メニューボタン 任意売却専門のエイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

差押とは?任意売却相談で差押え登記がある場合

自宅が固定資産税等の税金滞納で差押えされた場合どうなるのか?

住宅ローンの支払いが厳しい方で任意売却の相談でよくあるのは固定資産税等の支払いを放置して役所や税務署から自宅に差押えされてしまうケースが散見されます。

差押登記がついてしまうと原則完済するまでは解除されないと考えてください。

 

自宅や所有している不動産に差押えがつくとどうなるのか?

差押がされても直ぐに公売される事はない

差押されたら公売がすぐにされると勘違いされている方がいますがそうではありません。役所や税務署は債務者が勝手に資産処分をできないようにする手続きです。

国や市町村が差押えをしたからと言って即公売にかけるということはあまりないのである程度の時間はあります。

差押登記がつくとDMが来るようになる。

自宅や所有不動産が差押えられると登記事項証明書(登記簿謄本)に差押と登記されます。法務局の不動産登記受付帳という書類を基に差押登記がされた不動産の地番を特定でき不動産の登記事項証明書を取得して所有者を確認して任意売却の案内や金融業者が営業のDMを送付してくるのです。『大至急ご確認下さい』や『重要』『親展』などの営業の封書が多数来ます。

公売で強制売却も最終的にはなるかもしれません。

前述で述べたように直ちに強制的に売却されてしまうわけではありません。
滞納が延々と続くと役所や国も最終的には公売という手続きを踏んできます。

滞納の期間や金額で公売に進んでいく規定は市区町村や国が案件ごとの個別の判断で決定されていきます。

税金の滞納による差し押さえをされてしまった場合の対処法

差押された役所に返済計画を相談する。

まずは差押をしてきた役所や税務署に連絡を入れて約束をして出向くのが一番です。役所は金融機関や消費者ローンと違って話を聞いてくれます。

現状の生活状況などを正直にお伝えして納税を待ってもらえるように相談してみましょう。誠意をもって役所や税務署に相談することです。

相談をすると大抵の場合は債務者のできる範囲での支払い分割案で応じてくれると思います。

事業者の国税滞納は対応が厳しい。

自営業者など事業を営んでいる方は消費税や所得税といった国税がありますが滞納した場合国税ですので管轄は税務署です。消費税は預かっている税との認識なので特に対応は厳しいですが延滞税も膨らみますので話し合いをしてみるのが大事です。

任意売却依頼のお客様と共に差押解除に同行いたします

債務者様と分割協議の場に同行します。

任意売却をされる場合において全国住宅ローン返済相談室運営の株式会社エイミックスは債務者様とご一緒に市区町村の税金の窓口や税務署に同行し分割協議の場に同行させていただきます。

分割協議がスムーズに進むよう担当者とすり合わせします。

分割協議がスムーズに進むように話し合いを纏めて任意売却の売却時に配分できるよう市区町村の窓口担当者や税務署の担当とすり合わせをさせていただきます。

任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
ふりがな
メールアドレス
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
都道府県
ご相談内容をご記入下さい。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用