お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 土日や祝日もOK 電話発信ボタン

 

「収入減少で」 大阪府交野市 青山様(仮名)64歳

地   域 関西
都 道 府 県 大阪府交野市
建物種別(戸建・マンション) マンション
原   因 収入減
交渉債権者
緊 急 度 ★★★★☆(滞納5ヶ月目)

相談内容

平成12年に分譲住宅の売れ残りを上手く住宅ローンが組めたので購入。当時離婚し、子供3人。長女は健常者、2人の息子は生まれつき耳に障害があり。分かれた主人からの生活援助は無し。長男は大手自動車会社、次男は設備会社に勤務。母親と長男の収入合算であれば購入出来ると分譲主から言われ購入。

しかし設備会社へ勤務している次男が職場でのコミュニケーションが取れず、同僚とトラブルになり会社から退職を進められ退職。追いかけるように大手自動車会社勤務の長男も職場でのコミュニケーションが取れず退職。収入は私と長女。昨年より私の収入が激減したことに追い討ちを掛けるように祖母が病気になり、病院代を優先して支払った為、ローン、固定資産税、管理費等滞納。長男は失業保険手続き中。次男はニート。今後どのなるのかという不安から相談。

解決方法

青山様(仮名)の物件は交野市の郊外物件。面談当初は、大規模改修工事に着手中。他の競合物件と比較しても改修工事が終了すれば見栄えが良くなり、高値売却が期待出来、債務圧縮の効果が期待出来ること。また、息子の再就職活動には時間を必要とすること。面談当初は5回目の滞納であった為、面談月より支払をストップし任意売却のメリット、デメリットを説明、任意売却活動に着手。

結果

売却時点では、息子の再就職は決まっておらず、債権者へは月々1万円程度の分割支払の約束。
家族に二人の失業者を抱え、先々の不安を持たれていましたが、売却代金から引越費用も捻出出来たことでもあり、スムーズに進めることが出来ました。
現在、相談者と長女の僅かな収入で生計を経てながら再スタートされ以前とは生活費が改善されました。

ケース別解決事例集に戻る