全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

住宅ローン滞納何ヶ月目?滞納は何回目でどうなるのか。

NHKで特集

相談者
ご相談内容
住宅ローンを滞納している
  • ○住宅ローンの滞納は何回目でどうなる?
  • ○どんな問題が出てくるの?

住宅ローンが払えない…と、返済が遅れ、そしてそのまま滞納を放置していたら…

住宅ローンの滞納をそのまま続けると、最終的には住み慣れた家を競売にかけられ「強制退去」に至ることもあるのです。

このページでは、私たちがいままで数多く解決をしてきました、住宅ローンの滞納からはじまる問題事例の中から、住宅ローンの滞納をそのまま続けると、いつどうなるのか?を詳しくお話致します。

今まさに住宅ローンが払えなくなった方、これからなりそうな方も、今のご自分の状況と照らし合わせてご参考になさってください。このページをご理解いただけましたら、住宅ローン滞納後の流れやその解決方法がわかり、新しい生活を始める第一歩にしていただけることと思います。

住宅ローンの滞納は何回目でどうなる?

いきなり取り立ては来ないが…
いきなり取り立ては来ないが…

段階をおって督促が進んでいきます。よくドラマで見るような怖い状況にはなりません。

「サングラスをかけた取り立て屋が家に押しかけてくる」と心配している人がいるかも知れませんが、そんなことにはなりません。では、滞納の期間ごと順を追ってその流れをご説明致します。

1.短期滞納(滞納1~2ヶ月の場合)

電話での督促

収入が減るなどの事情で、住宅ローンが払えなくなり、ついに滞納を1ヶ月してしまったとします。

この段階で既にドキドキされる方もおられるでしょうが、「今月分のローンの引き落としができませんでしたので、次回2ヵ月分をまとめて引き落としをします」といった旨のお知らせ通知が届く程度です。

その後、滞納2ヶ月目も同様なレベルで、金融機関によって方法が若干違いますが、電話などで支払いをするよう督促の連絡が入ります。


2.中期滞納(滞納3~5ヶ月の場合)

督促状

1~2ヶ月の滞納であれば、債務者が銀行口座にお金を入れ忘れた程度とみなしてくれますが、さすがに滞納が3ヶ月目を迎える場合はそういうわけにはいきません。金融機関は担当者を決め、債務者本人と条件変更の交渉を開始します。

この時点で債務者がローン返済の努力をする意思が確認できれば、金融機関もある程度は柔軟に対応してくれるはずです。なぜなら、返済条件を緩和することにはなっても、金融機関はあくまで正常債権としてローンを回収し続けたいからです。

ところが、金融機関からの連絡をほったらかしにしていた場合、督促状が届きます。そこには「滞納分を○月○日までに指定口座に振り込んでください」といった主旨の内容が書かれています。またその期間が長くなるほど、通知の内容は厳しくなっていきます。


3.長期滞納(滞納6ヶ月以上の場合)

催告書

債権者からの連絡や催告書を無視して、住宅ローンの滞納が6ヶ月目に入ると、(金融機関にもよりますが)一般的な流れとしては、「この債務者は住宅ローンが払えない。返済能力が無い。」と金融機関が判断し、次の段階に進む準備を始めます。

次の段階とは、住宅ローンの返済を継続するか、期限の利益を喪失して代位弁済を求めるか、このいずれかを決めることです。その決定を債務者に促すための最後の通告として、この段階で「催告書」が送られてきます。そこには、「○○日までに滞納分の全額と遅延損害金を指定口座に振り込んでください。それができなければ期限の利益を喪失することになります」と通告されています。

ここで重要となるのが『期限の利益の喪失』という言葉です。住宅ローンでは、何千万円という借金を一括で返済するのではなく、「毎月決まった額を何年間かけて返済します」という契約を交わします。このように、契約で定めた返済期限まで住宅ローンを返し切るのを待ってもらう約束を「期限の利益」といいます。

しかし、債務者が住宅ローンを滞納するなど、金融機関と交わした契約内容に違反した場合、「あなたは約束をやぶったので、契約で定めた期限まで待つことができなくなりました。
いますぐ住宅ローンの全額を一括返済してください」と金融機関が債務者に対して求めるのが「期限の利益の喪失」なのです。

もしこの時点で住宅ローンの滞納を解消し、返済を続ける意思がある場合は、最後のチャンスです。

この時点までのローンの滞納分の全額と遅延損害金を一括で支払えば、期限の利益を喪失せず、毎月の返済を継続することができます。その上で、金融機関に返済が遅れた事情を誠実に伝え、今後も毎月のローン返済を続ける意思を明確に伝えれば、返済をしやすい金額でのリスケジュールも検討してくれるでしょう。しかし、全額入金できなければ、期限の利益を喪失することになるのです。

相談員
相談スタッフ
もし住宅ローンが上記の長期の滞納になる方はすぐにお電話ください!
その他の方も時間との戦いです、出来るだけ早く私たちにご相談ください!

ご相談はこちらの無料相談窓口から。今すぐ対応します。(相談無料、秘密厳守)

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

メール相談PC用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用

住宅ローンの滞納を放置し続けると「競売」の可能性も

強制的に家が差し押さえられ、売却が進められる「競売」になってしまう恐れがあります。

そのままさらに長期の滞納が続くと、家は差し押さえられ、最後は強制的に立ち退きを迫られる流れになります。

詳しい話は別の項目でお話していますが、ここでは、簡単に競売までの流れをチャートにしてお見せしましょう。

星マークの解説図

住宅ローン滞納6ヵ月から競売の流れチャート表
1残りの住宅ローンを全部一括して払いなさいという一括請求
★☆☆☆☆

住宅ローンの滞納が6ヶ月を過ぎた時点で、金融機関から「もうこの人は住宅ローンが払えない。返済は不可能だ」とみなされ、金融機関から「残債の全額を一括で返してください」と、問答無用で一括請求されることになります。(期限の利益の喪失)

もはや、この段階では避けることは出来ず「とても払えない!残りを一括で支払うなんて無理です。月々の返済を認めて下さい!」と金融機関にいくら懇願しても、まったく受けつけてはもらえません。一旦、期限の利益を喪失してしまうと、住宅ローンの残債務を全額一括返済するか、家を売却して返済に充てるか、いずれかの方法しか道がなくなるのです。

2保証会社による代位弁済
★★☆☆☆
金融機関は保証会社に「代わりに支払って下さい。」(代位弁済)と求めることになります。保証会社とは、債務者がローンを返済できなくなったとき、代わりに支払ってくれる会社のことです。
3債権者(保証会社など)による競売申し立て
★★★☆☆
代位弁済後は、借りた本人が債務を免れるわけではなく、債務者は保証会社に対して弁済する義務が生じます。
4競売開始決定通知が届く
★☆☆☆☆
代位弁済がなされると、基本的には競売に向けた手続きが進んでいきます。
そして債務者に対しては、裁判所から「競売開始決定の通知」が送られるのです。
5

評価人・執行官による現地調査

★★★★☆
6競売による売却価格の決定
★★★★☆
競売の開始価格は、市場価格の約5~6割程度の価格になるのが、一般的です。
7入札期間
★★★★★
8開札
★★★★★
9競売による売却許可決定
10明け渡し

競売開始決定の通知が届いてから最終的に落札に至るまで概ね5~6ヶ月ほどかかります。

住宅ローンが返済できない場合の解決方法とは?

少しでも早い段階での行動が解決の早道です。

ここでご紹介したように、住宅ローンが払えなくなった場合には、段階をおって督促などの対応がなされます。

その状況に応じて、銀行にリスケジュールをお願いすることや、私たちが専門に行なっている「任意売却」という方法で解決することも可能です。

任意売却のイメージPC用

任意売却のイメージスマホ用

このように、段階ごとに対応の仕方は様々あるのですが、ひとつ大事なことは

段階を追うごとに解決方法は少なくなる。

ということです。住宅ローンの返済が厳しくなる状況は様々かと思います。まだなんとか大丈夫だろう…という考えや、現実を見たくないと先延ばしにしたい気持ちもあるかもしれません。しかし、遅くなればなるほど、滞納を続けるほど、取り返しがつかない状況に陥ることになりかねません。

まず、今どういう状況なのかを冷静に考えて頂き、私たちのような住宅ローン問題の専門家にご相談頂きたいのです。

どんな方法があるかなど、解決方法について詳しくは下記リンクのページをご覧ください。

関連記事

払えなくなったときの対処方法・解決方法

住宅ローンが払えなくなったらどうする?

このページのまとめ

ここでは「住宅ローンが払えなくなったら」の流れや対応についてお話いたしました。では、今回お話したことの要点をまとめておきましょう。

まとめ

  • 1.住宅ローンを滞納すると、段階をおって督促状などで督促が進んでいきます。
    ※いきなり取り立てが来るなどはありません。
  • 2.さらに滞納が進んでいくと「競売」になり差し押さえ、立ち退きを強いられることになる。
  • 3.早い段階で相談するのが解決への近道。
相談員
相談スタッフ
住宅ローンが払えなくなったら。エイミックスの相談員は任意売却の専門知識を持ったプロフェッショナルです。ぜひ、ご相談ください。

お問い合わせ、ご相談は下記無料相談無料窓口までお気軽にご連絡下さい。

電話相談スマホ用

メール相談PC用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用

このページをご覧の方はこちらのページも。

任意売却カテゴリーのページ一覧

このページのトップへ戻る