お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 土日や祝日もOK 電話発信ボタン

住宅ローンが払えないとお悩みの方に任意売却をご提案致します。任意売却は住宅ローンが残ったまま売却できる方法です。
私たちは任意売却14年のパイオニア。あなたの状況に合った解決方法を蓄えてあります。相談が早ければ早いほど解決できますので、お急ぎでご相談下さい。

「同居の娘が離婚さらに失業で払えない」 大阪府堺市 D様(50歳)

地   域 関西
都 道 府 県 大阪府堺市
建物種別(戸建・マンション) 戸建住宅
原   因 失業、収入減少、離婚
交渉債権者
緊 急 度 ★★★★☆(滞納5ヶ月目)

相談内容

主人が亡くなり、私一人で生活していました。娘夫婦も賃貸マンションに住んでいましたが、両方の家賃を足すと、約10万円以上の支払いの為、購入し住宅ローン返済の方が低かったので、平成22年1月に不動産を購入しました。

購入時は、介護の仕事をしていましたが、住宅ローンを借りる為の年収が不足しており、不動産業者からの提案で確定申告で修正申告し購入。家族の中で私の担当は住宅ローンの返済でした。娘夫婦は生活費の担当でした。私が失業した為、娘夫婦の生活費からローンの返済も行っておりましたが、娘夫婦が離婚することになり、娘の主人が家から出て行き、住宅ローンの延滞が始まりました。また、購入時、修正申告した為、市府民税、所得税の納税通知約100万円近く届きました。最初は分割納付しておりましたが、住宅ローン延滞と同時に分割納付もストップ。自宅は市役所、財務省からの差押をされました。現在、失業保険で生活中ですが間もなく生活費も底を付く状態で、私と娘の今後の生活を考え相談にお伺いしました。

解決方法

奥様に任意売却のメリット、デメリットを説明。面談時点では滞納5回目。任意売却の手続きの了承を得た為、債権者へ任意売却交渉。査定価格が住宅ローンの残債務より大きく下回っていたことと、就職活動しても再就職の見通しが立たない為、不動産の売却後の破産の提案を行う。

結果

売却不動産は、臨海側に位置し、震災後の影響による心理的な問題もあった為、販売は長期化し苦戦すると思われましたが、築後3年で室内の使用状態も良好であったこと、また先に引越を済まされていた為、タイムリーに反響の対応が出来、販売開始より3ヶ月で成約が出来ました。
売却後は、本人は親戚と同居。就職活動するが年齢の問題で定職につけず、弁護士を紹介し破産手続きを行いました。娘様は就職が決まり、現在子供と二人で生活されています。

 

ケース別解決事例集に戻る