お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 住宅を自動査定 住宅を自動査定 電話発信ボタン

住宅ローンが払えないとお悩みの方に任意売却をご提案致します。任意売却は住宅ローンが残ったまま売却できる方法です。
私たちは任意売却14年のパイオニア。あなたの状況に合った解決方法を蓄えてあります。相談が早ければ早いほど解決できますので、お急ぎでご相談下さい。

任意売却のメリット・デメリットを教えてください。

任意売却はご相談者様にとっても債権者様にとっても双方にメリットが多い解決手段
です。しかしメリットばかりではなく当然デメリットもあります。
メリットばかりに目が行きがちですが、デメリットを知ったうえで任意売却を検討す
ることが大切です。

任意売却のメリット

① 競売に比べてより市場の流通価格に近い高値での売却ができる

競売では市場の流通価格とほど遠い定額で落札されることが多く、その分ローンの残債も多く残ってしまいます。そうなってしまうと競売後に多額のローンの返済を求められ場合によっては給与を差し押さえられるということも起こり得ます。
任意売却であれば市場の流通価格に近い高値での売却ができますので、その分だけローンの残債を圧縮できるので、任意売却後の生活の再建も行いやすくなるのです。
また、任意売却であれば残債の支払いも債権者との協議により無理のない金額での返済ができ、場合によっては債権譲渡され一括金での解決を債権者から持ちかけられることもあり有利です。

② 引越し時期の融通が利き自分のタイミングで引き渡すことができる

競売では裁判所によって入札期日が決められ、決められたスケジュールに沿って進んでいき、落札者が決まれば立ち退きを迫られたり、不法占拠者として訴えられたりすることがあり非常に不安定な日々を過ごすことになります。しかし、任意売却であれば債権者や買主様との協議の中で無理のない引越しスケジュールを組むことができますので通常の不動産売却とそれほど変わらない形での穏やかな退去となりますので安心です。

③ 近所に事情を知られることなく売却できる

競売になってしまうと裁判所の執行官が自宅の調査に来たり、競売での落札を検討している不動産業者などが自宅周辺をうろうろしたりするため、事情を近所に知られてしまう可能性が高くなります。しかし、任意売却であれば通常の不動産の売却と同じような形で販売活動を進めることができますので、事情を知られることなく売却することができるのです。ただし売却すること自体を隠すことはどちらにしても難しいとお考えください。住宅ローンの支払いに困っているなど、あまり知られたくない事情を知られることはないので安心だという意味です。

④ 引越し費用を余剰金として確保できる可能性がある

競売では引越し費用などを請求することはできません。しかし任意売却であれば売却代金の中から債権者との交渉で条件によりますが引越し費用等を捻出することができます。

⑤ 精神的にダメージが少ない

裁判所が主導して進める競売では、債務者の意向は全く反映されることはありません。強制執行のような形で債務者の存在を無視したかのような形で手続きが進んでいきますので、精神的にダメージを受けてしまう人が少なくありません。ご近所にも競売になっているということは金銭的に厳しかったのだと勘繰られてしまいます。しかし任意売却であれば裁判所は関係ありませんので、あくまで債務者の意思で能動的に売却する形になりある程度計画的に退去できますので精神的なダメージも比較的少なく問題解決ができるのです。

⑥ 費用がかからない

最初のご相談から計画立案、販売活動や債権者との調整などの手続きの費用を債務者様にご負担頂くことがありません。任意売却であればすべての費用を売買代金の中から配分することになるからです。

任意売却のデメリット

① 債権者からの督促がある

債権者が任意売却を行うことに同意する条件として、期限の利益を喪失して代位弁済を受けていることを求める場合が多いです。そのためには1回や2回ではなく少なくても3~4回、多い時で6回程度の滞納が必要になりますので、その間は債権者からの督促の連絡が入ることになります。対応の仕方などはアドバイスさせて頂いておりますので安心してご相談ください。

② 連帯保証人に連絡がいく

住宅ローンを滞納すると連帯保証人にも督促の連絡がいくことになります。任意売却を進めるためには連帯保証人の同意も必要になります。

③ 競売のリスク

任意売却を行っても買い手がつかなければ残念ながら競売になってしまうというデメリットがあります。任意売却はあくまで限られた時間のなかで売却を成立させる必要があるのです。

④ 信用情報機関に登録される

住宅ローンを滞納することにより信用情報機関にその事実が登録されてしまいます。一度信用情報機関に登録されてしまうと、その後一定期間は新たなローンが組めなくなってしまうというデメリットがあります。