メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

大赤字!不動産投資のワンルームマンション4物件が大失敗!

タグ /

甘い夢を見て行った不動産投資が失敗したケース。不動産会社の営業から「生命保険代わりに、年金収入になる」など良いことばかり言われワンルームマンションを購入した清水様(仮名)。最初は少額の赤字から始まり、その後大幅赤字に広がっていき…

任意売却相談者
東京都杉並区 清水様(仮名)の解決事例
東京都 清水様 年齢 50歳
職業 会社員
家族 妻・子供
住所 東京都杉並区
残債 8,000万円
売却価格 6,200万円

相談内容

勤務先にかかってきた新築ワンルームの営業の電話につい出来心で不動産会社の営業マンと会いました。

都心のマンションのオーナーになれる、生命保険代わりになる、年金収入になると良いことばかり言われ、3件を契約。家族や将来のために良いかと思ったが、当初から小額の赤字が続き、空室なども続いた影響から大幅赤字に固定資産税も払えない状況になってしまいました。

購入した不動産業者にこんなはずじゃなかったと相談したら、もう1軒買えば赤字が解消されると言われ、買い足してしまいました。

自業自得でしたが、もはや手遅れ。今やカードローンを借りたりして赤字を補填していますが、もう限界です。
売却しても残債務が残る状態で売却できず、自宅の住宅ローンもあるし、毎月毎月最悪な状況です。どうしたら良いでしょうか?


投資用マンション

提案内容と解決方法

投資マンション4軒で、ローン残高は合計8,000万円、4軒合わせた時価は6,000万円。

このままの状況が続くと自己破産で自宅まで失うことになってしまいます。こんな無謀な投資ローンを組んでしまったのは自業自得かもしれませんが、不動産会社の営業にも問題があると思います。

清水様(仮名)は大手企業にお勤めということもあり、弁護士を紹介しました。各抵当権者とも弁護士が交渉し、住宅特則付個人版民事再生を申し立てることになり、投資マンション4件は任意売却することになりました。


新しい道

結果

任意売却により、投資マンション4軒は全部で6,200万円で売却できました。

残ったローンは個人版民事再生により、分割払いで合意することができ、住宅特則付個人版民事再生を行ったことにより自宅は守ることができました。

毎月赤字の悪夢の日々から開放され、毎月決められた金額と先の見えた返済計画に清水様(仮名)も仕事に集中できるようになりました。もう借金はこりごりだそうです。


清水様の事例のポイント

  • 良いことばかり言われワンルームマンション投資をはじめる
  • しかし当初から赤字が続きその補填にともう1軒契約
  • 自己破産で自宅まで失うことを避け民事再生と任意売却に着手
  • 任意売却で投資マンション4軒は6,200万円で売却。自宅も守る。

ひとこと

細貝相談員

細貝相談員

【相談員 細貝和弘】≫ 相談員の詳細を見る

この清水様の事例の様に、不動産投資に関するトラブルは後を絶えません。昨今ではかぼちゃの馬車のサブリース(家賃保証)のトラブルも記憶にあたらしいところです。

投資用に購入したマンションなどは、いざ売ろうとしてもなかなか売れずにお困りになっている方がたくさんいらっしゃいます。詳しくは下記リンクの関連記事をご参考にしていただければと思います。

私たちエイミックスでは、この様なケースの問題解決も豊富な経験がございます。ご相談は無料ですので、まずはお気軽に無料相談からご利用くださいませ。

 

 

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

 

ハウマッチスマホ用

滞納原因別から事例を探す

収入減少 離婚 リースバック
病気 定年・老後 税金滞納
不動産投資 多重債務 浪費、ギャンブル

 

代表書籍

このページのトップへ戻る