メニューボタン 任意売却専門のエイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

リースバック(セールアンドリースバック)任意売却用語辞典

リースバック

 いまお住いの自宅を投資家に購入してもらい、賃料(家賃)を払うことで住み続けるという方法で、セールアンドリースとも呼ばれます。

同じような方法の親子間売買のできる相手が見つからない場合で、自宅に思い入れがあるなど、子供の学校区の問題などで、今の住まいを離れられないという方におすすめする方法で、自宅を売却した後、購入した新所有者である第三者より当該物件(自宅)に対して賃料(家賃)を支払い、大体1年から5年間くらいの一定の期間を設けて借り受ける契約をする事で、今の自宅を賃貸住宅として住み続けるのです。売却時に買い戻しを前提に計画的に話をしておけば、期間終了後に買い戻すことも可能です。


とても難しい住宅ローン返済困難時のリースバック

住み続ける為悩む

自宅を売却したいが先述のようにお子様の学区の問題などで住み続けたい。そんなときにこのリースバックはとても有効な方法です。

但し、これが住宅ローンの返済が滞るなど、返済が難しい状況では実施が難しく、リースバックを大きく宣伝している専門業者や大手不動産会社などでは受け付けてもらえないことが多くあります。また、受け付けてもらえても、そもそもの住宅ローンの問題が解決できず、競売になって手放さなければならなくなってしまう恐れも出てきます。

ではどうしたら良いのでしょう?

そんな住宅ローンの返済が苦しいお客様でもリースバックと任意売却を併用すれば、返済が困難になり、売却せざるを得なくなっても、住み慣れた自宅やその環境にそのまま住み続けることが可能になってくるのです。

「リースバックの専門業者や大手不動産会社では受け付けてもらえなかった…」

そんな場合は、任意売却専門の業者に相談すれば良いのです。住宅ローンの返済の問題を債権者と交渉するなど、適切な手順を踏んで任意売却を行うことで、払えない状況でもそのまま今の家に住み続けるリースバックが可能になるのです。

リースバックとは

関連記事

住宅ローンの返済が困難な方はこちらもご覧ください。

リースバックと任意売却セットでそのまま自宅に住み続ける

任意売却は専門業者へ

任意売却は専門的な知識と経験が必要な難しい方法です。ぜひ専門的に任意売却を行ってる業者にご依頼ください。

相談員細貝

任意売却相談員(細貝)
私たちエイミックスは任意売却を専門に取り組み17年の専門家。特に最近急増しているリースバックの実績も豊富です。まずはご質問等など、かんたんなことでも結構です。ぜひ無料相談窓口からご質問ください。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

メール相談PC用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用

関連語句

関連コンテンツ

 

任意売却用語辞典トップへ