お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 土日や祝日もOK 電話発信ボタン

住宅ローンが払えないとお悩みの方に任意売却をご提案致します。任意売却は住宅ローンが残ったまま売却できる方法です。
私たちは任意売却14年のパイオニア。あなたの状況に合った解決方法を蓄えてあります。相談が早ければ早いほど解決できますので、お急ぎでご相談下さい。

住宅ローンの滞納から競売開始決定通知が届くまでの期間と各種通知が届くタイミング

住宅を購入する際に利用した住宅ローンを滞納してしまった場合、段階的にさまざまな通知が届き、最終的に住宅が競売に掛けられることになります。
ここでは、それぞれのタイミングを確認しておきましょう。

ローン返済の滞納が続けば、まず金融機関からの催告・督促が届く

リストラや失職による収入減のほか、離婚によって生じる家計の収支の変化など、さまざまな事情によって、住宅ローンの返済が滞ることがあります。

ローンの滞納があった場合には、ローンの名義人および連帯保証人には、1~2カ月程度のうちに、金融機関から返済を迫る連絡が来ます。

ここで返済すれば大きな問題にはなりませんし、今後の返済が難しくなりそうであれば、売却や残債の整理についての相談をしておいた方が無難でしょう。

滞納が概ね3カ月程度続くと、催告状あるいは督促状が届くことになります。この段階においては、一刻も早く滞納分を全額返済することが求められます。

「期限の利益」が喪失すれば、ローン残債の一括返済を求められる

一括返済

催告や督促を放置したまま滞納から5カ月ほど経過すると、残り1カ月内に滞納分の一括返済がなければ、住宅を差し押さえならびに(競売による)売却する予告が届きます。

住宅ローン利用者には、返済期限までは分割で返済してもよいという「期限の利益」の権利があります。

しかし滞納が続くとこの権利が失われ、一括での返済を求められるのです。これが、「期限利益の喪失」と呼ばれるものです。

滞納後6カ月の経過が、実際の「期限利益の喪失」のタイミングです。ここで、当該の通知と住宅ローンの残債一括返済を求める請求が来ることになります。

同時に金融機関は、保証会社に一括請求を求め、保証会社が代理で返済を行います(代位弁済)。

裁判所の権限による住宅の「競売」を経て、残債を返済し続けるという状況

裁判所

代位弁済から一定期間の後、債権者は保証会社に移行し、ローン名義人は保証会社へ残債を返済することとなります。この段階では既に期限利益は喪失しているため、全額の一括返済が必要です。

多くの場合、一括返済は難しいため、住宅の任意売却もしくは競売をもって返済に充てることとなり、代位弁済から1カ月後程度にその旨の通知が届きます。

競売とは、裁判所の権限によって物件を売却し、返済に充てる(不足分は、継続して返済が必要)というものです。

競売が決まれば、裁判所から担保不動産競売開始決定通知が届き、住宅は差し押さえの状態となります。競売による落札者が決まれば、速やかに立ち退かなければなりません。

それを防ぐために有効なのが任意売却でもあるのです。