全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

リースバックの流れ

任意売却後にリースバックを行う時の流れをご紹介致します。

不動産を個人投資家など投資家に売却し、その後賃貸契約をすることで、住み慣れた自宅から引っ越すことなく住み続ける事が出来る「リースバック」この「リースバック」を住宅ローンの返済が厳しくなった時の売却方法である「任意売却」で売却して行う時の流れをご紹介致します。

  • ・住宅ローンの残債
  • ・不動産評価額
  • ・賃貸借契約後の支払い能力

などにより、条件に違いがある場合がありますが一般的には次の流れで実行されます。

1.不動産の任意売却売却

任せてください

任意売却後のリースバックをお考えの方は、弊社エイミックスにご相談ください。
住宅ローンの残債など状況を詳しくお伺いした上で、不動産評価・賃料査定などを行い、ご納得頂けたら媒介契約の締結を行います。
媒介契約締結後に不動産売却の手続きを開始いたします。
債権者(借入をしている金融機関など)への任意売却の申し入れ、抵当権の抹消交渉なども任意売却専門の弊社が行いますのでご安心ください。

2.残債の支払い

残債

購入者から支払われた売却代金で、債権者(金融機関など)への返済を行います。


3.購入者と賃貸借契約

賃貸契約

不動産の売却が完了したら購入者と改めて賃貸借契約を締結して頂きます。
賃貸借契約締結後は、売却した不動産を今まで通りお使い頂けます。


4.購入者への家賃(賃料)の支払い

賃料支払

賃貸借契約に従って、購入者(賃貸借契約を締結した貸主)に、家賃(賃料)をお支払いください。


相談員
相談スタッフ
上記のような流れで売却からリースバックが進んでいきます。
もし、不明な点などありましたらお気軽に無料相談窓口までご質問ください。

リースバックの詳しいお話やご相談も下記までお気軽に!(ご相談は無料です)

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

メール相談PC用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用

7.任意売却カテゴリーのページ一覧

このページのトップへ戻る