全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

不動産競売手続きの流れ・スケジュール

競売の流れ

ここでは不動産の競売がどんな流れで進んでいくのかを詳しく解説しましょう。

まず、住宅ローンの返済が滞り、滞納を続けていると、債権者は裁判所に競売を申し立てます。そして、そのままその滞納した状態を放置し続けると、最終的にあなたは住み慣れた自宅から強制的に立ち退きを迫られることとなるのです。

それでは、どのタイミングでなにが起こるのかをしっかりと把握し、できるだけ早いタイミングで対応ができるように、この「競売」の流れを順を追って解説していきましょう。

競売手続きの流れ・スケジュール

滞納開始

住宅ローンの滞納 住宅ローンの滞納

何らかの事情によって住宅ローンの返済を滞納してしまいます。

1ヶ月~2ヶ月

督促状 督促・催告書の通知

住宅ローンの借り入れをした銀行や金融機関から督促状催告書の通知が届きます。

督促状と催告書の違いはなんですか?

3ヶ月~6ヶ月

期限の利益の喪失 期限の利益の喪失

滞納から3か月から6か月で期限の利益を喪失しますという通知が届きます。これは住宅ローンを『分割で支払う権利』を喪失することを意味します。

これによって以降の住宅ローンの分割払いが不可能となります。

金融機関が保証会社に代位弁済を要求

保証会社によって代位弁済がされると、これ以降は保証会社から残債の全額を一括で返済してくださいと要求されます。 すでに期限の利益を喪失しており分割で支払う権利を失っているので、分割での返済に応じてもらうことはできません。

競売の申立 競売の申し立て

残債を一括で返済できなければ、債権者が競売の申し立てを行います。担保である自宅を差し押さえて競売で売却して残債を回収するためです。 差し押さえられていますので、所有者は自由に自宅を処分することができなくなります。

8ヶ月前後

競売開始決定通知が届く 競売開始の決定

債権者の競売申し立てが受理されると、裁判所から競売開始の通知「競売開始決定通知書(担保不動産競売開始決定通知書)」が所有者に届きます。

「競売開始決定通知書」が来てからの任意売却と業者選び

9ヶ月前後

執行官の訪問 裁判所から執行官の訪問

自宅を競売にかけるために必要な資料である『3点セット』を作るための物件調査「現況調査」の為に、裁判所から執行官が自宅に訪問してきます。たとえ留守でも開錠して中に入り調査を進めます。また、そこで撮影された宅内外の写真などはインターネットなどで公開されることとなります。

裁判所から執行官が来るのですが、どうしたら良いでしょう?

10~12ヶ月任意売却のラストチャンス

期間入札の通知

競売の入札期間を知らせる通知が届きます。

競売取り下げ!不動産の競売を回避して任意売却できるのはいつまで?

12ヶ月前後

入札期間~開札

競売の入札が開始され、開札日に落札者が決定します。

立ち退き 立ち退き

競売で落札されると所有者が変わり、前所有者は立ち退きをしなければいけません。ここでの引っ越し代や動産の処分代は前所有者が自身で準備することになります。期日までに立ち退きができなければ明け渡し強制執行をかけられて強制的に屋外に家財すべてとともに出されることになります。

競売の落札後から強制立ち退きまでの流れ

今すぐご相談ください

競売の流れを止めるには任意売却という方法があります。

但し、その時間は限られています。もしいま、あなたが上記の流れの中にいるのなら、早ければ早いほど解決への近道です。

ご連絡いただければ、現状をお伺いし、競売を止める為今すぐ任意売却を行う準備を始めます。

エイミックス相談員

法律・税の問題など幅広い専門家ネットワーク

専門家ネットワーク

住宅ローン滞納の問題は、不動産の専門知識は当然、法律や税に関する知識、またその資格も必要になります。
私たちエイミックスは、問題解決のために安心して任せられる弁護士・司法書士の専門家ネットワークを構築し、ご相談からワンストップでお客様をサポートできる体制づくりをしています。
また、エイミックスは「日本司法支援センター 法テラス」への寄付を行っており、「法テラス」を利用した問題への取り組みも可能です。

相談員
相談スタッフ
あなたの状況お聞かせ下さい!今からどうすべきかなど対応をご説明させていただきます。質問だけでも結構ですので、まずはお話しを聞かせて下さい。

ご相談はこちらの無料相談窓口から。今すぐ対応します。
(相談無料、秘密厳守)

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

メール相談PC用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用

競売での解決事例

 
   
相談スタッフ
 
私へご相談いただき解決してきた競売での解決事例の一部です。
いまのあなたと同じ境遇の方がいらっしゃるかもしれません。あなたに似た事例を参考にご覧ください。
 
 
京都府京都市京都府伏見様自営不振で税金まで滞納、差押え。

結果:競売入札1ヶ月前に売却成功
京都府京都市 伏見様(仮名)66歳
自営業の売上低迷が続き、年金と合わせても住宅ローンの支払いが辛くなる。借入先銀行に相談し2年間のリスケをしてもらうが、それでも追いつかず…

自営業固定資産税税金滞納

残債:2,160万円

事例の詳細を見る

埼玉県草加市埼玉県小山様若いとき収入良く年金払わず…不景気で収入減り年金受給もなく

結果:任意売却後生活考え残債務は債務整理
埼玉県草加市 小山様(仮名)66歳
若いときに自営業で収入が良く、年金の支払いをして来なかった小山様。不景気の影響で収入が減り、貯金もそこをついてしまい、ついに地方裁判所から競売開始決定通知が届き…

自営業年金無し債務整理

残債:1,800万円

事例の詳細を見る

大阪府摂津市大阪府鶴野様店舗付き鉄骨二世帯住宅仕様…競売までのカウントダウン進む

結果:困難な物件も売却成立!
大阪府摂津市 鶴野様(仮名)73歳
破綻し整理回収機構が窓口となり毎月20万円の返済を継続していました。8年前に舅の商売がうまく行かず、住宅ローンの減額返済手続きした経緯あり。舅は1年前に自営業を辞め、現在は年金生活。また長男もリーマンショックで転職しましたが、長続きせず退職し再度転職。舅に内緒で債務整理もしており…

二世帯住宅収入減少自営業

残債:540万円 税金滞納:226万円

事例の詳細を見る

関連記事

その他多くの事例があります。

任意売却 ケース別解決事例集

競売のよくある質問(Q&A)

Q .競売開始決定通知書が届きました。どう対応したらいいのでしょう?

A.ご安心ください、大丈夫です。『競売開始決定通知書』が届いてもまだ任意売却で回避出来ます。

ただし、競売の入札期間が始まる前までに任意売却の決済を完了させる必要がありますので、まさに時間との戦いとなります。今まさにその状態でしたら、すぐ私たちにご相談ください。もう迷っている時間はあまりありません。

Q .競売と任意売却の違いは何ですか?

A.競売と比べメリットが多いのが任意売却ですが、まず「自身の意志」で売却活動が出来るのが大きなところでしょう。

競売は自身の意志とは関係なく強制的に進められます。それもあり、売却価格が任意売却と比較し安価に取引され、残債が多く残ることとなります。また任意売却では、交渉で残債を大きく圧縮することも出来ますし、無理のない金額での分割返済に応じてもらえることもあるのです。(一般的に月々1万円程度)残債はその後の生活を変える大きな要素ですので、大きな違いと言えるでしょう。その他のも多くの違いがありますので、詳しくはエイミックスのサイトをご覧ください。

Q .マンションの管理費滞納でも競売になるの?

A.滞納を重ねると最終的に競売になることも十分にあり得ます。少額なので安易に考えてしまいがちですが、金額が積み重なると結構な金額になっています。そして、滞納を重ねると競売を申し立てられることもあるのです。

また、住宅ローンの返済にお困りの方が、この管理費も支払いが厳しくなり滞納しているという流れは非常に多く、管理費の滞納も重なり住宅ローンの返済自体が出来なくなって、競売に至るケースも多くあります。軽く考えず、滞納を重ねる前に、私たちのような専門家にご相談いただくことをおすすめ致します。

関連記事

その他役立つ任意売却に関するQ&Aです。

任意売却Q&A よくある質問

競売カテゴリーのページ一覧

このページのトップへ戻る