉ができるという素晴らしい方法です。

もちろん、メリット・デメリットもありますが、正しく理解し利用していただければ、問題解決には最適な方法なのです。

任意売却とは図解PC版

任意売却とは図解スマホ版

任意売却と通常売却の違い

オーバーローン状態の場合、通常売却ですとそのままでは売却は出来ません。全額返済しないと抵当権が残ったまま(返済が残ったまま)になりますので、当然ながら購入者が出てこないという状況になります。ですので、差額分は現金で資金をご用意頂き、一括返済をする必要があります。

任意売却と通常売却の大きな違いは、債権者との交渉で、この差額を圧縮したり、残債を債務者の経済状況も考え、無理のない金額での分割返済の交渉も可能なところになります。

関連記事

任意売却について詳しくはこちらをどうぞ。

任意売却とは?

任意売却での住宅ローン問題解決事例

私たちにお寄せ頂くご相談の中で、離婚に関するご相談は年々増えています。また、離婚に関する住宅ローン問題と一口に言っても、財産分与や連帯債務、連帯保証での問題、離婚が引き金の収入減など、ご相談者様それぞれのご事情で色々なケースがあります。

では、私たちが任意売却で解決してきた中から、代表的な事例をいくつかご紹介しますので、いまの貴方の場合と一度照らし合わせてみてはいかがでしょうか?

ケース1離婚後の居住トラブル
元嫁が家から出て行かず進まない|全額返済。元奥様からも感謝いただく」
東京都荒川区 志村様(仮名)52歳
志村様緊急度
★★☆☆☆
(期限の利益の喪失)
<ポイント>
支払いを約束した元旦那の支払いが困難に。
 →★住宅ローンが払えない
元妻は住み慣れた家を離れることを拒否
 →★そのまま住み続けたい
解決事例の詳細
ケース2離婚後の名義変更
ギャンブル借金の夫から離婚して連帯債務外したい!|外せないが売却成功し無借金で実家へ」
神奈川県横浜市神奈川区 鳥越様(仮名)43歳
鳥越様緊急度
★★☆☆☆
(期限の利益の喪失)
<ポイント>
元夫がギャンブル好きで借金
 →★貯金を崩して返済、離婚
離婚後生活費も入れず住宅ローンも滞納
 →★共有名義で連帯債務
解決事例の詳細
ケース3離婚後の養育費
養育費代わりの住宅ローン、再婚で生活費圧迫|元妻に粘り強く交渉し自宅売却で完済」
神奈川県横浜市南区 永田様(仮名)48歳
長田様緊急度
★☆☆☆☆
(滞納1回)
<ポイント>
養育費代わりに住宅ローンの支払いを約束
 →★その時は問題なかった
再婚して生活費が切迫し住宅ローン滞納
 →★滞納が続く
解決事例の詳細
ケース4離婚後の収入減少
子供2人引取り離婚、税金も滞納し…|転職も成功し安定収入の中分割返済で子育て奮闘中」
大阪府寝屋川市 池田様(仮名)40歳
池田様(仮名)緊急度
★★★★☆
(滞納5ヶ月目)
<ポイント>
どうしても持ち家が欲しい妻の思いで
 →★元々返済が厳しい
離婚後、収入アップを狙った転職失敗
 →★払えず住宅ローンの滞納続く
解決事例の詳細
ケース5
離婚調停中夫が破産で競売に|債務残るも無理なく分割で養育費も支払われることに」
東京都江戸川区 A様47歳
解決事例の詳細
ケース6
ご主人がアルコール中毒症…離婚での再出発したい|病院にて説得しご主人も自宅売却に納得、無事精算!」
静岡県浜松市 内田様42歳
解決事例の詳細
ケース7
別れた夫の支払い滞り賃貸にするがそれが足かせで|賃借人の退去も決まり売却で完済!」
千葉県市原市 藤井様53歳
解決事例の詳細
ケース8
奥様がカード滞納で離婚、自身も収入減で…|安価なワンルームに引越し任意整理中」
兵庫県明石市 G様41歳
解決事例の詳細

※平成15年の設立から15年で解決してきた事例の代表的なものをご紹介しています。(プライバシー保護の為、相談者のお名前、地域は変更させていただいています。)

関連記事

離婚が関係する任意売却の解決事例集

その他様々な状況での事例がございます。あなたの現状に近いものも比較してみましょう。

任意売却 ケース別解決事例集

ご相談いただいたお客様の声

相談員
相談スタッフ
離婚という大きな問題を抱えながら、住宅ローンの問題にも向き合い、再スタートされた方々です。
皆様抱えていた悩みを1つ解決することで、前向きになられています。
奈良県服部様
奈良県 服部様

元夫が破産
「住む場所」に対する不安がなくなり、子供達と共に安心して暮らせることが幸せ

2018年8月 奈良県北葛城郡 服部様(仮名)
「あの時、エイミックスさんに相談の電話をして本当に良かったです。」

頂いたお手紙

詳細を見る

各務原市尾崎様
奈良県 尾崎様

心強く信じ
売却が終わり安堵しております。

2018年10月 岐阜県各務原市 尾崎様(仮名)
「売却が終わり安堵しております。」

頂いたお手紙

詳細を見る

大阪市奥本様
大阪府 奥本様

売買以外も
エイミックスに電話して良かった。

2018年11月 大阪府大阪市 奥本様(仮名)
「相談して本当によかったなと思いました」

頂いたお手紙

詳細を見る

愛知県岩田様
愛知県 岩田様

自暴自棄から
安心をし立ち直ることが出来る様な気持ちになれました。

2017年11月 愛知県豊橋市 岩田様(仮名)
「この様な気持ちのきっかけとなったのは、古家さん、城田さんのおかげです」

頂いたお手紙

詳細を見る

関連記事

その他多くのお客様から、元気が出るお便りを頂いております。

その他のお客様の声

ライフスタイルの変化が大きな問題

ライフスタイルの変化

『自宅の住宅ローンが残っているので、離婚といってもすぐには売れない』、『どうしたらいいのか分からない』ということで、自宅の住宅ローンの名義を共同名義のままにして離婚される方も少なくありません。しかし、離婚後はお互い別々の生活が始まりますので、どうしてもそれぞれのライフスタイルに大きな変化が起こります。

そもそも夫婦で住むために組んだマイホームの住宅ローンです。離婚によるライフスタイルの変化で、これまでのように返済を続けて行くことができなくなってしまうことは、往々にして起こり得るものです。そのため、思わぬ事態により離婚した後も元パートナーに迷惑をかけてしまったり、逆に迷惑をかけられたりというトラブルが起こってしまいます。

『子供の学校のこともあるし、どうしてもマイホームを売りたくない。住宅ローンを支払いながら今の家に住み続けたい』という方も、このページでお話したように、トラブルを回避出来るように住宅ローンの連帯保証の状況不動産の名義をしっかりと把握するなど、問題点をしっかり確認しておきましょう。

離婚と住宅ローンのまとめ

では、離婚時の住宅ローン問題に関する今回お話したことの要点をまとめておきましょう。

まとめ

  • 1.離婚するとき持ち家の住宅ローン残債が大きな問題となる。
  • 2.ローン中の売却はまず現状の把握が重要
  • 3.口約束など手続きをふまずそのまま住み続けるなどは危険
  • 4.財産分与も現状の把握が重要。
  • 5.共有名義かなど現在の名義がどうなっているか変更可能かも理解しておく。
  • 5.連帯債務者や連帯保証人の問題を理解し対応を確認しておく。
相談員
相談スタッフ
離婚における住宅ローン問題の解決にも定評があります。弁護士など専門家とのネットワークも豊富でワンストップのサポートが可能です!
まずは無料相談からお気軽にどうぞ。

ご相談はこちらの無料相談窓口から。今すぐ対応します。(相談無料、秘密厳守)

GWも休まずご相談対応しています

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

メール相談PC用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用

離婚と住宅ローンカテゴリーのページ一覧

このページのトップへ戻る