xログ
メニューボタン 全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

任意売却後、自宅はいつ明け渡さないといけないのでしょうか?

任意売却後いつまで住めるの?
任意売却後いつまで住めるの?

「自宅はいつに明渡さなければいけないの?」

この質問は皆様から多く頂いている質問です。

ご家族や日々の生活があるわけですから、一番気になるところと言ってもいいでしょう。

さて、これはその方の置かれた状況によっては少し状況が変わるのですが、基本的に任意売却が完了するまでは、その物件(今の自宅)にそのまま住んで頂いていて問題ありません。任意売却に出したからと言って、たちまち空家にする必要はありません。

不動産取引の決済の1週間前くらいまではそのまま住んでいていただいて問題ありません。

そしてその売れるまでの間なのですが、住宅ローンの支払も止められていて、返済はありません。ぜひこの間に、次の新しい生活の為にもその住宅ローン返済分のお金を貯めておいて欲しいのです。この期間は、新しい出発のための準備期間として力を蓄える時間と考えて欲しいのです。

さて、「その方の置かれた状況によって違う」と先程申し上げましたが、例外的に「破産」前提にした場合です。破産管財人が選任されての「任意売却」の場合は、売主が所有者から破産財団の不動産になり、破産管財人が法律行為で売主となるため、事情は変わり、早急にその不動産(今の自宅)を出て行くように促されます。

また、破産申立をして生活保護を受給される場合なども、先に引越をされるというケースが多くなります。

ご紹介しましたとおり、任意売却をするタイミングや、置かれている状況でアドバイスが変わります。自分自身で安易に判断せずに、私たちのような任意売却専門の業者に相談ください。

任意売却についての業務は弁護士でも司法書士でもありません。

私たちが債権者と話し合いをし、あなたに合わせた負担のかからない交渉をして、新しい出発のお手伝いをさせていただきます。

 

ご相談はこちらの無料相談窓口から。今すぐ対応します。
(相談無料、秘密厳守)

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

メール相談PC用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用