メニューボタン エイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

投資用不動産の収入あてにして会社辞めたら!家賃減って任意売却

タグ

『低金利で投資用不動産が購入できる』との言葉で投資用物件を購入した森様(仮名)当初は順調だったこともあり会社も退職。しかしその後、入居者が変わるごとに家賃収入が減少。ついには貯金を切り崩して…

任意売却相談者
千葉県船橋市 森様(仮名)の解決事例
船橋市森様 年齢 38歳
職業 フリーランス
家族 単身者
住所 千葉県船橋市
残債 2,800万円
売却価格 1,580万円
 

相談内容

支払い遅延3ヶ月でご本人からご相談。『低金利で投資用不動産が購入できる』との謳い文句で住宅ローンで投資用物件を購入しました。当初は手取りで3万円程の収入になっていたが、入居者が変わる度に家賃収入が少なくなり、現在は毎月持出し金が発生している。貯金を切り崩して支払いにあててきたが資金が尽きてしまった。不動産収入をあてにして会社も辞めてフリーランスで仕事をしている現状では何れ払えなくなってしまうのは解っているが、全額返済できる金額以外の売却には金融機関が応じてくれずにどうしていいのか困っている。


提案内容と解決方法

面談時点、フリーランスで情報通信系の仕事をしており手取り収入は20万円程で、賃料収入の減少により毎月4万円程の持出し金が発生している状況。毎月の生活の為にはローン遅滞をせざる得ないと説明し、債権者へ任意売却で処分する交渉を開始。当社の査定額は、1550万(残債2800万円)。査定書を債権者へ提出し、販売活動を開始。最寄り駅より徒歩17分と交通利便性には劣る立地であったが、債権者評価は1800万円と高い評価で売却活動となりました。反響が無い為、毎月段階的な評価見直しを提案し、販売開始3ヶ月目で1580万円購入者が現れました。


結果

債権者へは、1580万円で配当計画を提案し、売買に伴う諸経費を売買代金から捻出し抵当権者へ1500万円を支払い1300万円の残債が残り、債権者へ月々1万円の分割返済を約束しました。月々1万円の支払いでは1300万円残債が完済できるあてもないので自己破産を選択し再出発する事にしました。


任意売却・住宅ローン滞納無料相談はこちら

お名前
例: 木村太郎
ふりがな
メールアドレス
電話番号(携帯もしくは自宅)
例:0120889281
都道府県
物件種別
ご相談内容をご記入下さい。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

ハウマッチスマホ用

似た事例を見る:

 

滞納原因別から事例を探す

 

1.リースバック 2.収入減少 3.失業・転職失敗 4.病気・入院
5.税金滞納 6.不動産投資失敗 7.多重債務 8.離婚
9.定年退職・老後 10.ギャンブル・浪費

代表書籍

このページのトップへ戻る