全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

物上保証人(ぶつじょうほしょうにん)

物上保証の抵当

物上保証人とは、連帯債務者、連帯保証人ともまた違った保証人となります。

連帯保証人などとは違い、債務に対しての弁済義務はありません。例えば住宅ローンを組んだ子供のためにその父親が土地を担保にするというような流れです。このケースは父親が「物上保証人」となります。

ここで、主債務者の息子が住宅ローンの返済ができなくなった場合、抵当権が実行され、担保にした父親の土地が奪われることとなりますが、足りないお金を請求されることはありません。あくまで、担保不動産を差し出すだけとなります。連帯保証人の場合ですと土地を差し出した上に、残った債務を支払う義務も発生するということになります。

なんとなく似た名称ですが大きな違いのあることがおわかりいただけたでしょうか。

関連語句

関連記事

参考リンク

Wikipedia

物上保証人(ぶつじょうほしょうにん)とは、自己の財産をもって他人の債務の担保に供した者をいう。たとえば債務者AがB銀行から3千万円を借りる際に、Cが自己所有の不動産甲にBのAに対する債権を被担保債権とする抵当権を設定した場合、このCが物上保証人にあたる。もとより抵当権のみならず、他人の債務を担保するために、約定担保物権を設定した者、全てを含む。質権のほか、譲渡担保などの非典型担保を設定した者も含む。”

出典:「物上保証人」『フリー百科事典 ウィキペディア日ウィキペディア日本語版』2019年月11日 (木) 16:30 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/物上保証人

 

任意売却用語辞典トップへ