メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

住宅ローン払えない!どうなる?滞納後の流れと対処方法

住宅ローンが払えない場合の悩みを解消しましょう。

住宅ローンが払えなくなったらその後どうなっていくのでしょう。また、払えなくなった場合はどうしたらいいのでしょうか。

ここでは、「どうなる?」として、住宅ローンを滞納した後の滞納期間ごとの流れなどをご紹介し「どうする?」で払えなくなった場合の対処方法をご紹介しています。


 

住宅ローンを滞納していたらどうなる?

住宅ローン滞納後、3段階の流れ

督促電話を受ける女性

住宅ローンを滞納した状態でそのまま放置を続けると、段階的に督促などが行われ、最終的には取り返しのつかないことになりかねません。

あなたがもし、滞納をせざるを得ない状況になったら、すでにその状況なら、少しでも早い段階でアクションを起こさなければ、どんどんと状況は悪化していく事は間違いありません。

ここではその滞納後の段階を短期、中期、長期の3つに分類し、滞納しているとその後どうなるか?その時どうしたらいいのか?を流れに沿って紹介していきましょう。

1.短期滞納(滞納1~2ヶ月)

短期滞納

電話などでのお知らせ

収入が減るなどの事情で、住宅ローンが払えなくなり、ついに滞納を1ヶ月してしまったとします。

この段階で既にドキドキされる方もおられるでしょうが、「今月分のローンの引き落としができませんでしたので、次回2ヵ月分をまとめて引き落としをします」といった旨のお知らせ通知が届く程度です。その後、滞納2ヶ月目も同様なレベルで、金融機関によって方法が若干違いますが、電話などで支払いをするよう督促の連絡が入ります。

ここで間違ってはいけないのは、「まだ大丈夫」ということではなく、この期間が「問題解決のチャンス」と考えましょう。住宅ローンが払えなくなった場合、滞納1~2ヶ月の初期の段階がいくつかの解決方法を検討できる絶好の機会なのです。ここで、滞納を避けようとその場しのぎで補填して引き伸ばすなど、「払えない」要因である根本的な問題をそのまま放置していても、結果的には同じ状況に陥ります。払えなくなったら早い段階でのご相談をおすすめします。

 

 今すぐ専門家に相談

専門家に一度相談するのに最もいいタイミング

住宅ローン問題の解決は、早ければ早いほど良いのですが、早期であるこの段階が解決策の選択肢が豊富な、専門家に一度相談するのに最もいいタイミングです。
私たちエイミックスでは、無料相談窓口を設けていますので、ご相談いただければ、どんな方法があるかなど、あなたに合った方法を詳しくお話させていただきますので、ぜひ無料相談をご利用下さい。

 

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

 

2.中期滞納(滞納3~5ヶ月)

督促状督促状

督促状が届く

滞納が3ヶ月目を迎えると、金融機関は担当者を決め、債務者本人と条件変更の交渉を開始します。

この段階で債務者が住宅ローンを支払う努力をする意思が確認することができれば、金融機関もある程度は柔軟に対応してくれるはずです。なぜなら、返済の条件を緩和することにはなったとしても、金融機関としては、やはり正常債権として今後も住宅ローンを回収し続けたいからです。

ところが、金融機関からの連絡をほったらかしにしていた場合、督促状が届きます。そこには「滞納分を○月○日までに指定口座に振り込んでください」といった主旨の内容が書かれています。またその期間が長くなるほど、通知の内容は厳しくなっていきます。


 

3.長期滞納(滞納6ヶ月以上)

催告書催告書

催告書が届き、さらに…

債権者からの連絡や催告書を無視して、住宅ローンの滞納が6ヶ月目に入ると、(金融機関にもよりますが)一般的な流れとしては、「この債務者は住宅ローンが払えない。返済能力が無い。」と金融機関が判断し、次の段階に進む準備を始めます。

次の段階とは、住宅ローンの返済を継続するか、期限の利益を喪失して代位弁済を求めるか、このいずれかを決めることです。そして、決定したことを債務者に促すための最後通告として、この段階で「催告書」が送られてきます。そこには、「○○日までに滞納分の全額と遅延損害金を指定口座に振り込んでください。さもなければ期限の利益を喪失することになります」との通告がされています。

ここで重要となるのが『期限の利益の喪失』という言葉です。住宅ローンでは、何千万円という借金を一括で返済するのではなく、「毎月決まった額を何年間かけて返済します」という契約を交わすことになります。このように、住宅ローンの総額を契約で定めた返済期限まで、全てを返し切るのを待ってもらう約束を「期限の利益」といいます。

しかし、債務者が銀行など金融機関との契約に違反する行為(住宅ローンを滞納するなど)をした場合、「あなたは約束をやぶったので、契約で定めた期限まで待つことができなくなりました。
いますぐ住宅ローンの全額を一括返済してください」と金融機関が債務者に対して求めるのが「期限の利益の喪失」なのです。

もしこの段階で、滞納している住宅ローンの返済を解消し再び月々の返済を続ける意思がある場合は、最後のチャンスです。

この時点までの住宅ローンの滞納分全額と遅延損害金を一括返済すれば、「期限の利益」の喪失をせず、今後も月々のローン返済を続けることができます。その上で、金融機関に返済が遅れた事情を誠実に伝え、今後も毎月のローン返済を続ける意思を明確に伝えれば、返済をしやすい金額でのリスケジュールも検討してくれるでしょう。しかし、全額入金できなければ、期限の利益を喪失することになるのです。

もしこの先も住宅ローンが払えない状況が変わらず、上記の長期の滞納になる方はすぐにお電話ください!その他の方も時間との戦いです、出来るだけ早く私たちにご相談ください!
ご相談はこちらの無料相談窓口から。今すぐ対応します。
(相談無料、秘密厳守)

 

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

 

>>このページのトップへ戻る

 

ここからさらに滞納が続くと…

ここでお話した状態から、さらに住宅ローンが払えないままに滞納が長期に続いた場合、強制的に家が差し押さえられる「競売」になり、売却が進められます!そうならない為には、競売が進んでしまう前に「任意売却」という強制的に行われる競売よりもメリットの多い方法で売却することが必要です。

但し、競売を避け任意売却を行える時間は限られています。

 

関連コンテンツ

競売で売却されるまでは時間がありません。

家が競売にかけられたらどうなる!?回避できる期限とは?

>>このページのトップへ戻る

 

住宅ローンが払えなくなったらどうする?

住宅ローンの返済が困難になった時の対処方法

住宅ローンが払えない、今後払えそうにないとお悩みの今後先行き不安な方達に、弊社が今までに蓄積したノウハウ、解決事例や対処方法をお伝えして、今の不安を少しでも取り除けたらと思います。

返済出来なくなったらまず最初にどこに相談をするの?

最初の相談は銀行

何らかの事情で払えなくなった場合は、住宅ローンの貸出先である銀行や金融機関に、

住宅ローンが払えない」という事情を説明すること

が何より一番最初にしていただきたいことです。

債権者である銀行や金融機関は、事情により住宅ローンの返済が厳しい方から相談があった場合、その方に対して返済条件の見直しをしてくれます。これをリスケジュールと言います。※略してリスケと呼ぶこともあります。

一時的な収入の落ち込みで回復する見込みがあるのなら、支払い可能な額や期間など返済計画を債権者(銀行や金融機関)と相談して、リスケジュールを申込んでみてください。 きちんと話をすれば意外とリスケジュールに応じていただけます。

金融円滑化法という時限立法があった際は、ほぼ全員が認めてくれていました。現在、その法律はなくなりましたが、引き続き政府は、払えない方に対して金融機関にリスケジュールを柔軟に対応するように通達していると言われています。

 

自宅売却を考える

住宅ローンがこの先も払えない心配がある場合、売却をしたらどうなるのか?と考えるのも一つの手段です。

そこで大事なのは、売却したらいくらで売れるのか?売却益が出るのか?それとも売却してもローン残債額が全額払えるのか払えないのか?というところです。

まずは、自宅や所有不動産の現在売却したらいくらで売れるのかの査定をしないと答えが出ません。そこで簡易査定にはなるのですが、不動産ビッグデータを活用した弊社の人口知能AI搭載システム「ハウマッ家(チ)」で自宅や所有不動産の現状査定額がどうなのかを把握してみてください。 査定額が解れば進む方向性も見えてくると思われますし、方向性が見えない場合は気軽に相談メールや電話で相談ください。もちろん相談は無料で秘密厳守です。

 

住宅ローンが払えない場合の考えられる様々な対策

1.住宅ローンの借り換え

住宅ローンが返済が困難になった状況では現実的ではないですが、まだ滞納をしていない段階ですと、住宅ローン自体の借り換えを行い、月々の負担を軽減することも1つの解決策といえるでしょう。

但し、家を購入されたときと同様の審査があり、住宅ローンも当然ですが、カードやショッピングローン、携帯電話の支払いなどに一切遅れが無いことが条件になります。

2.リスケジュール

まず、借り入れをしている銀行など金融機関へ先述した「リスケジュール」の相談をしてみましょう。

「リスケジュール」は、現在の住宅ローンの条件の見直し(期間延長や一時的な返済の猶予など)を行います。例えば、転職などにより今の収入が住宅ローンを組んだ当時より若干少なくなり、このまま生活を続けていくと先々破綻が見えている…という状況なら、期間の延長を相談し、数年伸ばしてもらうことで月々の収支を元の状態へ戻すことが可能になるかもしれません。

計画的な面からもですが、金融機関の対応の違いも考えられますので、ぜひ滞納を始める前に出来るだけ早い段階で相談をすることをおすすめします。

3.任意売却(にんいばいきゃく)

最もおすすめするのが、この「任意売却」です。

任意売却では、住宅ローンの残債が売却しても残る状態(オーバーローン状態)での売却も可能で、債権者との交渉で、残った債務を圧縮し、無理のない額での返済(例えば月々1万円程度)での支払いで返済していくことが出来る方法です。

また、「リースバック」という方法を併用すれば、住み慣れた自宅に売却しても住み続けるという道もあります。

但し、任意売却を可能にする期間は限られていますので、競売になってしまう前に早期に任意売却を専門に扱う業者へご相談ください。

 

4.自己破産

住宅ローン以外にもカードローンや消費者金融などでの借り入れがあり、いわゆる多重債務に陥り、苦しんでいらっしゃる方には自己破産なども1つの選択肢にはなるでしょう。

ただ、住宅ローンの返済に関しては、先述の「任意売却」で債務の圧縮や少額での返済が出来るようになります。この自己破産は何度も出来るものではありませんし、逆にいつでも切れる最後の手段として置いておき、慌てずに任意売却を進めるというのがベストではないかと考えます。

私たちエイミックスでは、ご相談者様の状況も考慮して、最適な解決方法をご提案致します。弁護士など専門家のネットワークも豊富ですので、あらゆる可能性をワンストップで進めていくことが可能です。

 

絶対にやってはいけないこと

住宅ローンはハッキリ言って、借入できる金融商品の中では金利がおそらく一番安いと思います。それと、払えないから、遅れたからといって、取立て自体も最初の1ヶ月や2ヶ月は電話で連絡が入るぐらいであり、3ヶ月くらいでも督促状が来るなどで、その時点で払えない状況であっても、金融機関に行って誠意を持って話をすれば、返済スケジュールの変更策、先述の「リスケジュール(リスケ)」をしていただけると思います。

金利の安い住宅ローンの支払いを、消費者金融や高金利の金融会社、カードキャッシング等で借りて借金で返済をするというような事だけは決してやってはいけません。

まずは、返済に行き詰まりそうになったり、返済が半年を越えないで遅れている場合でしたら、すぐ私たちにご相談下さい! こういう事態に陥った場合は、まず焦らず、どのようにすればよい方法かを、第三者も交えて冷静に考えることが一番大切です。

 

その他注意することはありますか?

無いのが一番いいのですが、住宅ローン以外の他の債務も併せて解決していきましょう。

住宅ローンだけでなく、金融信販会社などのローン返済などの問題も任意売却で解決可能です。 返済が不能になった方のほとんどは マイカーローンやカードローン、最近では太陽光パネル設置、オール電化への切替えなど金融信販会社以外にもローンがあるのが現状ではないでしょうか?これらのローンは一般債務といい、所有する物件に抵当権などは設定されていない場合がほとんどです。ただし放置しておくと、裁判所に訴えをおこされ敗訴し、強制執行をされることになります。

裁判所が行う主な行動
強制執行 強制執行、動産執行、給与差し押さえなどが挙げられます
動産執行 裁判所から執行官が訪問し、家の中を調べられ、精神的な負担は計り知れません。
給与差し押さえ ほとんどの人が会社を辞めるという状況に陥ります。

 

任意売却で住宅ローン返済とオーバーローンの悩みを解決しませんか?

住宅ローンが払えないままの状態がさらに長期に続いた場合、強制的に家が差し押さえられる「競売」になり、売却が進められます!そうならない為には、競売が進む前に「任意売却」を行なうことでこれを回避することができるのです。

 

任意売却(にんいばいきゃく)で解決できます。

住宅ローンが払えなくなった場合に、自宅や、所有している不動産を強制的に売却させる競売から回避させる手法がこの任意売却なのです。

また、この任意売却は、住宅ローンの残債が上回る場合(売却しても残債を払いきれないオーバーローン状態)での売却が可能な解決方法です。

任意売却は、非常に専門性の高い手法です。ご相談は当社のような住宅ローン返済問題専門の任意売却専門不動産業者である全国住宅ローン返済相談センター(エイミックス)にご相談ください。

 

 

 任意売却とは?

住宅ローンが払えない人の解決方法

任意売却とは、債権者の合意のもと、自宅など不動産を自分の意志で売却し、残った債務を債務者(あなた)の状況も考えて現実的な返しやすい金額で返済できるようにし、また分割での返済も認めて貰える場合もある解決方法です。
自分で売却することになりますので、市場価格で売れる可能性が高く、残る債務を減らすことが出来るのです。

任意売却とは?

 

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

 

>>このページのトップへ戻る

 

住宅ローンが払えず任意売却された方の解決事例

関連コンテンツ

そのほかの任意売却された方の解決事例はこちらへ

任意売却相談解決事例

>>このページのトップへ戻る

 

任意売却のQ&A(よくある質問)

Q .住宅ローンが払えなくなったら自己破産になるのですか?

A.自己破産にはなりません。

正確には、自己破産をする必要はないということになります。

状況にもよりますが、住宅ローンの返済が出来なくなったからと言って必ずしも自己破産が最良の選択肢ではなく、任意売却という売却方法で殆どの場合が解決可能になっています。逆に言うと自己破産は何時でも出来ますので、最後の手段としてとっておき、まず任意売却などを進めていくのが良いと考えます。

自己破産と任意売却

Q .マンションの管理費や修繕積立金も払えなくなっていますが大丈夫ですか?

A.大丈夫です。ご安心下さい。

住宅ローンが払えない状態の方は、何らかの事情で収入などが減っている方が多く、当然ながら管理費や修繕積立金も払えなくなっている方は多くいらっしゃいます。最終的には、住宅ローンの債務と同様に「任意売却」での売却時に売却代金の中から支払う形になります。

マンションの管理費や修繕積立金を滞納し続けたら?

Q .督促状と催告書の違いはなんですか?

A.住宅ローンを滞納し始めた方と、滞納6ヶ月を過ぎる方との違いがあります。滞納を始めて1ヶ月から3ヶ月の方に銀行など金融機関から届くのが「督促状」です。督促状というのは、その字のごとく「早く返して下さいよ~!」と言う督促なので、滞納している金額を入金をすれば、元の状態に戻ります。

一方、滞納6ヶ月を過ぎた方にやってくる「催告書」は、”貴方と現在住宅ローンを契約で結んでいますが支払いが滞り督促をしたが支払ってくれないので割賦販売をやめますので一括で支払ってください!”というかなり厳しいことを書いて返済を求めてきます。これは、債権者側から言うと「あなたとはこれで取引をやめます!」と言う意味合いなのです。もし、貴方のところに催告書や督促状が届きだしたら、遠慮なくすぐにご相談下さい。

督促状と催告書の違いはなんですか?

 

関連コンテンツ

その他役立つ任意売却に関するQ&Aです。

任意売却Q&A よくある質問

 

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

代表書籍

>>>このページのトップへ戻る