メニューボタン 任意売却専門のエイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

夫の住宅ローン滞納で督促にうんざり、連帯債務を絶つ為任意売却

夫と別居中の河合様(仮名)連帯債務者としての関係がスッキリするなら売ったあとに残る差額を用立てるとの申し出…ご主人はローン完済後は奥様に譲渡する考えでおられたが、収入が減り住宅ローンが払えなくなったのでした…

任意売却相談者
埼玉県さいたま市 河合様(仮名)の解決事例
年齢 54歳
職業 会社員
家族 元夫(離婚)
住所 埼玉県さいたま市
残債 1,600万円
売却価格 1,100万円
持出し 500万円(完済)

相談内容

「連帯債務者としての関係が絶ち切れるのであれば、売買価格とローン残額の差額を用立ててもかまわない」と別居中の奥様よりお問い合わせ。

主人は「ローン完済後は、迷惑を掛けたので奥様へ不動産を譲渡するつもりだった」とのことだったが、転職後給与激減により税金、住宅ローンが滞る。数年前に主人より奥様へお金の立て替え依頼があり、その際に今後何かあれば不動産を売却しても良いと主人が伝えていた。

そして今回奥様より強く売却の希望があり、主人も売却に同意された

解決方法

ローン契約当時の書面より、過去の弊社での経験より任意売却が出来ない保証会社(債権者)である可能性が高い旨説明。

固定資産税を昨年より滞納しているとのことなので、市役所で分割交渉を依頼。

不動産については、奥様の当初希望された持ち出し可能額で収まる販売価格を設定し、販売活動開始。


結果

中古戸建で販売するものの、設定した販売価格と購入検討者との予算がなかなか合わず。

並行して住宅用地として販売活動をする中で、周辺環境に詳しい地元の法人より購入希望があり販売活動期間は約1か月で成約に至りました。

当初想定していた持ち出し額をややオーバーいたしましたが、連帯債務者の奥様からはここ数年間連帯債務者の立場で督促をされることから解放されたと、感謝のお言葉を頂きました。


河合様(仮名)の事例のポイント

  • 「連帯債務が絶ち切れるのなら、ローン残額の差額を用立ててもかまわない。」と元奥様
  • 契約時の書面により任意売却が出来ない保証会社である可能が高い。
  • 設定した販売価格と購入検討者との予算がなかなか合わず
  • 予定をオーバーしましたが、奥様からは「ここ数年間連帯債務者の立場で督促をされることから解放された」とのこお言葉。


任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
※必須
ふりがな
メールアドレス ※必須
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
※必須
都道府県 ※必須
 ←リストから選んで下さい
ご相談内容をご記入下さい。 ※必須

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

似た事例を見る:

/ /

 

カテゴリーから事例を探す

地域別

大阪府 京都府 兵庫県 奈良県 滋賀県
東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 静岡県
愛知県 岐阜県 三重県

 

滞納原因別

1.リースバック 2.収入減少 3.失業・転職失敗 4.病気・入院
5.税金滞納 6.不動産投資失敗 7.多重債務 8.離婚
9.定年退職・老後 10.ギャンブル・浪費

このページのトップへ戻る