お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 土日や祝日もOK 電話発信ボタン

住宅ローンが払えないとお悩みの方に任意売却をご提案致します。任意売却は住宅ローンが残ったまま売却できる方法です。
私たちは任意売却14年のパイオニア。あなたの状況に合った解決方法を蓄えてあります。相談が早ければ早いほど解決できますので、お急ぎでご相談下さい。

「ワンルームマンション投資4件が大赤字!」 東京都 S様(50歳)

地   域 関東
都 道 府 県 東京都
建物種別(戸建・マンション) 投資マンション
原   因 投資のつもりが破綻寸前
交渉債権者 都市銀行、信販系金融機関、ノンバンク
緊 急 度 ★★☆☆☆(滞納2ヶ月)

相談内容

勤務先にかかってきた新築ワンルームの営業の電話につい出来心で不動産会社の営業マンと会いました。
都心のマンションのオーナーになれる、生命保険代わりになる、年金収入になると良いことばかり言われ、3件を契約。
家族や将来のために良いかと思ったが、当初から小額の赤字が続き、空室なども続いた影響から大幅赤字に固定資産税も払えない状況になってしまいました。
購入した不動産業者にこんなはずじゃなかったと相談したら、もう1件買えば赤字が解消されると言われ、買い足してしまいました。
自業自得でしたが、もはや手遅れ。今やカードローンを借りたりして赤字を補填していますが、もう限界です。
売却しても残債務が残る状態で売却できず、自宅の住宅ローンもあるし、毎月毎月最悪な状況です。
どうしたら良いでしょうか?

解決方法

投資マンション4件で、ローン残高は合計8,000万円、4件合わせた時価は6,000万円。
このままの状況が続くと自己破産で自宅まで失うことになってしまいます。
こんな無謀な投資ローンを組んでしまったのは自業自得かもしれませんが、不動産会社の営業にも問題があると思います。
S様は大手企業にお勤めということもあり、弁護士を紹介しました。
各抵当権者とも弁護士が交渉し、住宅特則付個人版民事再生を申し立てることになり、投資マンション4件は任意売却することになりました。

結果

任意売却により、投資マンション4件は全部で6,200万円で売却できました。
残ったローンは個人版民事再生により、分割払いで合意することができました。
また、住宅特則付個人版民事再生を行ったことにより自宅は守ることができました。
毎月赤字の悪夢の日々から開放され、毎月決められた金額と先の見えた返済計画にSさんも仕事に集中できるようになりました。
もう借金はこりごりだそうです。

 

ケース別解決事例集に戻る