お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 土日や祝日もOK 電話発信ボタン

住宅ローンが払えないとお悩みの全国の方に、東京、大阪を拠点に「任意売却」をご提案致しております。(名古屋支店も近日OPEN)
私たちは任意売却14年のパイオニア。あなたの状況に合った解決方法を蓄えてあります。相談が早ければ早いほど解決できますので、お急ぎでご相談下さい。

「ご主人がアルコール中毒症でローン滞納」 神奈川県横浜市青葉区 大場様(仮名)42歳

 

地   域 関東
都 道 府 県 神奈川県横浜市青葉区
建物種別(戸建・マンション) 戸建
原   因 ご主人がアルコール中毒症になった
交渉債権者 地方銀行
緊 急 度 ★☆☆☆☆(滞納:2回)

 

相談内容

主人は昔からお酒好きだったのですが、1年前ぐらい前からお酒の飲む量が増え(会社の人間関係問題)、半年前ぐらいから会社にも行かなくなり、酔うと暴力をふるいはじめ、何度も警察沙汰となってしまいました。

現在は2ヶ月分の住宅ローンの滞納で、主人と離婚して実家に戻ることに決めたのですが、自宅の任意売却は可能でしょうか。
名義は主人との共有です。

解決方法

すぐに物件査定をしましたところ、3,650万円の残債に対し査定額は3,500万円でした。

売買市況が盛況なエリアで早期売却も可能と判断しましたので、「任意売却前の先行販売(売出価格高めでの販売活動)を行いましょう」とご相談者様に提案いたしました。

また、相談時にご主人はアルコール依存症の治療入院をしていましたが、病院に出向いて自宅売却の件を説明し、ご納得いただきました。

結果

任意売却前の先行売却を行ったところ、販売活動1ヶ月後で購入希望者が現れ、売買契約締結となりました。

しかも、成約価格は3,800万円でローン残債なし。
ご相談者様は、『主人との交渉にも協力してもらえことが一番嬉しかったです。
お互い別の道を歩む事になりますが、ちゃんと不動産等の清算をしているので、何の不安もなく歩んでいけます』と仰っておられました。

 

ケース別解決事例集に戻る