お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 土日や祝日もOK 電話発信ボタン

任意売却で住宅ローン返済の悩みは解決できる。任意売却を任すなら、任意売却のプロフェッショナル「エイミックス」へ

「返済続けるが父親の介護費用の増加による負担増で返済困難になり…」 大阪府大阪市 三島様(仮名)57歳

地   域 関西
都 道 府 県 大阪府大阪市
建物種別(戸建・マンション) マンション
原   因 収入減・事業低迷
交渉債権者
緊 急 度 ★★★★☆(滞納6ヶ月目)

相談内容

大阪府大阪市にお住まいの三島様(仮名)は、平成14年に父親と同居の為、新築マンションを購入。当時は自営でアパレルの仕事をしており、信用保証協会等への借入と住宅ローンがありました。平成21年会社が破綻し当時の連帯保証した個人債務があります。

会社員として東京方面で再就職し父親の年金を足しに住宅ローンの返済と保証協会へは分割支払を行っておりました。三島様(仮名)は転勤し、本物件には父親のみが居住しておりましたが、平成25年2月頃に父親の痴呆症が進行し、リビングでアイロンを焦がすという火事に発展しかねない事が生じました。

平成17年頃から税金の滞納も始まりました。これまで父親の面倒を私が見てきましたが、会社員としての給料では、父親の生活費、住宅ローン、保証会社、税金、今の家の家賃の支払には限界があり相談しました。

解決方法

相談時点では6回目の滞納でしたので、任意売却のメリットとデメリットを説明。父親を介護施設か、身内での引き受け先を探すには多少時間が掛かることから、販売期間を利用し売却代金から引越費用等を債権者と協議し引き出すこと、三島様(仮名)所有不動産は市内でも人気のあるエリアである為、高値で売却出来ること等説明し、任意売却に対する合意を取り付けました。

販売開始価格は思った以上に高い評価であって為、購入者が見当らず、販売期間を利用し、父親の年金で生活出来る介護施設に父親を入所させ、債権者へは適正な販売価格調整を依頼し、任意売却開始5ヶ月で成約に至りました。

結果

引越費用も債権者様からは事情を考慮し売却代金から負担頂き、相談時点で競売を選択することなく、任意売却で処理し、少しでも多く返済出来たことで三島様(仮名)のお気持ちの負担が軽減出来た事、また父親の転居もスムーズに行き、何とか年金だけで生活出来る環境を確保出来ました。
各債権者へは、月々1万円程度の分割で支払い約束しましたが、負債総額が多額である為、今後自己破産を検討中です。