全国住宅ローン返済相談センター お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 どちらかを押して 電話発信ボタン

 

相続に関する住宅ローン支払困難

もし所有者が亡くなったら

葬儀

不動産の所有者が亡くなってしまうケース。通常は購入時点において住宅ローンを組む場合金融機関の団体信用生命保険というものに強制的に入るものなのですが、住宅金融支援機構の場合は任意となっており、実は入っていない方もおられるのです。

最初から保険に加入していないのなら致し方ないのですが、住宅金融支援機構の場合は毎年毎年掛け金を支払うような仕組み(支払いは口座引落です)になっており、期限が過ぎると失効してしまうようになっています。

住宅ローンの支払期間中に債務者が団信の支払いを停止していたのをうっかり忘れて死亡した場合、相続人にとっては当然債務も引き受けなければならない事態になり、任意売却というケースもかなり多くなってきています。

もし、思い当たる方がいらっしゃれば、この機会に一度見直し、確認をしっかりとしておきましょう。

今あなたがその状況なら

万が一、あなたが今ご紹介したようなケースなら、すぐ私たちエイミックスにご相談ください。

同じような状況でお困りの方のご相談にのってきた実績がございます。

きっとあなたのお力になれると自負しております。

ご相談は無料ですので、まずは無料相談からお気軽にどうぞ。

相談員
相談スタッフ
住宅ローン問題は社会問題とも密接に関係しており、ケースは様々です。どのようなケースでも、まずはご相談下さい。

電話相談スマホ用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用

このケースの解決事例

私たちで解決いたしました事例から、土地、建物など不動産の相続に関連する事例をご紹介致します。

千葉県市川市千葉県中山様(仮名)相続で入手も活用目途無く固定資産税が耐えられない|早期売却。税金や他の相続人との関係消え晴れやかな再出発」
千葉県市川市 中山様(仮名)48歳

相続遺産分割協議固定資産税

事例の詳細を見る

埼玉県埼玉県赤井様(仮名)相続するも亡き父の借金発覚。税金払えず公売の危機|相続の債務解消。以後は自身の老後楽しむ」
埼玉県川口市 赤井様(仮名)63歳

相続公売税金滞納自営業

事例の詳細を見る

その他たくさんの事例がございます。

任意売却ケース別解決事例集

お悩み相談事例のページ一覧

このページのトップへ戻る