全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

住宅ローンの滞納を放置したらどうなる?競売になる前に

相談者

相談者
住宅ローンの返済が厳しくなって…ついに滞納してしましそう…このまま返済が出来ないとどうなってしまうのだろう…

というお悩みに回答しましょう。

 

ご相談をいただくお悩みの中心が、やはり住宅ローンを滞納しそう、滞納しているというご相談です。

ここでは、その数々の事例から「住宅ローンを滞納するとどうなるのか?」のお話を詳しくしていきましょう。

このページのポイント

  • 住宅ローンを滞納したらどうなる?
  • 滞納からの流れと競売までの期間は?
  • 滞納をしていた方はどのように解決したのか?
  • 解決方法はいつまでも出来るわけではない。

1. 住宅ローン滞納から督促状などが届くまでの流れと競売までの期間

住宅ローン滞納後の流れ
図: 住宅ローン滞納からの流れ

住宅ローンの滞納から数ヶ月の流れがあり、差し押さえ、そして競売にかけられ速やかな自宅からの退去が命じられる(強制退去)に至る事になります。

住宅を購入する際に銀行などから利用した住宅ローンの支払いが期限までに出来なくなり、ついに滞納してしまった…その場合どうなるのか?を簡単に説明すると、まず段階的にさまざまな通知が届き、最終的に不動産(自宅)が差し押さえられ、競売に掛けられる…ということになります。

ここでは、住宅ローン滞納から、いつ何が届いてどうなるかなど、をわかりやすくシンプルに挙げてみました。それぞれのタイミングや期限をしっかりと確認し把握しておきましょう。

滞納が続けば、まず銀行など金融機関からの催告状・督促状が届く

住宅ローン滞納後の流れ

リストラや失職による収入減のほか、離婚によって生じる家計の収支の変化など、さまざまな事情によって、住宅ローンの返済が滞ることがあります。住宅ローンの滞納があった場合には、住宅ローンの名義人および連帯保証人には、1~2カ月程度のうちに、その銀行など金融機関から返済を迫る連絡が来ます。ここで返済すれば大きな問題にはなりませんし、今後の返済が難しくなりそうであれば、競売になることを考え、売却や残債の整理についての相談をしておいた方が無難でしょう。

住宅ローン滞納が概ね3カ月程度続くと、催告状あるいは督促状が届くことになります。この段階においては、一刻も早く滞納分を全額返済することが求められます。

「期限の利益」が喪失すれば、住宅ローン残債の一括返済を求められる

通帳と電卓

催告状や督促状を放置したまま滞納から5カ月ほど経過すると、残り1カ月内に滞納分の一括返済がなければ、住宅を差し押さえならびに(競売によって)売却する予告が債務者に届きます。

住宅ローン利用者(債務者)には、返済期限までは分割返済してもよいという「期限の利益」の権利があります。しかし住宅ローンの滞納が続くとこの権利が失われ、残債の一括での返済が求められるのです。これが、「期限利益の喪失」と呼ばれるものです。

住宅ローンの滞納後6カ月の経過が、実際の「期限利益の喪失」のタイミングです。ここで、当該の通知と住宅ローン滞納分の残債一括返済を求める請求が来ることになります。

同時に銀行など金融機関は、保証会社に一括請求を求め、保証会社が代理で返済を行います。(代位弁済

裁判所の権限による「差し押さえ」「競売」を経て残債を返済する

裁判所

代位弁済から一定期間の後、債権者は保証会社に移行し、住宅ローン名義人(債務者)は保証会社(債権者)へ残債を返済することとなります。この段階では債務者の既に期限の利益は喪失しているため、全額の一括返済が必要です。多くの場合、一括返済は難しいため、住宅の任意売却、もしくは競売をもって返済に充てることとなり、代位弁済から1カ月後程度にその旨の通知が債務者に届きます。

競売とは、裁判所の権限によって物件を差し押さえ、売却し、返済に充てる(不足分は、継続して返済が必要)というものです。

競売が決まれば、裁判所から担保不動産競売開始決定通知が届き、不動産(自宅)は差し押さえの状態となります。また、落札者が決まれば速やかに自宅から立ち退かなければなりません。

それを防ぐために有効な方法が「任意売却」なのです。

2.滞納をしていた方はどのように解決したのか?

多くの方が任意売却で問題を解決されています。

このように住宅ローンを滞納し、困難な状況におかれている方はたくさんいらっしゃいます。

では、そのような方々が、どんな状況で、どのように解決してきたのかを、私たちにお寄せいただいたご相談の解決事例からご紹介い致します。

戸田様(仮名)戸田様滞納後、督促の電話に一切出ずに競売の危機!|迅速に対応し早期売却で回避成功 」
愛知県名古屋市 戸田様(仮名)34歳

収入減少競売カードローン

事例の詳細を見る

大場様(仮名)神奈川県大場様ご主人がアルコール中毒症でローン滞納|ご主人の協力も得られ無事完済 」
大阪府交野市 大場様(仮名)42歳

離婚病気

事例の詳細を見る

大場様(仮名)兵庫県B様退職後の支払いができず預貯金も底をつく|任意売却と生活保護受給で生活再建 」
兵庫県加古川市 B様67歳

飲食店経営生活保護遺族年金

事例の詳細を見る

青木様(仮名)青木様リストラから収入減で借金。奥様も倒れ万策尽きる…|借金に追われずご家族4人と愛犬2匹で再出発成功 」
愛知県岡崎市 青木様(仮名)49歳

リストラ破産借金

事例の詳細を見る

その他様々なケースがあります。今のあなたの現状と比較してみましょう。

任意売却 ケース別解決事例集

3.どのタイミングでも競売は回避できるの?

いつまでも出来るわけではありません。

競売を回避し、債務者自身の意志で売却できる任意売却ですが、いつまでも出来るわけではなく期限があります。先述の流れの表にある「任意売却可能期間」にあるとおりで、競売入札期間の開始前までに任意売却の決済を終わらせる必要があります。そしてさらには、期限が迫るほど解決できる可能性もどうしても低くなっていきます。住宅ローンの滞納を始めてから、行動するタイミングが遅ければ遅いほど、残された時間は少ないと考えてください。いま、あなたが住宅ローンを滞納している、滞納しそう…な現状でしたら、今どの状況かをしっかりと自身で把握して、可能な限り早く私たちエイミックスにご相談ください。

ご相談は無料です。1日も早い行動が解決への近道です。

相談員

相談スタッフ
お問い合わせご相談は、私たち全国住宅ローン返済相談センターエイミックスまでお気軽にどうぞ。

PC用電話番号

電話相談スマホ用

メール相談PC用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用

4.関連リンク

不動産競売とは?滞納、差し押さえから競売までの流れ

任意売却と競売の違い

任意売却とは、住宅ローンの返済が厳しい方の解決方法

このページのトップへ戻る