お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 土日や祝日もOK 電話発信ボタン

 

「定年退職による収入減少で」 兵庫県加古川市 C様(67歳)

地   域 関西
都 道 府 県 兵庫県加古川市
建物種別(戸建・マンション) マンション
原   因 定年退職、収入減少
交渉債権者
緊 急 度 ★★★☆☆(滞納4ヶ月目)

相談内容

年老いた母親と同居する為、平成11年に一戸建住宅を購入。当時、主人の所得が低く購入には反対していたので、相談者(奥様)名義で購入し住宅ローンを組んだ。

生活費はご主人の収入、ローン返済は奥様の収入で支払いしていた。購入直後、母親が亡くなった為、自宅に母を引き取ることも出来ず。主人は4年前に他界。私は35年間JRでアルバイトととして勤務していたが、昨年退職。アルバイトなので退職金は寸志でした。

退職後は三宮の姉の家で1階飲食店として経営と別にアルバイトをしながら姉に家賃5万円支払い、アルバイトの掛け持ちをして何とか住宅ローンを返済していたが、飲食店の経営も調子も悪く、姉への家賃や住宅ローンの返済資金を追い足す預貯金も底をつき延滞が始まる。

娘にも生活援助をしてもらっていたが退職し、現在就職活動中。近々に結婚する可能性もあり、これ以上、援助は求められないと判断し、遺族年金2ヶ月で94,000円の支給でやり繰りをする状況。住み込みのバイトも申込しているが、年齢67歳が原因で就職は難しいとのこと。面談時は固定資産税、市民税等の滞納が約300万円あり、今後のどうように生活すれば良いか分からず、相談に来られました。

解決方法

奥様に任意売却のメリット、デメリットを説明。面談時点では滞納4回目。通帳を確認したところ所持金は10万円程度。明日からの生活資金も不安な状態であった為、生活保護受給を提案し、売却後の残債務次第では弁護士を紹介する旨を説明する。

結果

奥様の収入では、家族や行政の協力が無くては成り立たたなかった為、住まいは姉の自宅2階の空室を貸していただくこととし、生活保護受給しながら、現在弁護士により任意整理手続き中。
姉や娘にも現状の相談が出来ず、一人で悩まれていましたが、返済で悩むことが無くなり精神的にも落ち着き、現在、不仲になっていた姉や娘とも昔のような交流が出来るようになられました。

 

ケース別解決事例集に戻る