全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

住宅ローンの残った家を売りたい。任意売却なら返済中でも売却できる

通常は全額返済が必要

住宅ローンはまだ残っているけど売却したい…転職、失業、病気や離婚など何らかの事情で収入面での問題が出たりすると、住宅ローンの返済中(残債が残った状態)で、自宅(不動産)の売却を考える事態となることでしょう。

しかし、そんな場合に問題となってくるのが、住宅ローンの残債が売却価格を上回る「オーバーローン状態」での売却になるケースです。このような場合、通常の売却で自宅を処分することは出来ません。

では、そんな場合にどういった方法での売却をするのか?それを叶えるのが任意売却(にんいばいきゃく)という方法です。

しかし、この任意売却はとてもテクニカルな面が多く、大手の不動産会社だからといって行えるわけではありません。この任意売却を行って、住宅ローンの残った家を売却する場合は任意売却専門の不動産会社へ依頼することが必須となります。

返済中の売却は状況で変わる

不動産の売却方法は大きく分けて

  • 1. 「通常売却」:住宅ローンの残債を上回る価格での売却
  • 2. 「任意売却」:住宅ローンの残債を下回る価格での売却

の二通りがあります。

1のように自宅(不動産)を売却することで住宅ローンの残債を完済できる場合は、スッキリ住宅ローンを返してしまう訳ですから、問題もなくいわゆる「通常売却」での売却が出来ます。この場合、ネットワークの大きい大手の不動産会社に依頼するのもいいでしょう。

ただ、2の場合が問題です。「任意売却」は、売却をしたくても残債が残ることとなっている場合でも売却する方法で、債権者との交渉で残債の圧縮や、無理のない返済金額での分割払いでの返済を可能にする売却方法です。

この場合に、「大手不動産仲介会社に不動産の売却を依頼しているが、なかなか売却が進まず困っている…」という声をよくお聞きします。

先述の通り、通常売却であれば大手不動産仲介会社に頼まれてもよいのですが、任意売却の場合は大手不動産仲介会社にはない専門スキルとノウハウの蓄積がある任意売却専門の不動産会社のほうが圧倒的に売却がうまく進むケースが多いのです。

そのためのキーワードはズバリ

オーバーローン」です。

では、オーバーローンとはどういうことか?任意売却を進めるにあたって大手不動産会社よりも任意売却専門会社のほうがよい理由はなぜか?をご説明します。

オーバーローンとはどういう状態か?

大手不動産仲介会社に売却依頼をしているにも関わらずなかなか売れないというケースは、オーバーローンの場合がほとんどです。

オーバーローンとは市場で流通する実勢価格よりも住宅ローンの残債が大きく上回っている状況を指します。

オーバーローンの例
これがオーバーローン状態

このケースで通常売却で売ろうとするとどうなるでしょうか?
通常売却は住宅ローン完済での抵当権抹消を前提とした価格設定になります。
具体的には下記のようになります。

オーバーローン状態での通常売却価格設定

オーバーローン状態の価格設定
オーバーローン状態の価格設定

市場流通価格が1700万円なのに380万円も高い2080万円で売り出したとしてもなかなか売却は前に進みません。通常売却では抵当権を抹消するために住宅ローンの完済が売却の第一条件となりますので、どうしても売却価格に制約が出てきてしまいます。

もしこの状況で市場価格に近づけて売却しようとすれば、売主様が持ち出しをいくらできるかという話になってきます。

例えば、売主様が200万円の持ち出しが可能であれば、上記のケースですと1880万円での売却が可能となるということです。オーバーローン状態での通常売却を進めるには、ある程度の売主様の持ち出しができるだけの資力が必要となるのです。

現実的にはそこまで持ち出しをしてまで売却するような余裕が売主様に無い場合が多いので、ずっと完済条件での通常売却での価格設定での売出しを続けることになります。

塩漬け状態
放置され塩漬け状態に!

売却してローンを返済しようと思っていたのに、通常売却に時間がかかっているうちに住宅ローンの支払いがさらに厳しくなってしまったり、資金繰りがますます悪くなってしまうケースも多数見受けられます。

任意売却ならオーバーローンでも売却できます。

市場価格で売却できる
市場流通価格で迅速に売却できる

任意売却であれば、オーバーローン状態であっても、債権者や担保権者と交渉の上、市場流通価格で早く売却することが可能になります。また、残った債務についても交渉により、大幅に圧縮した金額での返済や、状況に応じた支払える額での分割返済が可能です。

現実に大手仲介不動産会社でずっと売りに出していて売れずに、弊社にご相談にお越しになったお客様も多数いらっしゃいます。

いま、大手仲介不動産会社にご依頼で、このオーバーローン状態でなかなか売れなくてお困りの方は、任意売却専門の不動産会社である、私たちエイミックスにお気軽にご相談ください!!

相談員
相談スタッフ
任意売却で失敗しない方法とは、「信頼できる専門家に任せること」です。
任意売却に特化して15年の不動産専門家でる私たちが、お客様にとって最適な方法をプランニング致します。どの任意売却業者がいいかわからない…という方もまずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ、無料相談は下記までお気軽に!ご相談は無料です!秘密厳守

フリーダイヤルPC用

電話相談スマホ用

メール相談PC用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用

クローズアップ現代で特集

大手仲介不動産が任意売却しようとしない理由

大手不動産会社でも不安

住宅ローンの残債を下回る価格での不動産の任意売却は、大手仲介不動産会社であっても取扱い件数が少ないので営業担当者が任意売却に不慣れなことが多いです。また、任意売却の手続きは通常売却よりも煩雑なため敬遠する営業担当者もいます。そして住宅ローン滞納に伴うリスクを会社としても敬遠する傾向にあります。

不動産の任意売却をスムーズに進めて成就させるためには、債権者や担保権者とのネットワークや取引実績がものを言うのですが、大手仲介不動産会社の営業担当者にはそれが無いため、任意売却取引自体に腰が引けてしまったり、任意売却をまったく分かっていないまま債権者や担保権者にとんちんかんな交渉をした結果、ぞんざいな扱いをされてしまうことすらあります。

そういった理由から、任意売却を積極的に進めるよりは通常売却を選択して提案することが多く、任意売却の提案をしないことがほとんどです。

その結果、市場流通価格よりもはるかに高い価格で長期間売出しを続けるが、高いので当然売れない。

いつも売りに出されているので、市場では価格が高いのにずっと売りに出されているという有名物件になってしまい、個人のお客様も仲介不動産会社からも見向きもされなくなってしまい、買主が決まらないという状態が長く続いてしまいます。

結局塩漬け状態
結局塩漬け状態に!

オーバーローンの不動産にはオーバーローンなりの売却の方法があります。市場価格とかけ離れた高値での通常売却を続けても、売れる可能性は低く、売却機会の損失を招き、その結果ご自宅の資産価値を毀損してしまいます。

AI人工知能査定システム「ハウマッ家(チ)」

オーバーローンかどうか無料でAIが即座に判断します

ハウマッ家

あなたのお宅はいまいくら?!住所を入れるだけで即時に査定!面倒なやり取りナシ!すぐ査定完了!A.I(人工知能)搭載のシステムが、不動産ビッグデータを活用して、あなたの自宅の最新価格を瞬時に査定します。

「ハウマッ家(チ)」でオーバーローンだった方は…

「ハウマッ家」でオーバーローンだった方は、今すぐエイミックスへ!

電話相談スマホ用

メール相談PC用

メール相談スマホ用

このページをご覧の方はこのページも

よく読まれている任意売却関連記事です。

任意売却カテゴリーのページ一覧

このページのトップへ戻る