メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

離婚するのでペアローンで買った家を任意売却したい

タグ / /

5年前に夫婦ペアローンにて新居を購入の後藤様(仮名)。その後離婚が決まりご主人は家を出て奥様も別途マンション購入。奥様は、元の自宅を売却しようとしましたが、ご主人がそれを拒否し…

任意売却相談者
大阪府高槻市 後藤様(仮名)の解決事例
年齢 45歳
職業 会社員
家族 夫・子供
住所 大阪府高槻市
残債 2,830万円
売却価格 2,700万円
債権者 SMBC信用保証
    三井住友銀行

相談内容

離婚に伴う売却相談。5年前に夫婦ペアローンにて購入。離婚でご主人が家を出ていき、奥様は新たに住宅ローンを組み中古マンションを購入。お二人で購入の本物件は空き家。
今年初めに2,980万円にてA業者で売却活動し、購入者が現れたのですが、契約間際にご主人が売却拒否(奥様曰く嫌がらせ)奥様は売却がしたいので、ご主人を焦らすために住宅ローン滞納。
続いて今年の夏頃からB業者に売却依頼し、年末まで販売活動していたが売れない。今月に期限の利益喪失し、これからどう流れていくか説明が聞きたいとのこと。また、ご主人は協力してくれるかわからないとのこと。相談の物件が競売となり、多額の残債が残ると自分で購入したマンションも危ないと考えてご相談に至りました。
金融機関からは、「保証債務履行通知を送るので、競売手続きに移行する前に1カ月待つのでご主人から売却の意思決定をもらってください」という内容の電話連絡があった。奥様はこの文書の内容でご主人の目が覚めてくれないかと少し期待している。

提案内容と解決方法

このままでは競売開始となり、また時間も限られていることから、とにかくご主人に現在の状況を理解していただき、売却活動に同意していただけるよう交渉すると提案。奥様に依頼していただき、早速ご主人さんに接触を試みるも連絡とれない日が続く。
このままで時間だけが経過するので、ご主人が自営する工場を訪問。お会いすることができ、現在の状況とそのままにしておいた場合、債権者より競売申立、売却により換価されるというデメリットを説明、併せて一般市場での任意売却を提案。後日再度訪問のお約束をし、より詳細に任意売却について説明しご理解を得て、売却に同意をいただく。
当社の査定額は、2,600万円、残債務は2,830万円。債権者である信用保証会社へ接触、競売申立てまで猶予をもらい2,780万円にて活動開始。。本物件は住宅環境面ではやや劣りましたが、内部の保守状況が良かったこともあり、販売開始後2ヶ月目で2,700万円で購入者が現れました。


結果

債権者2社へは、2,700万円で配当計画を提案し、ご主人様借入先の抵当権者である三井住友銀行は完済、奥様側抵当権者のSMBC信用保証は債務約250万円残りました。奥様と保証会社の話し合いで、保証会社から債権譲渡されたのちに譲渡先と話し合いをしてくださいという結果となった。


任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
ふりがな
メールアドレス
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
都道府県
ご相談内容をご記入下さい。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

カテゴリーから事例を探す

地域別

大阪府 京都府 兵庫県 奈良県 滋賀県
東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 静岡県
愛知県 岐阜県 三重県

 

滞納原因別

1.リースバック 2.収入減少 3.失業・転職失敗 4.病気・入院
5.税金滞納 6.不動産投資失敗 7.多重債務 8.離婚
9.定年退職・老後 10.ギャンブル・浪費

代表書籍

このページのトップへ戻る

  • ×