お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 土日や祝日もOK 電話発信ボタン

 

「お互いの明日への一歩」 愛知県日進市 梅森様(仮名) 48歳

地   域 東海
都 道 府 県 愛知県日進市
建物種別(戸建・マンション) 戸建
原   因 離婚・再婚
交渉債権者 りそな保障
緊 急 度 ★☆☆☆☆☆(滞納0ヶ月)

 

相談内容

梅森様(仮名)からお電話があったのは、12月に入り、世の中がせわしなくなりかけたクリスマスムードが漂う寒い日のことでした。
相談の内容は、「4年前に妻と離婚し、自宅を妻に残し、僕が家を出ました。妻の為にローンの支払いは僕が続けていました。2年ほど前、新しい家族が出来、前の妻が済んでいる住宅ローンと今の家族の賃貸アパートの家賃を払っていました。男の責任として、住宅ローンも家の家賃も払っていきたかったのですが、徐々に苦しくなり、借金を重ねて住宅ローンを払っていました。しかし、借金も膨れ上がり、とうとう、住宅ローンも家の家賃も滞納するしかないとこまで追い詰められています。どうすればよいでしょうか?」との相談でした。詳しい状況を把握して、梅森様(仮名)のご希望をお伺いするために、横浜相談所にご足労頂きました。

提案内容と解決方法

先ず、梅森様(仮名)の状況を詳しくお伺いし、今後、住宅ローンを滞納した場合、どのようになってしまうのかを文章と図面にて詳しくご説明申し上げました。次に、滞納してしまった場合の不動産売却(任意売却)のご説明をし、納得して頂いたのち、任意売却に着手させて頂きました。他の債務については、督促や取り立てが厳しいところもございましたので、提携の弁護士をご紹介し、債務の整理にあたってもらいました。不動産の売却になりますので、今お住まいの元奥様とそのご両親とお子様たちに、引っ越しをして頂く為、売却に至った経緯と説明伺ったところ…

結果

元奥様にご説明申し上げたところ、大変困惑されていましたが、何とかお引越しに納得して頂き、販売活動を始めました。販売活動の開始と同時に元奥様のお引越し先を探し始めたすぐ、なんと一週間で購入希望者が現れました。元奥様には大変恐縮くしておったのですが、ご納得して頂いていたこともあり、早急にお引越しの準備を進めて頂きました。ところが、購入希望者のローンが通らず契約が破棄になってしまいました。そんな時、元奥様がある決断をなされたのです。それは、今住んでいる元夫名義の不動産を元妻である自分が購入すること…大変な決断だったと思います。決断なされたからには、全力で債権者の交渉に当たりました。というのも。債権者は基本的には親族間の売買を任意売却では認めていなかったからです。ですが、ご離婚された経緯、現在のお互いの生活を説明し幾度ともなく債権者交渉に当たりました。
結果…、元奥様ご家族は、今までのままお気に入りの家に住まわれ、家族皆元気に生活されています。梅森様(仮名)様も、不動産ローンの残債と他の債務を法的に整理され、今のご家族と新しい一歩を踏み出されています。
今回の良かった点は、今居住になっている元奥様ご家族を無理にお引越ししてもらわずに済んだこと、そして、その元奥様の決断。梅森様(仮名)様の弊社を信じて様々なことまで打ち明けて頂き交渉にあたらせて頂いたことだと思います。今では、債務に追われることなく、新しいご家族と幸せな生活の日々を迎えられています。

ケース別解決事例集に戻る