全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 どちらかを押して 電話発信ボタン

 

住宅金融公庫(支援機構)のステップローンが払えない

ローン計画

任意売却の相談に来られる方のなかには、ステップローンの返済で悩みを抱えている人もいます。とりわけ住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)が扱っていた『ゆとりローン』を利用している方が多いように感じます。

ゆとりローンとは、1993年から2000年にかけて、所得の低い人を中心に貸し出された住宅ローンです。このローンの特徴は、最初の5年間の支払額が低く抑えられている一方、6年目と11年目に段階的に支払額が増えるよう設計されている点にあります。年齢とともに年収も増えるとの想定のもと、所得の低い若い世帯でも住宅が持てるよう、国のお墨付きで導入されました。しかし、ゆとりローンが開始されたのは、バブル崩壊後の長期不景気の真っただ中です。

すでに終身雇用や年功序列制度の維持が難しくなってきていた時期に、年齢とともに年収が上がると考えること自体に無理があります。案の定、この時期にゆとりローンを組んだ世帯の多くが返済に苦しみ、家を手放さざるを得なくなりました。なかでも、ゆとりローンが開始された1993年の6年目以降、つまり支払額がアップするタイミングで返済に窮する世帯が急増し、一時期、メディアを賑わせました。当時、すでにわたしは任意売却を専門に行っていたため、取材依頼が殺到したのを覚えています。いまの時代、たとえ一生懸命に働いていたとしても、いつ何が起こるかわかりません。ステップローンに限っては、一定期間を経過するたびに返済額がアップするのですから、もはや博打と考えたほうがいいかもしれません。

お悩みはありませんか?

任意売却の相談に来られる方は、目先の借りやすさを優先するあまり、頭金なしのフルローンで借りてしまったり、最初の返済金額が低いステップローンを組んでしまったり……。借りてしまったものは仕方がありませんが、住宅ローンの滞納など返済に苦しむ人を減らすためにも、借りる際の問題についても警鐘を鳴らしたいのです。

もし、あなたがこのような状況なら、まだ滞納はしていない…という段階でも結構です。今後に不安要素がある場合は是非、ご相談ください。

もちろんご相談は無料ですので、まずはお気軽にご連絡くださいませ。

相談員
相談スタッフ
経験、実績豊富な私たちにまずはご相談下さい。

電話相談スマホ用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用

関連リンク

住宅金融支援機構フラット35での任意売却のすべて

任意売却とは?住宅ローン支払いが厳しい方の解決方法

住宅ローンが払えない…滞納したらどうなる?

住宅ローン滞納から督促状などが届くまでの流れと競売までの期間

競売回避!不動産の競売を取り下げて任意売却できるのはいつまで?

任意売却と競売の違いとメリットデメリット

お悩み相談事例のページ一覧

このページのトップへ戻る