お気軽にお電話下さい 相談無料、秘密厳守、全国対応 お問い合わせはこちらから お問い合わせはこちらから 土日祝も受付 土日や祝日もOK 電話発信ボタン

住宅ローンが払えないとお悩みの方に任意売却をご提案致します。任意売却は住宅ローンが残ったまま売却できる方法です。
私たちは任意売却14年のパイオニア。あなたの状況に合った解決方法を蓄えてあります。相談が早ければ早いほど解決できますので、お急ぎでご相談下さい。

「住宅ローン支払不能」 千葉県市原市 藤井様(仮名)53歳

 

地   域 関東
都 道 府 県 千葉県
建物種別(戸建・マンション) 戸建
原   因 住宅ローン支払不能
交渉債権者 住宅金融公庫 銀行
緊 急 度 ★☆☆☆☆~★★★★★

 

相談内容

離婚をした別れた夫から共有名義で購入した住宅ローン。

支払だけは、別れた夫から継続して支払を続けて貰っていたが、別れた夫の都合により支払が滞り、かつ自身の収入だけでは住宅ローンの支払いは困難なため、ついては子供も別居しこの自宅には未練がないことから、いつ売却をしてもかまわないとのことでした。

但し少しでも住宅ローンの補填にと、この自宅を賃貸に貸し出していたことから今の入居者が退去する目処がたたず売却したくても出来ない事に悩んでいるとのことで相談をされてきました。

解決方法

住宅ローンの支払はなけなしのお金で小額ながらも支払を継続していましたので、まずは住宅ローンの支払を無理に続けなくてもよいと助言しました。

むしろこのような背景の場合、住宅ローンの支払を止め、その浮いたお金で今後の生活費に充当に充てるべきだとの助言をさせて頂きました。
尚、今回の任意売却のポイントは今の賃借人が退去する目処がたたない限り賃貸中の物件としてオーナーチェンジの投資物件となることから、売却の可能性は低くなることが懸念でした。

ついては賃借人は法人貸しだったことから法人の人事担当者と長期にわたっての退去の交渉を行ないました。

結果

結果として今回のポイントである賃借人の退去については、一定の退去料を要件として法人と覚書を締結し、退去日を早々に確定出来ました。

ついてはから、数人の案内希望者とは退去翌日に案内をさせて頂くことが出来、結果としてその当日に申込みを頂き、早期売却に至りました。

尚、完済で売却も出来たことから住宅ローンの支払の心配もなくなり、かつ別れた夫との関係性もなくなったとのことで、これで晴れやかな気持ちになることが出来ると笑顔で仰られていました。

 

ケース別解決事例集に戻る