メニューボタン 全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

住宅金融支援機構フラット35で住宅ローンを滞納したら

住宅金融支援機構フラット35での住宅ローンの返済が厳しくなって延滞してしまったら、いったいどうなっていくのでしょうか?その流れを、順を追って時間の経過とともにご説明します。

1.住宅金融支援機構フラット35延滞後の流れ

①延滞している旨の通知や連絡が届く

住宅ローンの毎月の引落日に何らかの理由で引落しがされないと、窓口になっている銀行担当者から電話で連絡が入ったり、書面で引落がされていない旨の通知が届きます。

1回目は担当者からの連絡だけの場合が多く、2回目以降は連絡だけでなく延滞状態となっている旨の書面での通知が届くようになります。

通知(延滞2回)

◎延滞2回でこのような通知が届きます。


通知(延滞3回)

◎延滞3回ではこのような感じです。

一括請求のくだりが増えていて少し厳しめの文面になっています。


通知(延滞4回)

◎延滞4回でも同じような内容です。


※上記の時点で弊社ご相談頂きますと、さまざまな対策をある程度のゆとりを持って講じることができますので、結果的にご相談者様にとって最も良い形での解決につながりやすくなります。ご安心ください。

②内容証明郵便で『催告書』が届き残金を一括請求される

延滞回数が4~5回以上に増えてくると上記のような『ご連絡』というような形ではなく、内容証明郵便で『催告書』が届きます。

こうなってしまうと、借主は今まで分割で支払うことができていた権利を失う(期限の利益を喪失する)ことになり、延滞分だけではなく残りの残金(元金+利息+遅延損害金等)の一括請求となりますので、今後は分割で月々の支払いを行うことができなくなります。

一括①

◎このような書類が届きます。


一括②

◎先に自らギブアップした場合は代理人から同じ内容で届きます。


文面中の『法律上の手続きをとります』=『競売にかけます』ということです。

分割での支払いができなくなって一括返済を請求されていますので、全額を払うことは困難です。このままなにもしなければ間違いなく競売にかけられてしまいます。

※上記の時点で弊社にご相談頂きますと、文面は厳しくなっていますがまだまだご相談者様にとって良い形での解決に導くことができる可能性は高く残されています。ご安心ください。

③一括請求後(期限の利益の喪失後)の金融機関の窓口が変わる

上記内容証明郵便で一括請求(期限の利益の喪失)の通知がきてしばらくすると、一方的に窓口となる金融機関が変わった旨の通知が届きます。

これ以降の窓口は住宅金融支援機構ではなく、通知に記載されている住宅金融支援機構が業務委託した金融機関となります。

窓口が変わっても債権(貸主)は住宅金融支援機構のままであり、あくまで窓口だけが業務委託によって変わるということです。

ですので今までの一連の流れはそのまま継承されており、一括支払いがなければ競売にかけますという状況に変わりはないということです。

◎このような書類が届きます。

委託① 委託② 委託③

業務委託先によって若干書式が変わりますが内容は同じです。
多くの場合、下記3社に業務委託されることが多いです。

  • エムユーフロンティア債権回収
  • 住宅債権管理回収機構
  • 日立キャピタル債権回収

上記以外にも金融機関の債権管理部門などが引き継いで窓口となる場合もあります。

上記3社は住宅金融支援機構フラット35の融資を受ける際に窓口になった金融機関にてすみわけされています。(三菱東京UFJ銀行が窓口ならエムユーフロンティア債権回収など。)

そこに当てはまらない信金や信組取扱いのフラット35の貸し出しの回収業務はそのままそこの金融機関の管理部門が対応することが多いです。

2.強制的に執行される競売になる前に

この段階で「任意売却パンフレット」というものが届きます。

ここで出来るだけ早く私たちのような任意売却専門の不動産会社にご相談されることをおすすめします。

段階的にここまで来た方は、もう放置もしくは先送りには出来ない段階とお考えください。この段階で何かしらの動きが見られない場合、住宅金融支援機構は、債務者にもう「返済する気がない」「やる気がない」と判断をされてしまい、強制的に執行される法的手段「競売」になってしまうこととなるのです。

競売は自身の意志と関係なく進められ、最終的に立ち退きを迫られることになります。その前に競売と比較し有利な点の多い、「任意売却」を行い、少しでも売却後の生活を楽なものにすることが懸命です。

私たちエイミックスにご相談をいただきましたら、そこから何をどうすべきかをわかりやすく解説し、対応させていただきます。

残された時間には限りがあります。競売になる前に、回避が可能な期間の間に、一刻も早くご相談をお待ちしております。

ご相談は無料です。無料相談窓口からお気軽にご連絡ください。

 
 相談員細貝  
相談スタッフ 細貝
 
任意売却に特化して16年の相談件数も6,000件を超えた私たち全国住宅ローン返済相談センター(エイミックス)にお任せ下さい。
 
 
電話相談スマホ用 メール相談PC用 メール相談スマホ用 ハウマッチスマホ用

3.任意売却カテゴリーのページ一覧

記事を書いた人

任意売却相談員 細貝 和弘
細貝 和弘
ほそがい かずひろ
宅地建物取引士
公認不動産コンサルティングマスター
2級フィナンシャルプランニング技能士
賃貸不動産経営管理士
相続診断士
株式会社エイミックス 東日本事業部長。大手不動産仲介会社の法人営業部の責任者として任意売却部門を立ち上げ、銀行や信用保証会社、債権回収会社(サービサー)などの金融機関および破産管財人弁護士の任意売却のサポート、そして住宅ローンの返済に困窮した方々の相談を受け、300件以上の任意売却コンサルティングを行ってきたこともある任意売却の専門家。

このページのトップへ戻る