全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

住宅ローン払えなくなったらどうする?対策・解決方法

相談者
ご相談内容
住宅ローンが払えなくなった
  • ○解決方法はあるの?
  • ○どこに頼めばいいの?

ここでは、数多い住宅ローンでの問題解決事例の中から、「住宅ローンが払えなくなった(なりそう)場合の解決方法」のお話を詳しくしていきましょう。

住宅ローンを滞納している方、返済が厳しい方は、今のご自分の状況を照らし合わせてご覧になってください。

住宅ローンが払えない場合の解決方法とは?

住宅ローンを滞納していると最悪の場合「競売」が行われ、強制的に退去を迫られることにもなりかねません。

その流れは下記の関連リンクに詳しく掲載していますので、ご自分の今の状況把握にお役立ていただければと思います。

ここでは、滞納をしそうな状況から、最終的な解決方法まで、考えられる解決方法をご紹介致します。

関連記事

滞納を始めてからの流れの詳細はこちら

住宅ローンが払えない!どうなる?滞納後の流れ

1.住宅ローンの借り換え

住宅ローンが返済が困難になった状況では現実的ではないですが、まだ滞納をしていない段階ですと、住宅ローン自体の借り換えを行い、月々の負担を軽減することも1つの解決策といえるでしょう。

但し、家を購入されたときと同様の審査があり、住宅ローンも当然ですが、カードやショッピングローン、携帯電話の支払いなどに一切遅れが無いことが条件になります。

2.リスケジュール

まず、借り入れをしている銀行など金融機関へ「リスケジュール(※リスケとも言われます)」の相談をしてみましょう。

「リスケジュール」とは、現在の住宅ローンの条件の見直し(期間延長や一時的な返済の猶予など)を行うことをいいます。

例えば、転職などにより今の収入が住宅ローンを組んだ当時より若干少なくなり、このまま生活を続けていくと先々破綻が見えている…という状況なら、期間の延長を相談し、数年伸ばしてもらうことで月々の収支を元の状態へ戻すことが可能になるかもしれません。

計画的な面からもですが、金融機関の対応の違いも考えられますので、ぜひ滞納を始める前に出来るだけ早い段階で相談をすることをおすすめします。

3.任意売却(にんいばいきゃく)

最もおすすめするのが、この「任意売却」です。

任意売却では、住宅ローンの残債が売却しても残る状態(オーバーローン状態)での売却も可能で、債権者との交渉で、残った債務を圧縮し、無理のない額での返済(例えば月々1万円程度)での支払いで返済していくことが出来る方法です。

また、「リースバック」という方法を併用すれば、住み慣れた自宅に売却しても住み続けるという道もあります。

但し、任意売却を可能にする期間は限られていますので、競売になってしまう前に早期に任意売却を専門に扱う業者へご相談ください。

任意売却とは図解

任意売却とは図解

任意売却住宅ローンの滞納問題などに困った方の解決方法

リースバックとは図解

リースバック…個人投資家などに自宅を購入してもらい、賃貸のように家賃を払うことでそのまま住み続ける方法

4.自己破産

住宅ローン以外にもカードローンや消費者金融などでの借り入れがあり、いわゆる多重債務に陥り、苦しんでいらっしゃる方には自己破産なども1つの選択肢にはなるでしょう。

ただ、住宅ローンの返済に関しては、先述の「任意売却」で債務の圧縮や少額での返済が出来るようになります。この自己破産は何度も出来るものではありませんし、逆にいつでも切れる最後の手段として置いておき、慌てずに任意売却を進めるというのがベストではないかと考えます。

私たちエイミックスでは、ご相談者様の状況も考慮して、最適な解決方法をご提案致します。弁護士など専門家のネットワークも豊富ですので、あらゆる可能性をワンストップで進めていくことが可能です。

「売却する」という選択肢も排除しない

様々な方法をご紹介しましたが、考え込み過ぎないでください。実は解決方法はシンプルです。

そうです、家の所有権をあきらめれば解決方法はいたって簡単なのです。

こういう返済が困難になるような事態になった場合、誰しもが「家を守りたい!」と言う気持ちになり、住宅ローンの返済のために親や知人から融通してもらったりしますが、最悪なのは消費者金融やカード会社等から高利でお金を借りて住宅ローンを返済をしたりする人がいることです。そうなると雪ダルマ方式に借入金が増え、住宅ローンはおろか 消費者金融会社等から借入れたお金の返済にも苦しくなり悪循環を繰り返し、最悪の場合はテレビドラマ等でよく見る光景になってしまうでしょう。

ぜひ、考え込みすぎず「任意売却」を選択肢として考えてください。

絶対にやってはいけないこと

住宅ローンはハッキリ言って、借入できる金融商品の中では金利がおそらく一番安いと思います。それと、払えないから、遅れたからといって、取立て自体も最初の1ヶ月や2ヶ月は電話で連絡が入るぐらいであり、3ヶ月くらいでも督促状が来るなどで、その時点で払えない状況であっても、金融機関に行って誠意を持って話をすれば、返済スケジュールの変更策、先述の「リスケジュール(リスケ)」をしていただけると思います。

金利の安い住宅ローンの支払いを、消費者金融や高金利の金融会社、カードキャッシング等で借りて借金で返済をするというような事だけは決してやってはいけません。

まずは、返済に行き詰まりそうになったり、返済が半年を越えないで遅れている場合でしたら、すぐ私たちにご相談下さい! こういう事態に陥った場合は、まず焦らず、どのようにすればよい方法かを、第三者も交えて冷静に考えることが一番大切です。

その他注意することはありますか?

無いのが一番いいのですが住宅ローン以外の他の債務も併せて解決していきましょう。

住宅ローンだけでなく、金融信販会社などのローン返済などの問題も任意売却で解決可能です。 返済が不能になった方のほとんどは マイカーローンやカードローン、最近では太陽光パネル設置、オール電化への切替えなど金融信販会社以外にもローンがあるのが現状ではないでしょうか?これらのローンは一般債務といい、所有する物件に抵当権などは設定されていない場合がほとんどです。ただし放置しておくと、裁判所に訴えをおこされ敗訴し、強制執行をされることになります。

裁判所が行う主な行動
強制執行強制執行、動産執行、給与差し押さえなどが挙げられます
動産執行裁判所から執行官が訪問し、家の中を調べられ、精神的な負担は計り知れません。
給与差し押さえほとんどの人が会社を辞めるという状況に陥ります。

解決された方の体験談(解決事例)

私たちにご相談をお寄せいただいた方々はどの様な状況を経験されたのでしょうか。

ご相談者様の体験談を一部ご紹介致しましょう。

神戸市A様神戸市A様会社倒産…その後視力も失い預貯金も底をつく|物件売却後生活保護受給も叶う」
兵庫県神戸市 A様(56歳)

倒産収入減少病気生活保護

事例の詳細を見る

神奈川県戸塚様神奈川県戸塚様鬱病で自宅療養、貯金も底をつき…|住宅ローン1,100万残債から200万円の残へ。前向きに心変わる」
神奈川県横浜市鶴見区 戸塚様(仮名)52歳

転職収入減少分割返済

事例の詳細を見る

千葉県岡田様千葉県岡田様多重債務で滞納6回。競売申立に正月も怯えて過ごす…|弁護士介入で破産免責、今の家に住み続ける希望まで叶う」
千葉県八街市 岡田様(仮名)48歳

多重債務競売税金滞納差し押さえ

事例の詳細を見る

大阪府交野市倉治様大阪府倉治様退職したあと仕事が決まらず住宅ローンが払えない!|最大の危機脱し、生活再建に意欲 」
大阪府交野市 倉治様(仮名)64歳

離婚失業障害

事例の詳細を見る

関連記事

その他多くの方々の体験談をご紹介しています。

住宅ローンが払えない人の体験談

このページのまとめ

ここでは、住宅ローンが払えなくなった(なりそう)な場合の解決方法についてお話いたしました。では、お話したことの要点をまとめましょう。

まとめ

  • 1.住宅ローンを滞納が進むと競売になる可能性がある。
  • 2.銀行にリスケジュールをお願いするのは滞納する前が良い。
  • 3.住宅ローンが払えない場合の解決方法は「任意売却」がベスト。
  • 4.自己破産は最終的な手段としてとっておく。
  • 5.住宅ローンの返済のために借り入れをするのはご法度!
  • 6.住宅ローン以外の債務があったら、併せて解決を考える。
相談員
相談スタッフ
住宅ローンが払えなくなったら。エイミックスの相談員は任意売却の専門知識を持ったプロフェッショナルです。ぜひ、ご相談ください。

お問い合わせ、ご相談は下記無料相談無料窓口までお気軽にご連絡下さい。

電話相談スマホ用

メール相談PC用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用

任意売却カテゴリーのページ一覧

このページのトップへ戻る