メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

定年後稼ぎは減ってアルバイト掛け持ちしても住宅ローン延滞し…

タグ

年老いた母親と同居する為、平成11年に一戸建住宅を購入…しかしその後定年退職後から収入は減り、アルバイトを掛け持ちするなどしたが結果預貯金を食いつぶしていき…

任意売却相談者
兵庫県加古川市 C様の解決事例
兵庫県加古川市C様 年齢 67歳
職業 アルバイト
家族 姉
住所 兵庫県加古川市
残債 1,600万円
売却価格 950万円
債権者 地方銀行

相談内容

年老いた母親と同居する為、平成11年に一戸建住宅を購入。その当時のご主人の収入は低く、住宅購入にも反対をしていたので、相談者(奥様)名義で購入し、住宅ローンを組んだ。

ご主人の収入で生活費をまかない、住宅ローンの返済は、奥様の収入で行っていた。購入したその直後に母親が亡くなってしまった為に、自宅に母を引き取るという目的は叶わずでした。そしてご主人は4年前に他界。奥様は、35年間JRでアルバイトとして勤務を続けていましたが、昨年に退職。当然ですがアルバイトということもあり退職金らしきものは寸志でした。

退職をした後は、三宮にいる姉の家で、1階飲食店として経営と別にアルバイトをしながら姉に家賃5万円支払い、アルバイトを掛け持ちしながら、無理くり住宅ローンを支払っていたが、飲食店経営の状況も芳しく無く、姉へ払う家賃、住宅ローンの返済金額の足りない部分を補っていた預貯金もとうとう底をついてしまい、延滞が始まる。

娘さんにも生活の援助をしてもらっていましたが、その盗めさんも退職し、今は就職活動をしている状況。近々に結婚を考えているということもあり、これ以上、援助は求められないと判断し、遺族年金2ヶ月分支給(94,000円)で、やり繰りをする状況。住み込みでのアルバイトも申込をしてはいるが、年齢67歳が原因で就職は難しいとのこと。弊社で面談を行った時には、固定資産税、市民税等の滞納が約300万円あり、この先どうやってやりくりしていけば良いか途方に暮れ、相談に来られました。


提案内容と解決方法

生活保護申請

奥様に任意売却のメリットとデメリットをお話しました。面談の時点で滞納4回目。預金通帳を確認させてもらうとその時点での所持金は10万円程度。明日から生活をしていく資金も心もとない状態であった為、生活保護の受給を提案させて頂き、売却した後に残った債務次第では、弁護士を紹介する旨を説明しました。


結果

姉妹

奥様の収入では、ご家族や行政側の協力無くしては成立しなかった為、お住まいは、姉の自宅2階にある空室を貸していただくことにし、生活保護を受給しながら、現在、弁護士により任意整理手続き進めている状況です。

お姉さんや娘さんにも相談が出来ず、お一人で悩まれていましたが、返済で悩むことが無くなり、精神的にも落ち着き、現在、不仲になっていた姉や娘とも昔のような交流が出来るようになられました。

 


任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
ふりがな
メールアドレス
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
都道府県
物件種別
ご相談内容をご記入下さい。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

似た事例を見る:

 

滞納原因別から事例を探す

収入減少 離婚 リースバック
病気 定年・老後 税金滞納
不動産投資 多重債務 浪費、ギャンブル

 

代表書籍

このページのトップへ戻る