メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

住み続けるリースバック 3つのメリット・デメリット

様々なご事情で住み慣れた自宅から離れたくない…そんな願いを叶える「リースバック」自宅を売却して家賃を支払って住み続ける方法です。

住宅ローンが払えなくなって売却しなくてはならなくなってもそのまま住み続けれるという解決方法ではあります。ただ、どんな事にもつきまとうことですが、たとえメリットの多い方法でも、すべての方に良いことばかりではありません。リースバックには様々な契約書を作成し借主貸主の約束事を決めて行う方法です。どうしても住み続けたい方はこのリースバックをご提案します。

ここでは、そのリースバックの代表的なメリット・デメリットをそれぞれ3つご紹介致します。

リースバックのメリット

引っ越さず住み続けられる

【メリット 1】
引っ越しをしなくてよい

リースバックは、売却した不動産をそのまま賃貸で使い続けることができますので、引っ越しや立ち退きの必要がありません。お子様の転校に悩んだり、事業所として登録している場合は移転によって取引先に迷惑をかける心配をする必要がなくなります。その上、引っ越しにかかる費用も使わずに済みます。

手間がかからない

【メリット2】
物件管理の手間や費用が不要

所有者から賃貸人という立場に変わりますので当然、固定資産税や都市計画税の支払いは必要ありません!家賃だけ支払えば何の問題もありません。物件のメンテナンスは、所有者(購入者・貸主)が行います。これまでの自宅の維持にかかっていた手間や費用が必要なくなりますので、家計や事業の立て直しに専念して頂けます。

 

買い戻せる

【メリット3】将来買い戻すことができる

今は売却するが将来的に買戻す、というご相談も購入者によっては了承して頂ける可能性があります。契約時に取り決めを交わして置く必要があります。契約の中身は買い戻し時の購入金額や諸費用など盛り込みます。

 

リースバックのデメリット

家賃がかかる

【デメリット1】
家賃(賃料)の支払いが必要

賃貸借契約を結んだ購入者に毎月決められた額の家賃(賃料)を支払う必要があります。
この家賃は期間中の賃料ですので、将来的に買い戻しを希望した場合でも戻ってきません。もちろん賃貸契約書を締結する際には賃貸保証会社に入る必要があります。

期限がある

【デメリット2】
期限が決められる

リースバックの賃貸借契約の期限は無限ではありません。賃貸借契約時にリースバックの期限も設定され、一般的な不動産のリースバックでの期限は2~3年程度の定期借家契約となります。

 

買い戻せないと手放す

【デメリット3】
買い戻せない場合は手放す。

リースバック契約期間に資金を貯めて、買い戻すことを希望される方が多くいらっしゃいます。しかし、リースバック契約期間の間に資金を貯めるか集める必要があり、期間終了時に不動産を買い戻せない場合は、結局自宅を手放すことになってしまいます。

お子様の在学中だけでも…などの期間限定なのか、将来的に買い戻すかを資金的にも計画的に考慮して契約を行わなければなりません。

任意売却とリースバック

任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
ふりがな
メールアドレス
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
都道府県
ご相談内容をご記入下さい。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用