メニューボタン 任意売却専門のエイミックスロゴ お気軽にお電話下さい 任意売却無料相談 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 ハウマッチ 電話発信ボタン

 

「別れた夫の支払い滞り賃貸にするがそれが足かせで売れず」【解決】賃借人の退去も決まり売却で完済!

離婚共有名義賃貸

Slider

ローンを楽にするつもりの賃貸が逆に

藤井様(仮名)の解決事例
緊急度
★☆☆☆☆
年齢53歳(女性)
職業お勤め
家族子・離婚(元夫)
地   域関東
都 道 府 県千葉県
建物種別(戸建・マンション)戸建
原   因住宅ローン支払不能
交渉債権者住宅金融公庫 銀行

 

債務状況
住宅ローン残債2,300万円
売却価格2,400万円
(残:+100万円)

 

藤井様(仮名)の事例のポイント

  • 別れた夫と共有名義で購入。別れた夫から継続して支払を続けて貰っていた
  • なけなしのお金で少額返済を続けられていた
  • 任意売却を提案。支払いを無理にせず、浮いた分を生活費にあてるよう助言。
  • 2,400万円で売却成立(残債なし)晴れやかな気持ちで再出発

相談内容

賃貸収入

離婚をした別れた夫と共有名義で購入した戸建住宅。支払だけは、別れた夫から継続して支払を続けて貰っていたが、別れた夫の都合により支払が滞ってしまう。

自身の収入だけでは住宅ローンの支払いは困難なことと、すでに子供も別居し、この自宅には未練がないことから、いつ売却をしてもかまわないとのことでした。

但し、少しでも住宅ローンの補填にと、この自宅を賃貸に貸し出していたことから、今の入居者が退去する目処がたたず、売却したくても出来ない事に悩んでいるとのことでご相談をいただきました。

解決方法

返済停止

住宅ローンの支払はなけなしのお金で小額ながらも支払を継続していましたので、まずは住宅ローンの支払いを無理に続けなくてもよいと助言しました。

むしろこのような背景の場合、住宅ローンの支払を止め、その浮いたお金で今後の生活費に充当に充てるべきだとの助言をさせて頂きました。

尚、今回の任意売却のポイントは今の賃借人が退去する目処がたたない限り賃貸中の物件としてオーナーチェンジの投資物件となることから、売却の可能性は低くなることが懸念でした。ついては賃借人は法人貸しだったことから法人の人事担当者と長期にわたっての退去の交渉を行ないました。

結果

鍵返却

2,400万円で売却成立(残債なし)

結果として今回のポイントである賃借人の退去については、一定の退去料を要件として法人と覚書を締結し、退去日を早々に確定出来ました。

ついてはから、数人の案内希望者とは退去翌日に案内をさせて頂くことが出来、結果としてその当日に申込みを頂き、早期売却に至りました。

尚、完済で売却も出来たことから住宅ローンの支払の心配もなくなり、かつ別れた夫との関係性もなくなったとのことで、これで晴れやかな気持ちになることが出来ると笑顔で仰られていました。

あなたも解決方法あります

細貝相談員

細貝相談員

【東日本相談員 細貝和弘】≫ 相談員の詳細を見る

今の状況をお話ください。まずは完全無料エイミックスの無料相談窓口までお気軽に連絡を。

ご相談に際して一切の費用はかかりません。安心してご連絡ください。

フリーダイヤルPC用

フリーダイヤルスマホ用

メール相談PC用

メール相談スマホ用

ハウマッチスマホ用

離婚時の住宅ローンよくある質問と回答(FAQ)

Q1 .養育費や慰謝料代わりに住宅ローンを払い続け、妻と子をそのまま住ませたい。

A.非常にリスクの多い方法です。

離婚後の生活環境の変化は予想できません。収入が減り、住宅ローンの返済が困難な状況に陥った場合、競売になり、残された元妻やお子様が強制的に立ち退きに至ることもあります。しかし方法はあります。任意売却後も住み続けられる「リースバック」などの方法もありますので、ぜひご相談ください。

Q2 .離婚をするタイミングで自宅の売却を考えています。住宅ローンの残債があるのですが売却できますか?

A.売却しても住宅ローンの残債が残るいわゆる「オーバーローン状態」の場合、一般の売却方法では売却は出来ません。

私たちエイミックスが専門に手がける「任意売却」(にんいばいきゃく)でなら、売却が可能です。任意売却なら、残った債務も交渉により大幅に圧縮した金額での返済が可能になったり、今の状況で無理なく返済できる額での分割返済に応じてもらえることもあるのです。

Q3 .夫名義の返済中の住宅ローンを名義変更できますか?

A.住宅ローンの名義変更は簡単には出来ません。労力など考えると、いっその事売却をしてしまい、新たに購入したほうが早いというレベルです。住宅ローンの問題は、時間をかけすぎると取り返しのつかない状況にもなりかねません。

まずは私たちにご相談ください。今の状況から最適な解決方法を導き出します。

Q4 .連帯保証人は解除できますか?

A.連帯保証人は、たとえ離婚しても解除することは基本的にはできません。例えば、元夫側が支払いできなくなれば、元妻が住宅ローンを支払わなければならない状況になるということです。

解決方法は専門家にお任せください。スッキリと解決をするには、任意売却などの方法もあります。ぜひお気軽にご相談ください。

関連コンテンツ

その他役立つ任意売却に関するQ&Aです。

任意売却Q&A よくある質問

この事例を読んだ方はこちらも

神奈川県鳥越様神奈川県鳥越様ギャンブル借金の夫から離婚して連帯債務外したい!
結果:外せないが売却成功し無借金で実家へ

神奈川県横浜市鳥越様(仮名)43歳

離婚共有名義ギャンブル借金

住宅ローン残債:2,600万円事例の詳細を見る

千葉県 藤井様千葉県 藤井様別れた夫の支払い滞り賃貸にするがそれが足かせで
賃借人の退去も決まり売却で完済!

千葉県市原市 藤井様(仮名)53歳

離婚賃貸共有名義

住宅ローン残債:2,600万円事例の詳細を見る

東京都A様東京都A様離婚調停中夫が破産で競売に
結果:債務残るも無理なく分割で養育費も支払われることに

東京都江戸川区 A様(47歳)

離婚共有名義競売

住宅ローン残債:3,600万円事例の詳細を見る

愛知県大山様愛知県大山様離婚後管理費、税金滞納で差押え、カードローンもあり…
トラブル乗り越え無事任意売却成就

愛知県名古屋市 大山様(仮名)49歳

離婚共有名義固定資産税カードローン

住宅ローン残債:1,800万円事例の詳細を見る

関連コンテンツ

住宅ローン払えない!多くの方の体験談です。

住宅ローンが払えない人の体験談。どうする?対処方法

このページもよく読まれてます

このページのトップへ戻る