全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

連帯債務者(れんたいさいむしゃ)

連帯債務者は、債務(借りた金銭を返済する義務)を主債務者と同等に負うものを指します。例えばご夫婦合算で住宅ローンを組まれた場合などです。これは夫と妻という複数の債務者が銀行など債権者に対して同じく追うべき債務のある状態にあります。

よく似た名称の「連帯保証人」は、似て非なるもので、また違った債務の負い方になります。


関連語句

関連記事

参考リンク

Wikipedia

連帯債務(れんたいさいむ)とは、数人の債務者が、同一の内容の債務について、独立して全責任を負う債務。連帯債務が念頭に置いているのは金銭債務であり、債権者は各債務者に対して債務の全額を請求をすることができる(民法第432条)。 債権が独立のもので、主従の差がなく、債権者は、一人に対する債権を譲渡できる点で保証債務とは異なり、保証債務より強力な担保となる(人的担保の一種)。また、各債務は独立のものであるので、債権者は一人に対する債権を分離して他者に譲渡できる。”

出典:「連帯債務」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2019年3月07日 (木) 12:00 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/連帯債務/